HG「ガンダムVer.G30th」素組みレビュー

HG RX-78-2「ガンダム」Ver.G30th(バージョンジーサーティース)が発売されました。

画像

画像
ランナー成型色は全体的に淡い色に抑えられていました。



では早速、素組みではございますが、「ガンダムVer.G30th」のレビューといきましょうか。
30周年記念という事でHGUCシリーズには位置しない、
いきなり発表された本作ですが・・・
昨今発売されているHGダブルオーシリーズの技術が採用されたリニューアル版といった感じでしょうか。
画像

画像
頭部接写画像。
ヘッドは一体成型で塗装後の後ハメは楽に出来ます。



画像 画像
正面と背面。


画像 画像
こちらは背面膝裏なります。
このディテールの作りこみはスゴイですねぇ。


画像
バーニアも巨大化されており、ランドセルにはシールドマウント可能です。



画像 画像 画像
ハイパーバズーカは腰部にマウント可能ですが、
カバーを外す仕様なのは「Oガンダム」のスライド方法が嬉しかった分残念。



ビームライフを構えてみます。
やっぱりアムロ機はビームライフルのポーズが決まりますね(^^)
画像

画像

画像
足裏のモールドもしっかり作りこまれていました。



そして武装にはハイパーバズーカを装備。
画像

画像



ビームサーベル装備ですが、
こちらは成型色ホワイト一色で、クリアーパーツじゃないのがちょっと残念。
画像

画像

画像

画像
腰部分は2ヶ所のボールジョイントで上体をそらすなどの可動範囲が若干ですが広がっております。



画像
股関節は「Oガンダム」と同じようにかなりの広がりがありますが、
肘、膝の間接は2重間接ではないので「Oガンダム」程は動かず、
股を広げてしまうと足首の接地性などはあまり良くありませんでした。
「Oガンダム」や「ダブルオー」のアクション性能が異常だったんですねぇ(^^;)



さらに今回、武装にガンダムハンマーも付いていました。
しかもチェーン部分はしっかり金属素材で嬉しい仕様ですよ。
画像


画像
HG「Oガンダム」との比較画像です。
こうやってみると結構違っているのが一目で分かりますね。



画像
そして最後はお約束ラストシュートですよwww



放映30周年を記念しての1/144モデルでしたが、
特にディテールへのこだわりは見事、1/1 お台場版ガンダムを再現したといえると思います。
このあたりは好みの問題もありますが、全体的なスタイルもHGUCと比較しても洗練されており、
MGやPGに近い感じになりました。
ちなみ今回コアファイターは付属していませんでしたが、
これだけの武装がついているのはお得感もあって大満足ですよ(^^)



 



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック