HGUC「ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)」素組みレビュー

HGUC RX-0「ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)」素組みではございますが、
早速組み上げました。


ランナー数が5枚もあって単なる組み立てだけでも予想以上に時間が掛かりました。
容姿に関してはほぼ白一色の成型なのですが、変身へ至る分割線が洗練された幾何学模様を表し、
その姿にメリハリを付けております。
その分割線をうまく利用しており、本体には合わせ目消しの必要はまったくなく、
モナカ式のバズーカのみにラインが残る程度です。
MG版での特徴でもあった変身機構を取り外した為、
HGUCでは可動範囲の向上やアクションポーズに重点が置かれており、
出来も非常に良い方向に作用したと感じました。
元々、純白の機体を売りとしたユニコーンですが、
スミ入れを行なってあげるだけで更に良い出来になると思います。
仮に塗装をする場合でも、後ハメ加工なんかは必要なさそうかな(^^)

ではユニコーンガンダムのみの適当素組みレビューですがこちらになります。

正面画像。
画像

背面画像。
画像

上半身。
画像

頭部アップ画像。
首が上に稼動し、自然な見上げる表情がとりやすい。
画像画像

シールドの取り付け方は前腕に2ヶ所とバックパックとで3種類から選べる。
画像画像画像

マニピュレータは握り手以外に平手が付いており、
見栄えがするアクションポーズのバリエーションが増えるのが◎。
画像

ハイパー・バズーカは取り外し式で、格納状態の伸縮を再現。
画像

画像

背面バックパックにマウント可能。
画像


簡単に色々とアクションポーズをとってみました。
画像

画像

画像

画像

ビームサーベルはバックパックと肘とで4本を収納、クリアーパーツは2本用意されています。
画像


画像
最後はバナージ・リンクスが始めてその姿を目撃した場面、
彗星を思わせたユニコーンガンダム出現シーンからでした。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック