HGUC「クシャトリヤ」素組みレビュー

ようやく発売されました。クシャトリヤです。
個人的に期待して待っていた機体でございます。
ガンダムUC1/144シリーズでまさかのトップバッター。
HGUCナンバー100番にユニコーンガンダムを持ってくるという事を考慮に入れてでしょうが、
インパクトはあったのではないでしょうか。

「機動戦士ガンダムUC」小説版は完結しアニメ化を控えて、HGUCキットで先駆けての発売ですね。
クインマンサの後継機として開発された機体ですが認知度は恐らくまだ低く、
バンダイもターゲットユーザーの年齢が高い事を自覚してか、はたまた足元を見てか、
設定上では全高・本体重量共に「サザビー」と同程度なはずにも関わらず、
バインダー4枚追加のキットで1500円も高く価格設定をしてきました。とほほ。
よくよく考えれば手に入れるのには腰が引けてしまう値段。
しかし、出来は確かな物だったようです。


こちらが外箱パッケージです。
画像 画像
通常の1/144サイズの4箱分(MGサイズ)に相当するデカさ(値段も相当ですがwww)にMG並みのパーツ数でした。
もっとも内容に関しては「ガンダムBIGエキスポ」で覚悟はしてましたが。


最近は仮組み後に放置していた、エクシアR2の製作中だったのですが折角のブツ。
素組みなんだし2~3時間もあれとば思ってモチベーションの高い内にイッキに組上げに取り掛かり・・・
・・・考えが甘かった。
仮組みとして、取り外しがしやすいようにピンバイスで調整しながらだったとは言え4時間も掛かったよorz

まぁ気を取り直しては各情報誌でも既に取り上げられている素組みではございますが気軽にいきます。
フロント
画像

リア
画像

アップ
画像
モノアイは一応可動します。

画像
雑感として全体のプロポーションは設定画と比較するとやっぱり細身な印象があります。
この辺は好みで改修を掛けても良いかもしれません。
HGではよく目立つ合わせ目はパーツ数の多さもあってうまく分割されており、
二の腕と肩位で、殆んどありません。
素組み派の方でも十分見られる出来に仕上がるのではないでしょうか。
塗装をする際はバインダーのヒケ処理が大変そうですね(^^)


画像
塗装派には辛いABS素材は主に肩からバインダーに伸びるフレームと股関節に使われております。
バインダーが結構重いのでヘタレるのを心配してましたが、
現状は固めで色々と可動させてもストッパー機構も付いているので安心のようです。
逆に、腰の可動軸にかなりの負担が掛かっていますので、
ここには補強や細心の注意をしないとポキッといきそう。


画像
腕に関してはバインダーと一体化している為仕方ない所ですが、
上腕の装甲と肩とが干渉してるのが難点、可動範囲はまあまあかな。


画像
ファンネルがパネェ(笑)
バインダー一基に6個、計24個もありやがる。


画像
船内ドック収納形態の再現。


画像
隠し腕を展開。
因みに付属のビームサーベルは2本だけですので適当なのを持たせました。


画像
身近にあったガンダムとの比較ですがその大きさから非常に存在感と威圧感がありますね。



HGダブルオーライザー+GNソードIIIも同日発売。
そして、ひっそりと来月にはMGキュベレイMk-II(エルピー・プル)専用機も発売となります。
プルのフィギュア付きとはいえ単なる成型色違いに今更な感じはしますけど・・・
どうせなら量産型キュベレイ辺りでも出せばいいんですけどね。
パイロットのマリーダ・クルス(プル・トゥエルブ)繋がりですし。

そういえばかなり前に製作したMGキュベレイですが、MGの出来はかなり良かったのですが、
製作後に腰軸がポッキリと折れました・・・(TT)



  





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック