HGUC「クシャトリヤ」塗装済み完成

■HGUC「クシャトリヤ」製作ようやく終了です。



1/144とは思えないボリュームとスタイルの良さでしたので、
若干のデコレーションに留めてオーソドックスに仕上げました。
本来はクインマンサに似たもっと明るい色のところですが、
渋めのカラー選択で塗装。

改修箇所
モノアイ部分に定番Hアイズを埋め込み。
腕部の後ハメ加工。両肩の合わせ目ごまかし用にデコレーション。
大腿部をパテでボリュームアップ。
メガ粒子砲、各バーニア内部にディテールアップ追加。
モールドラインやコーションデカール等の追加。


塗装レシピ
本体薄緑:フィールドグレー(2)+ライトブルー+ホワイト少量
本体濃緑:濃緑色(1)+フィールドグレー(2)
関節グレー1:ニュートラルグレー+マホガニー
関節グレー2:ミッドナイトブルー+ミディアムブルー+マホガニー
関節シルバー:黒鉄色+スーパーシルバー
白:クールホワイト
金:ゴールド+スーパーシルバー
黒:ブラック
赤:クリアーレッド(ガイア)+スーパークリアー3
紺色:ネービーブルー+インディブルー
本体を半光沢でトップコート

ではクシャトリヤ画像のお披露目です。
まずは正面画像から。
画像

ちなみに仮組み時はこんな感じでした(^^;)
画像


背面。
画像


見下ろし画像。
画像


上半身接写。
画像


バインダー、サブ・アームを展開。
画像

画像


ガランシェールへの収納形態。
画像


飛行形態、ファンネル展開をイメージ(^^;)したり、色々とポーズを取らせてみました。
兎にも角にも、バインダーアームがかなり動くのでポージングが楽しい。
画像

画像

画像

画像

画像


ほとんどの武装は機体&バインダーに内蔵されておりますので、
携帯武装はビームサーベルのみ。
ちょっとした改修に留めたつもりでも塗装面積が大きく何気に長~い道のりでした。
でも太腿のボリュームアップはやっぱり正解だったかと思います。

クシャトリヤ製作過程 → 製作(1) 製作(2) 製作(3) 製作(4) 製作(5) 一部修正

さて、HGUCユニコーンシリーズも、
3月にはロト、リゼル(隊長機)と発表されましたが、
まだ未発表のデルタプラス待ってますよ~。
それまでにはユニコーンを完成させたいと思います(^^;)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック