HGUC「スタークジェガン」塗装済み完成

「サイコミュ搭載型MS!?」


「だが、このジェガンならばやれるはず!」
画像
擦れ違いざまの一撃で、互いに鋼を溶かす粒子が弾け合う。



画像
畏怖の存在を背中越しに感じたパイロットはそのまま急速旋回で斬撃を繰り返した。


懐に飛び込めば!・・・



一瞬の隙に狙いを絞るパイロット


一撃必中の構えでアクセルペダルに全体重を掛けた!!
画像


ちぇりおー!(挨拶)


初っ端からテンション上げてクシャトリヤとの激戦場面をイメージしてみました(^^;
もう結構経ちますが第1話楽しかったー。2巻のアナウンスまだかーいw
えっ?まだ観てないって?経済的余裕のある方は ココ
DVDレンタル待ちな方は7月23日かららしいですねー。
バンダイチャンネルでも配信スタートするのかしら?



前置きが長くなりましたが■HGUC「 スタークジェガン」製作終了です。
RGM-89Dに追加装備を施したRGM-89S特務仕様機スタークジェガン。
無駄にギミック加工に拘ったり、途中で部品をなくしたり・・・ちまちま、改修しながら全塗装でようやくの完成、長かったー。
気が付きゃ7月。あっというまの2010年もう半分過ぎたよ。
はっ七夕?なんすかそれ?うまいんすか?



では全身画像お披露目。
画像画像



FRONT上半身接写。
小改造で肩の可動範囲を広げてます。
単純な加工でポージングに幅が出ました。
画像

下半身接写。
シルエットフォルムだけみるとどことなくもっさり感がラウンドバーニアンを思い出す<古ぅっ
画像

サイド画像。
肩部、姿勢制御用スラスターをくり貫いてスリット状のモールドに変更してます。
写真じゃなんか分かり難いのですが、ミサイルポッドの下にある穴は塞いでます。
画像

REAR上半身接写。
左右スラスターは軸をボールジョイントに変更し可動範囲を広げてます。
カメラレンズの類は近所のホームセンターで買ってきたラピーテープでごまかしました。
画像

下半身。
ヒザ関節裏を設定画風に近づけました。
リアスカートのスラスター内部もスリット上モールドに加工。
画像



続いてポーズ集色々。
肩のミサイルポッドが邪魔で仕方なく脇にハイパーバズーカを構えるの図。
見上げたり見下ろしたり。
画像

画像画像画像



装甲を外しても微妙にジェガンD型にはなりきれないジェンガンさん。
連邦量産型MSでは初(?)の単眼式のジェガン。ヘー。
裏に貼ったメタリックテープのおかげかバイザー越しのカメラがかなりの光を拾ってくれてます。
バルカンもちょっとだけディテールアップ。
画像


肩の装甲はネオジム磁石を内蔵して脱着を可能としました。
各装甲の取り外しに関しては一応クリアランスを確保はしていますが
塗装ハゲとかが心配でひやひやどきんちょものです。
画像


お足元。
脚部のスラスター内部も弄ろうかなぁ?と思いましたが、
普段は装甲の下に隠れるので断念し近辺にちょっとだけスジボリとディテールアップ追加。
また1mm程足長にもなってます。
ジェガンの全高が19.0mに対してスタークは19.2m。
この延長加工で公式設定に近づいたかしら?
画像


最後は装甲を外して並べてみました。
画像



改修箇所
合わせ目消しの基本工作。
メインカメラを2mmH-アイズに変更。
頭部バルカンディテールアップ。
肩部の後ハメ加工。
背部スラスター軸をボールジョイントに変更。
ミサイルポッドのパージ加工。
肩及びリアスカートの内部スラスターをディテールアップ。
腰部裏側のディテールアップ。
設定画風にヒザ関節の加工。
モールドラインや適当に見繕ったコーションデカールの追加。

塗装レシピ
本体薄緑:クールホワイト+濃緑色+デイトナグリーン+ライトブルー
本体緑:濃緑色+ホワイト+デイトナグリーン
赤1:モンザレッド+ホワイト
赤2:モンザレッド+イエロー
黄色:オレンジイエロー+イエロー
関節グレー1:ニュートラルグレー+ウィノーブラック+パープル(少量)
関節グレー2:ニュートラルグレー+クールホワイト+ネービーブルー(少量)
装甲グレー1:セミグロスブラック→ニュートラルグレー+ホワイト
装甲グレー2:ネービーブルー+ブラック+ホワイト
武器:ネービーブルー+ミディアムブルー
武器ホワイト:ホワイト+ミディアムブルー+パープル(少量)
銀1:シルバー
銀2:スーパーシルバー+黒鉄色(少量)
バーニア:シルバー→クリアーオレンジ→クリアーブルー
気がついたらやたらと色使ってたんで合っているかは心配・・・(^^;


スタークジェガン製作過程
→ 製作(1) 製作(2) 製作(3) 製作(4) 製作(5) 製作(6)


以上、基本経験値が低い私なりに所々ブラッシュアップ。
プロポーションの変更はしてないけど割りと見れる形になった(?)スタークジェガンでした~。



ちぇりおー!!







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2010年07月09日 11:01
完成おめでとうございます。
素敵な箇所がたくさんありますが、とてもキレイな塗装お見事です!

細部まで丁寧なお仕事、見習いたいですねー。細部は筆エナメルで、逃げるクセがついているので。
最後のレシピが物語ってますよー。

ホント、スッゲーな!(孫くん風)
2010年07月09日 22:03
>DragonFatさん
ありがとうございます。
慌てて作ると失敗ばかりなので、最近は出来る限り丁寧に作ろうと心掛けております。
その分気ままに放置する事もしばしば。

エナメルってひび割れの経験があったりと逆に苦手なんですよねー。
特性を知っていれば色々と使えるのでしょうが・・・
塗料を新しく揃えるのも大変ですし、いつも有りあわせで済ませてます(´`
2010年07月10日 07:02
お疲れ様でした。
キリンさんの作品完成記事をリアルタイムで観たのは初めてですが、本当に丁寧に工作、塗装されていますね。
デカールのセンスも見習いたいです。
クシャトリアとの絡みも両方の出来が良いためばっちりですな。
2010年07月10日 21:22
完成おめでとうございます。
変わらず綺麗なものを製作されますねー。
あまり関係のない質問ですがスタジェの腕部は
ビームサーベルのホルダーなのですか?
リゼルのようにグレネードと選択式もあるので
そこがよくわからなくて・・・・・・
2010年07月10日 23:49
>82式さん
ありがとうございます
まだまだ納得のいかない所もあるのですが一応完成としました。
デカールは専用の物や資料が少なく、出来るだけ違和感がないよう気をつけましたが、基本を抑えればなんとかなるみたいですね

普段置き場に困るデカブツはわざわざ引っ張り出してきました(笑
2010年07月10日 23:58
>ミスターZさん
ありがとうございます

OVAでもチラッと出ましたが仰るとおりです。
前腕部装甲にビームサーベル2本×両サイド。
ユニット式でグレネードランチャー選択可です。
今回そこに収納ギミックを内蔵しようか最後まで悩んだ箇所でもあります。
そのままではサイズ的に全然入らず、改造の構想はあるのですが・・・断念
そして腰サイドは恐らく予備マガジン6本と・・・
色々と持ち過ぎですねー。

この記事へのトラックバック