RG「RX-78-2 ガンダム」素組み完成レビュー

■RG 1/144「RX-78-2 ガンダム」素組み製作完成しました。
組み立て後、デカール貼りに時間が掛かってました。
全部で約120近くの箇所に貼り付けるのは骨が折れる作業ですねー(^^;
ちなみに予備はないので失敗したら終わり。
好みの分かれるマーキングですので貼らなくてもいいのでしょうが、
パチ組みでのブログUPは画面受け的にどうかとも思うので一通り貼ってます。
塗装やトップコート等一切無しでも見るのに堪える
ディテール密度は得られているのではないでしょうか。
画像



では、ぼちぼちレビューを致します。
まずは、全体像と接写。
画像 画像


画像 画像



見上げてみて。
画像

画像

なんか静岡RG 1/1ガンダム風(?)
画像

コックピットハッチを開いて、
中にコアファイターが覗けますがご覧になれますでしょうか?
画像

手の上のアムロ。
画像

武装:
ビームライフル、ハイパー・バズーカ、ビームサーベル×2
シールドの裏に装着可。
シールドのグリップは上下にも可動。
画像

バズーカ、ライフル共にグリップに180度回転式のピンがあります。
ピンを左右に回転する事により、左手にも持ち替える事が可能。
画像

拳は、握り拳と可動式拳が左右で計4個。
指の可動箇所も1/144サイズの割りにかなり多いです。
画像 画像

ただし、その分ポロリが非常に心配。
その為、ライフルを持たせるのが面倒なのですが・・・
予め親指を下にスライドさせておいてから、グリップを持たせた後に指を戻すと多少楽になります。


ライフルやバズーカは一度装備さえすれば、ピンが長めなのでグリップ保持力が得られます。
一方ビームサーベルが本当にポロポロと落ちやすくストレスに感じますね。
ビームサーベルの長さが通常の1.5倍程の長さで迫力がある分残念です。


腰部にバズーカを装備可能。
アクションベースはココに接続する形となりますがちょっと緩い感じですね。
画像
ランドセルとビームサーベル接続部分はボールジョイント式で可動。
また、ランドセルノズルは勿論、ノズル上部のフィンも可動。



■電撃ホビーマガジン9月号付録
「1/144ホワイトベースMSハンガー」レビュー

ハンガーは斜めから手前に立たせる事も可。
画像 画像


ボディ内部にはコアブロックシステムも再現。
右画像はアクション性を優先したフレームを内蔵した場合。
画像 画像


コアブロックからコアファイターにも変形可能。
画像

昨年のHGUC「ガンダムVer.G30th」と比較画像。
両方とも無塗装ですが、歴然とした差が現れてしまったよ(笑
画像


なお、今回から採用されたフレームのアドヴァンスドMSジョイントが非常にヌルヌル動きます。
この動きは是非手に取って確かめていただきたいですね(^^
体型さえ近ければフレームを利用して今後のシリーズ化や改造等が出来そうな気が・・・
画像 画像

こんな絶妙なバランスでのジョ○ョ立ち風ポーズも可能www
反面あまり動かしすぎるとパーツのポロリが(´A`;
しかし始めから完成しているフレーム(MSジョイント)の構成が
何処から何処までがポロプロピレンとABSなのか一見では判りません。
但し基本的に組立てしまえば拳以外覗かない内部フレームですので塗装の必要も無さそうでしょうか。



総評:
久方ぶりにガンプラを作る方をターゲットにした企画らしいですが
初めてガンプラを作る人にはかなりハードルが高い感じのRG。
いい加減ガンダムばかりでウンザリはしておりますが、ある程度作って来た方でも新たな発見が得られる代物。
兎に角かなりのパーツ数があるので1/144サイズですが終わってみたらMGを一個作った気持ちが得られました。
30周年を記念して登場した”リアルグレード”は一つの終着点でもあり、
新たなスタートを切ったバンダイの可能性と底力を見せられた感じです。
今回パチ組みでのお披露目ですが勿論、スミイレや塗装をすればその”本物”感がぐっと上がる事でしょう。
重箱の隅をつつく感じで難点をつけるとしたらポロポロとれるパーツとなりますが
スナップフィットでここまで保持出来ているだけ凄いと思います。
失くし易いパーツの細かさもあってガンプラっていうよりスケールモデル的?
ちなみにショップではどうみても小学生(?)と思えるお子様がお母様と一緒に2個買いしてた!?

製作過程
→ 製作(1) 製作(2) 製作(3) 追加部分塗装



以上、長文にお付き合い戴きありがとうございます。
続いて、勢い余って撮りすぎたポーズ集に参ります(笑


落ちろっ!
画像

そこっ!
画像

見える!
画像 画像 画像


いただきっ!
画像 画像 画像


ちぃぃっ!
画像


画像 画像 画像


させるか!
画像 画像


画像


最後はコレ!
画像




殺しあうのがニュータイプじゃないでしょ・・・


画像

ああぁ・・・

見えるよララァ・・・


・・・見えるよ、みんなが・・・







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

2010年07月28日 10:05
完成お疲れ様でした。
組立はホント面白そうです。ある程度手先に融通がきくオトナ向け?ってカンジでしょうか?
やはりこれは作ってみるべしでしょう!

加工する者には、相当扱いが難しいシロモノなんでしょうね~。
それだけデキが良すぎるってこと…
2010年07月28日 21:00
>DragonFatさん
どうもありがとうございます。
短期間で一気に作り上げましたが、オトナ向けという感じは確かにしますね。
ホビー誌の作例で内部メカを見せるフルハッチオープン画がありましたが
アレは相当腕に自身が無いと難しいと思います。
2010年07月29日 00:17
アオリとラストシューティングの写真がすごくかっこいいです。
そしてジョ○ジョ立ちもwww
加工しなくてもここまでできるって本当に技術の進歩はすごいですね。
初代ガンダムのモデルはあまり食指が動かないのですが、これは欲しくなりました。

リンクを貼らせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。
2010年07月29日 23:58
>82式さん
どうもありがとうございます。
アオリのショットは1/1をご覧になった方なら、
あの体験を雰囲気だけでも思い出せるように撮ったつもりです(^^;
こちらこそ宜しくお願いいたします。

というか、↑伏字になってませんよw
2017年09月05日 22:59
I think what you typed was very logical. However, what about this?
suppose you were to write a killer title? I mean, I don't want to tell you how to run your website,
however suppose you added a title that makes people want
more? I mean qfuqw-VW-Q K__vfg_r_[ KirinStation/EFu_u_O is a little vanilla. You ought to peek at Yahoo's front page and note how they write post titles to get viewers to click. You might try adding a video or a picture or two to get readers excited about what you've written. In my opinion, it would bring your website a little livelier.

この記事へのトラックバック