FORMANIA(フォルマニア)「MSN-04 サザビー」レビュー

「サザビー出ます!」
「サザビー発進!」

「アクシズ 行け!」

「忌まわしい記憶とともに!」
シャア・アズナブル最期を飾る専用モビルスーツ「MSN-04 サザビー」
宇宙世紀に名を残す名機。
只の胸像では終わらない■FORMANIA「MSN-04 SAZABI」ハイディテールの極みをレビュー致します。
画像





まずはパッケージと中身。
画像 画像





ではその全貌をご覧下さい。
画像





画像


マットな塗装に光沢感あるディテールを散りばめた高級感ある仕上がりとなってます。
全高約20cm。
横幅は27cmにも及ぶ広がりを見せます。





接写。
頭部は前後に可動。
しかし、どうせなら左右にも動かして欲しかった所です。
画像




頭頂部コックピットハッチを展開。
取り外しは出来ないがコックピット脱出ポッドを再現。
メインカメラは左右に可動。
画像




可動部分の干渉の為か、塗装ハゲがあったのが非常に残念。
パイロットは「νガンダム」と同じで付属せず。
画像

ファンネルはコンテナ展開で取り外し可。
画像

画像




背面バックパックは後ろにスライド可能。
内部のディテールも作り込まれております。
可動箇所多数でトイとしてのギミックも内蔵。
ただの胸像には留めていない作り込み。
画像



画像



画像




画像 画像




また、付属のプチMSが阿呆な位作りこまれてます<褒め言葉
画像




コックピット内部にパイロット搭乗。
頭頂部、ハッチも可動。
ここにパイロットが搭乗しているのに
コックピットにシャアが居ないのは敢えてそうしていないと考えられますね。
画像



しかも無駄に可動ヶ所が多い素晴らしさ。
画像



肩部。
画像



肩部装甲は取り外し可能。
画像



各箇所が可動し連動する油圧式シリンダーを再現。
画像



胸部装甲も取り外し可能。
画像



画像




ファンネルの四枚羽は可動し展開可能。
画像



台座もメカニックとしての雰囲気を出した作りとなっております。
画像



台座から腰部への可動箇所も多く、
前後にスイングさせる事により各所に存在する軟質ゴムのチューブやシリンダーも連動。
画像



画像 画像




最後にHGUC「サザビー」と並べて
大きさの比較画像。
宇宙世紀の中でも大型MSに該当するだけにその存在感には圧巻です。
後は保管場所の心配ですね(^^;
画像





総評:
大量生産によって生じる、塗装の飛び散りや接着剤のハミ出しも
気にならないレベルに留めているのは十分な妥協範囲だと考えます。
但し、それでもハゲ等のムラが実在するのは高額商品ゆえに個人的には残念でした。
鑑賞している分には大して目立たないのが救いです。
しかし、適材適所に選択されたABS、合金、PVCの材質、
MSとしての機能的意味は別として、そのハイディテールが高品質の雰囲気を作り出し
トイにメカニックとしてのリアリティを与えております。
フォルマニアは正に大人の為のコレクターズアイテムにして、その圧倒的存在感を主張していますね。
完成品トイにここまでのクオリティを与えるとは
やるなロンド・ベル!!


超絶!匠の技ここにあり。
FORMANIA「MSN-04 サザビー」フォトレビューでした。
しかし、再生産未定の為かプレミアム化中とは流石、νガンダムは伊達じゃないな・・・






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年09月20日 12:32
さすがに作りこまれていますねー。
プチモビは多分アレです、
製作関係者の中に好きな人がいるんですよ
・・・・・多分(笑

ここまで細かく再現されていると
一種の芸術作品に思えてしまいます。
これがタコ殴りされた機体だと・・・!?
2010年09月20日 23:49
>ミスターZさん
製作者サイドのコダワリは見られる感じですね。
造形としても個人的に満足です。
商品として不満がない訳じゃありませんが、
今後のインスピレーションを得る材料としても受け止めてます。
出来る出来ないは別としてね(笑

タコ殴りにされるのも仕方ありませんよ殴り合い宇宙ですから。
2010年09月21日 13:18
全く興味がなかったですが、スンゴイですねーコレ。
大人のオモチャの極みです。
ガンプラも然り、展示物として見せびらかしたく…
戦争博物館でもしたいなー(笑)
2010年09月21日 22:45
>DragonFatさん
いつも押し付ける様な阿呆なブログで申し訳ないです(汗
MSや兵器を美化する気はありませんが、
でもDragonFatさんの戦争博物館というものも見てみたいですねー。

この記事へのトラックバック