HGUC「シナンジュ」製作(3)素組み編完成レビュー

「また敵となるか、《ガンダム》・・・・・・!」
■HGUC 1/144「MSN-006S シナンジュ」素組み編製作完成です。
画像



最後の作業はシール貼りだけでしたが1時間も掛かりました。
ホイルシールですので比較的簡単ではあるのですが、
細かい上に貼る箇所が多いので神経すり減らしての作業でした。
「ようやく出来たー!」
と完成品を眺めた瞬間、連日の突貫作業でもうグッタリ・・・o(_ _;o
ちょっとだけ仮眠を取って撮影しました(´д`;


では、全体画像です。
画像 画像


エングレービングの模様はシールでの再現となっていますが、
素組みだけでかなりの出来になってきているのには驚き。
まぁ、剥がれ易いので後で時間が出来たら塗装に変更しようかしら。


上半身
画像



サイド
画像



腕部可動
ヒジ関節は90度まで。
黄色○印はボール軸、黄色□はロール軸。
画像



脚部可動
フレキシブル・スラスターの可動軸も内蔵。
画像



開脚大の字
画像



アクションポーズ
画像



銃身下部にはグレネードランチャーを装着可能。
上にある今までの画像、
ビームライフル下部のカバーを開きっぱなしで撮っておりました(汗
画像



ビーム・サーベル2本付属
なお、MGで出来たビーム・トンファーは再現出来ず。
画像



ビーム・アックス2本付属
シールド固定の物とは別なのが以外に嬉しい。
画像



連結してビーム・ナギナタ
画像



シールドビーム・アックス
画像





独特な曲面を再現していたMGに近いフォルムな感じですね。
MGでは可動指だった為、武器の保持に難点があった所は
手首を数種類増やしている事でポージングが決め易かったです。
武装も付録非売品のバズーカこそありませんが
一通りは揃えてあるので割りと満足感が得られました。
特徴的な模様はホイルシールだけでも
割りと十分な出来に見えるのは個人的に意外な結果。
パーツ数量及びシール箇所が多いので従来の1/144の様に
サクッと作る感じではなく、じっくり時間を掛けて作る必要がありそうですね。

難点としてはデザイン的な為でもありますがモノアイがMG同様見え難い所や
肩と上腕の接続ピンが短いのでアクションポーズを取ろうとすると外れ易い。
また、最近の主流でもあったABS樹脂パーツは今回使用されておらず。
関節などへの負荷、特にピンの肉抜き穴など強度不足の懸念は相変わらずです。




で、ガシガシと遊んでいたら関節軸でポッキリ折れたー(TдT
眠気も覚めたよwww
画像

接着剤で格闘したけど・・・だめだこりゃー。


製作される方は俺の屍を越えていけo(_ _;o


以上、HGUC「シナンジュ」素組み編でした。


その内、時間が出来たら塗装も行いたいと思ってましたが当分先になりそうです(笑
待ってればHGUC「ユニコーンガンダム」の様に、
HGUC「シナンジュ用Ver.Kaデカール」とかも発売するのかしらん?


製作過程
→ 製作(1) 製作(2)


やはりガシガシ遊ぶならROBOT魂なのか・・・!?






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ダンテ
2010年10月25日 01:22
はじめまして☆ このブログ大好きなので毎日かかさずチェックさせてもらってます(^O^)/ 今回のシナンジュめちゃくちゃカッコよかったですよ(。・ω・。) 素組でこんなにも魅せられるなんて、脱帽です…! あと、たかが素組と言っても管理人さん組むの早すぎじゃないですか??(☆o☆) もしよろしかったらいつも行っている素組製作手順みたいのを記事でご紹介なんかしてくれたらとっても嬉しいです。 僕は素組派なんですけど、完成させるまでめちゃくちゃ時間かかっちゃうんです…orz いきなり失礼なことを言ってしまってすいませんでしたm(_ _)m デルタプラス頑張ってください!!
2010年10月25日 11:37
お疲れ様でした。
素組みでもこのボリューム。お店で手にってみましたが、さすがにためらってしまいました。
いつかは作ってみたいよー!
2010年10月25日 17:55
紋章に色がつくとかっこいいですね。
しかし0090年代のMSはでかいだけに
値段もこれまたビックなことに・・・・・
リ・ガズィから手を引いたのは最近のことです・・

ポッキリ・・写真見てこっちも叫びましたよ(笑
プラモはフィギィアじゃないですからね。
自分もHGのMk-Ⅱ(映画公開記念版)を動かしてたら
角と右手首の人差し指が折れて泣きましたねえ・・
2010年10月25日 20:27
お疲れ様でした&完成おめでとうございます。
皆さん書かれてますがやはり曲面主体のすごいボリューム感ですねー。
機体がもともと大きいというのもありますがしっかり可動も考えてあり、紋章の処理も良い感じです。
塗装するとなったら赤の色合いやツヤに苦戦しそうな予感。

自分もユニコーンシリーズに参戦したいなぁと思わせていただいたすばらしいレビューでした。
いつもどおりキリンさんにやられっぱなし。
げん
2010年10月25日 22:53
はじめましてo(^-^)o

いつも拝見させてもらってます。

シナンジュのHGUC用デカール、12月発売予定ですよ
2010年10月25日 23:45
>ダンテさん
こちらこそはじめまして(^^
コメントありがとうございます。
ご要望の製作手順ですが、
私自身、模型初心者ですのであまり早いという気も致しません。
また、どのように記事にしたら良いものかと悩んでしまいます。
流石に日常生活もある為、不定期更新の弱小ブログではございますが
うまく文章がまとめられたらアップ致しますので
宜しければまたいらっしゃって下さい。


>DragonFatさん
確かに塗装まで行なおうとしたらかなりの時間が取られてしまいそうです。
ですが大型MSですので完成後の迫力はありますね。
しかし、実製作はいつになる事やら・・・


>ミスターZさん
単なるデカールですが金色に輝いている分、
豪華に見える様です。
やはりプラモに破損は付き物なのでしょうか。
前回作ったスタジェは落として足が折れました(笑


>82式さん
いつも応援下さり有難うございます。
本当にこの3次曲面は良い感じですね。
赤色機体の塗装は今まであまり行なっていないので
この色艶だしは苦労しそうです。
ユニコーンシリーズも一通り出た感じで、
続巻発売まで当分は落ち着くのかしら。


>げんさん
こちらこそはじめまして(^^
コメントありがとうございます。
なんとデカール12月ですか!
あの苦行を又味わうのは骨が折れそうです。
製作それまでに間に合えばよいのですが・・・


しかし、なんとこんなにも応援して下さる方がいらっしゃったとは。
「まだ僕には帰れる所があるんだ
こんなにうれしい事はない(笑」

この記事へのトラックバック