MG「ガンダムデスサイズヘルEW」製作素組み編完成レビュー

「死ぬぜえ!俺の姿を見た者はみぃんな死んじまうぞー!!」
■MG 1/100「XXXG-01D2 ガンダムデスサイズヘルEW(エンドレスワルツ)」素組み編任務完了。
画像



死神デュオ・マックスウェルが搭乗。
破壊された「ガンダムデスサイズ」を改良し宇宙空間での使用が可能となった機体。
まさに地獄から舞い戻って来たMSであり機体名は「ガンダムデスサイズヘル」へと変更された。
キットはTV版デザインをカトキハジメによってリファインされたエンドレスワルツ版仕様。



全身像
各エッジが効いておりシャープな雰囲気を出しております。
背中のアクティブクロークは結構重いのですが設置性が優れているので、
よほどの事が無い限り転ぶ事もなさそうです。
一応今の所、仮組みのつもり…な為、付属のデカール関係は貼っておりません。
画像



画像




顔のアップ。
目元には付属のホイルシールを貼ってます。
画像



上半身
上腕にパーティングラインが目立つので、
素組み派の方はソコを消してあげると完成度が上がると思います。
画像



下半身
膝当てとつま先が凄い痛そう。
画像



コックピットハッチ開閉。
中にはパイロットであるデュオ・マックスウェルが搭乗。
立ち姿タイプも付属。
画像



背中のアクティブ・クロークは閉じて収納形態に。
中央にロック機構でピッタリ閉じる事も可能。
合わせ目が結構目立つのですが、どうやって消そうか今から悩みます。
またヒケ処理が大変そう(笑
画像 画像 画像



拳は、指部分の付け替えで変更するタイプで計8種類。
親指のみ可動。
造形はハイディテールに近く非常に優れているのですが可動指タイプがないのは残念。
武器は指側の突起で保持するタイプ。
但し、付け替えをし過ぎると武器ごと取れ易くなるのではないかと心配が残りますね。
画像



上半身腕部可動
黄色丸印はボール軸、他ロール軸。
肩は手前へ動かそうとすると背中の羽に干渉してしまうのだが、
引き出し式可動で対応も可。
また、手首部分は反らせる事も可能でスムーズな表情が付け易くGOOD!です。
画像



脚部可動
膝当ては膝の可動と連動でスライド。
可動範囲はMGとして平均的基準はクリア。
画像



コウモリをイメージさせるアクティブクロークは引き出し式ギミックで展開。
ギミックが多少硬い感じがしたので組み立て時よく可動させ
馴染ませておくと良いかもしれません。
翼は多少ですが後ろに反らせる事も可。
画像



武装は潔くビームサイズ(ビームシザーズ)のみ。
クリアパーツの刃にはビームが噴出している造形あり。
柄の全体に穴が広がっておりグリップ位置の変更が可能。
画像



画像



パッケージ画風なポージング。
画像



「行くぜ相棒」
「斬って斬って斬りまくる!!!」

画像



画像



画像

「地獄への道連れはここにある兵器と戦争だけにしようぜ!!」



総評:
モールドと解釈する事も出来るようパーツ分割などよく考えられております。
整形色、色分けも完璧なので素組み派は勿論、塗装も楽そうです。
外箱は結構大きいのですが、翼パーツが大きい為であり、
破損しやすいパーツや細かい部分が少ないので、
組み立てもMGの中では簡単な部類に入るのではないでしょうか。
可動範囲などMGの平均的基準もクリアしており総合的に出来の良いキットです。
残念なのは指の保持力に若干不安が残るのと、
腰部のパーツが取れやすい事。
Wシリーズの特徴でもある小顔で足長なので、
カトキハジメ氏らしいプロポーションが非常に格好良くポージングが決まります。
ただ小型MSなのですが翼がかなり横に広がっているので飾るには場所を取ります(笑




以上、MG「ガンダムデスサイズヘル」素組みレビューでした。

MG「ガンダムデスサイズヘル」製作過程
→ 製作(1) 製作(2)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年03月08日 08:05
仮組みお疲れ様でした。
各部エッジが攻撃的でデザイン的にもかっこいいですな。
武装が鎌だけと言う事で、もしかしてMG中一番武器が少ないキット?
2011年03月08日 22:44
>82式さん
おつかれ様です。
頭部に一応バルカンはありますがTV版にあった飛び道具の数々は廃止された様ですね。
武器が少ないMGプラモは水陸両用系やマスターガンダムもそうかと。
…て、アレはまたちょっと系統が違うか(笑
2011年03月08日 23:36
かっこいいデスサイズですね、
エンドレスワルツで月を背中に
サーペントに向かって落下していくシーンが
とても死神臭さがあって印象的です。

武器が少ないですか、うんちくですが
これを書いていて真っ先に思いついたのは
アッシマーですね、なにせ大型ビームライフル
だけで後は何も装備してませんし。
奇妙な機体ならジム・ジャグラーとか、
ボールを遠隔操作して攻撃するという
光景を想像したら何ともシュールで(笑
MSは兵器ですから極端に武器が少ない機体は
なかなか設定的に作りづらいかも。

ガンプラも30年頑張って成長しただけあって
素組みの完成度もすごいものです。
これからは何が成長していくのでしょうかね?
2011年03月09日 23:48
意外にシンプルなモビルスーツですねー!
見た目にダマされてはいけませんな(イイ意味で)

ギミックはかなりカッコいいポージングで、武器が少ないのをカバーしてるような気が。

作業的にはやっぱヒケですな…こりゃ大変そうでぃ!
2011年03月10日 22:42
>ミスターZさん
MGアッシマーは見てみたい(笑
そういえば去年作ったMGボールもキャノン砲1門でした。
兵器といっても最近のMSは「おまえはなんでも持ってるんだな!?」
って感じ過ぎる気はしますね(´`;

プラモも30年経ってセメダインでくっ付けちゃうって
苦労を知らないで済みそうな位には初心者に優しくなったんですかねー。


>ドラゴンファットさん
プレイバリューは低いかもしれませんが、見た目勝負なデザインですからね。
ヒケ処理は大変そうですがパーツ数が少ないのが救い。

それはさておき。
サンドロックが発売するならギミックじゃないけどマントはやはり欲しい。
その辺が発表or発売されるまでには完成させたいところ…

この記事へのトラックバック