MG デルタプラス 製作素組み編完成レビュー

《デルタプラス》は高速戦闘用MS《百式》が本来向かおうとしていた幻のTMS、
《デルタガンダム》のお蔵入りとなった設計プランを今一度復活させるべく、
アナハイムエレクトロニクス社が開発した試作TMSである。
非変形型の《百式》が培った実戦運用データに、
《Zガンダム》をはじめとするZ系TMSの可変技術をフィードバックさせた本機は、
全領域での連続運用が可能な万能攻撃機として、後世においても高い性能を示した。
それは同時に、宇宙世紀に再びδ(デルタ)の鼓動が響きだした証明でもあった。

■MG 1/100「MSN-001A1 デルタプラス」素組み編完成レビューです。
画像





全体画像
フロント
画像




リア
画像




HGでは固定だった翼のフレキシブルバインダーは可動範囲も広くなっている。
画像




正面アップ
画像




ディアルアイセンサーはクリアパーツのバイザー裏に刻印されている。
画像




上半身
武器の保持は可動指を携えた手の平にある突起で補強。
ただ、主観では外れやすい感じである。
画像




下半身
画像




コックピットブロックはハッチ展開。
リディ・マーセナスが搭乗。
画像




付属品
リディ・マーセナスとオードリー・バーンフィギュア
ビームライフル・シールドウェポンラック(ビームサーベル×2)・
ビームサーベル用クリアパーツ×2・アクションベース用ジョイント・
WR用連結ジョイントパーツ
(使用せずとも変形は可能だが、WR時のぐらつき防止として保持力向上)
画像




腕部可動
黄色丸印はボール軸、他ロール軸。
WR変形機構を備えた肩軸は多重関節。
画像




脚部可動
スネのシリンダー伸縮有り。
クランク状に変形する為可動箇所多数。
画像




開脚状態
サイドアーマーと干渉するのでこの位が精一杯です。
画像




MS状態からウェイブライダーへの変形プロセス
マスターグレードでは完全変形を可能にした。
素晴らしすぎるクオリティ!!
が・・・変形はかなり面倒ですね(^^;
画像




胸部ロックを外しコックピットブロックの展開後、頭部は腹部に収納。
肩部のロックを外しつつ、腕部を引き出し肩部スラスターを回転。
この時の肩部回転がかなり難しいです。
腰部は股関節のロックを外し脚部を脇に開いてピン固定。
フロントアーマーは折りたたむ。
この時点でジョイントパーツを付ける(付けなくてもいい)。
画像




腕部を機体下面に収納し、脚部はクランク状に変形。
脚部ふくらはぎにあるスラスターをスライドしながら展開。
背面フレキシブルバインダーを多重関節で前面に展開。
画像




爪先を折りたたみ、フレキシブルバインダーは固定。
シールドを腕から外し機体に固定。
主翼カナード翼を開いて変形終了。
画像




ウェイブライダー形態
一応股関節にロック機構があるので付属の”ジョイントパーツ”は使わなくても変形可能である。
ただ負荷もかなり掛かるので保持力強化のジョイントは使った方が良さそう。
画像




画像




画像




パッケージ画風ポーズ
画像

「それで言い訳がつくだろ。帰っちまえ!」



撮った写真が背景によって微妙に機体カラーを変えてしまったけどこの辺りが一番近い色かも?
画像




画像




画像




画像





総評:
MGでウェイブライダーへの完全変形を可能にし、
HGでの不満点が解消された印象です。
キットの合わせ目分割線はライフルやシールドに目立つ位で、
それ以外は概ねモールドとして解釈出来そう。
細かいパーツが多くゲートの切り取りには神経を使いますが組み立ては理解し易い。
エッジの利いたデザインに色分け再現もほぼ完璧。
塗装後の変形は厳しい物がありそうですが…(汗

一方、MS・WR両形態のプロポーションバランスが取れた反面、
人型としての可動、ポージングなどのバリエーションは少ない。
武器の保持力や足首ボールジョイントの保持力が弱かったりするのは個体差かしら?
取り扱い説明書にマーキングシール貼り付け後のイメージ画像がないのは物足りない。
また、変形方法が複雑且つシビアであり、フレーム付け根など可動箇所の小さいパーツは、
強度はあるものの破損の懸念が残るので取り扱いには注意が必要そうである。

付属のWR用連結ジョイントパーツを使えば、
ウェイブライダー形態でも脚部のぐらつきなど保持されるのはナイス。
ガシガシと遊ぶのは辛いけど、細部に渡ったデザインの追及や
より設定画に近づいたMS形態のスマートなフォルムといった点、
やはり完全変形には素直に感動でした。




以上、MG「デルタプラス」素組みレビューでした。

MG「デルタプラス」製作過程

→ 製作(1) 製作(2)



「今は、このまま進むしかない。君も・・・・・・俺も」
画像

蛇足になるけどビームライフルを機体上面にマウントするの忘れてた…
最後は力尽きたんでやっつけです(汗)








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年08月13日 05:44
うひー完全変形すんばらしー。
機体の薄さとシャープさはZ以上で飛行機らしさバリバリですな。
まだ可動と完全変形の両立は難しいのか・・・むむ。
2011年08月14日 22:58
>82式さん
グレー調の色と相まって航空機然としたところはセンチネルを思い浮かべます。
主観では完全変形を前面に押し出してますが可動も妥協出来る範囲内ですね。
今回シャープ化はあまり必要なさそうな感じ。さて、続きはどないしよ~。
2011年08月15日 15:00
ありがとうございます完全変形!
変形レビューも思考全開で凝視しました。

キットは秀逸ですねー。
色分けは完璧としながらも、塗装のシュミレーション展開が垣間見れました。

難儀な反面楽しそうじゃ。言い訳は大歓迎(笑)
2011年08月15日 23:18
>ドラゴンファットさん
お忙しいところコメントありがとうございます。
趣向を全開でレビューしました(笑)
地味な色分けですので好きな色に塗って楽しむのも醍醐味ですかね。

最近立て続けにマスターグレードを弄っているせいか、
そろそろお手軽キットでリフレッシュしたい気も。

この記事へのトラックバック