機動戦士ガンダムAGE 第2話 AGEの力

■機動戦士ガンダムAGE 第2話 AGEの力も視聴。
なんか・・・色々と凄かったです。
エピオンの製作記事更新と一緒にしようと思ったけど、
やっぱり別記事にしました。
ネタバレあり。



画像



本格的な考察や感想ブログは世に沢山あるので、
ここでは簡潔に気になった所だけをまとめます。




Q.AGEシステムって何?
A.生物の進化の仕組みを応用したモビルスーツの再構築システム。
戦闘を経験する事でさらに強くなるための設計図を導き出す。
システムが勝手に強い武器を作ってくれる。


「これより高速成形に入る!!
 AGEビルダー起動!!」
(ポチっと♪

ういんういん♪ガシャンガシャンガシャン♪
「よっしゃ完成したぞー!!」



        ____
        /     \
     /:::::::─三三─\    「 もう完成したの?」
   /::::::::: ( ○)三(○)\
    |   、" ゙)(__人__)ル ゚。 ゚     ___________
   \      ゝ'゚      ≦ 三 ゚ | |             |
__/     。≧       三 = | |             |
| | /    ,   -ァ,       ≧=  .| |             |
| | /   /    .イレ,、       >  | |             |
| | | ⌒ ーnnn ,≦`Vヾ  ヾ ≧   |_|___________|
 ̄ \__、("二)。゚ /。・イハ 、\、l二二l二二  _|_|__|_




Q.ただのビームライフルじゃないの?

A.「そんじょそこらのビームライフルじゃないぞ
ビーム軌道をドリル状に回転させ、貫通力を増した新兵器」



「その名もドッズライフルじゃ!どっせーい!」


・・・ドリルビーム?







なんか凄いトンデモ発明が出てきました。



ボンボンとかタツノコっぽいというか。
これを主人公が開発したというのだから驚きである。
ニュータイプっぽい子も出てきたし色々詰め込んでるな~。



素材となる”インゴット”が希少なものなら毎週のように連発する事はないのだろうけど、
より強い武器を練成していくという意味でRPG的なノリは
今までのガンダム作品にない試みで面白い。
大人視点で観るとメーカー側の意図が透けてしまうのは毎度の事だが(^^;
それにしても無駄に派手な演出の武器生成シーンは鳥肌ものだった(笑)


現状、UEの脅威に対して情けない大人達や機能しない政府の描写が際立つが、
なんか製作側に意図があるのだろうか?
そういう意味で副指令の行動には今後注目したい。



しかし、本来笑ってはいけない”戦争”、”死”を扱う作品で、
台詞とデザインでギャグっぽく見えてしまうからか、つい笑ってしまう(汗)
現状、登場人物が異星人だと認識し勧善懲悪の視点で戦っている為でもあるが…。



今回、OP/EDは凄くいいけど耳に残るBGMがないと感じたのは
個人的に残念なところ。現状でですが。



以上、AGEを2話まで観た感想である。


さて、単調で引きが弱くどうなるかと思っていたけど、
内容は普通に”ロボットアニメ”としてアツイ展開にはなってきた感じ。
ただ、過去作品もそうなんだが最終話まで進めて始めて感想が言えるから
ここで判断するのは無粋かな。
3話が分水嶺にはなりそうだが。


これは蛇足なんだけど・・・今までの作品も顕著なところで種が割れたり、
トランザムが出た瞬間も、ぶふーっ!!てなったし。
自分も長い付き合いだから結局最後までは観る事になるだろうな。









ちなみにユニコーンが楽しみだよという方へは



■10月16日より機動戦士ガンダムUC EPISODE 4 冒頭6分映像配信中
http://www.b-ch.com/contents/feat_gundam_uc/
http://www.b-ch.com/ttl/index.php?ttl_c=2368&mvc=3_22834_0_0



やばい早く続きが観たい!





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年10月19日 08:33
AGEは滑り出しなかなか好調なようですな。
従来のガンダムを良い意味で超越している内容のようです。
ドッズライフルってそういう意味だったのかよ・・・

ユニコーンも年末に向けて盛り上がってきまして、自分としてはゼー・ズールさんが楽しみなわけです、はい。
2011年10月20日 00:30
>82式さん
まだまだ掴みかねる出足ですので、物足りない感があるのも事実ですけどね。
どういう原理なのかはさっぱり理解らんビームラリアットの後にも期待。

UCは冒頭のジュアッグやアッグが出ただけでなんか胸熱。
格好悪いじゃんアレって言ってた子供の頃の自分に説教だな。
ゼー・ズール入部で今後の水泳部も安泰ですな。
2011年10月20日 05:40
ジュアッグ登場、自分の職場でも話題になってます。(ナニ?)

しかし、ドッズライフルの理論は胸熱過ぎ。
ああいった無茶を真剣に語るからこそのカタルシス。
今後にも期待ですね。
2011年10月21日 00:11
>モリタケンジさん
ガンダム話が出来る職場だなんて羨ましい。

ドリル理論。無茶苦茶かとも思えるけど舞台設定と芝居で
納得させられてしまう空想科学の醍醐味でもありますね。
結局目が離せん。

この記事へのトラックバック