S.H.フィギュアーツ ロックバイソン

西海岸の猛牛戦車!
■S.H.Figuarts 「ロックバイソン(TIGER&BUNNY)」ドナドナしてまいりました!
S.H.フィギュアーツ タイガー&バニーシリーズ第3弾フォトレビュー。
画像





まずはパッケージ。
画像画像




付属品。
交換用手首左右。
頭部連結のチューブ2種類。
画像




専用ディスプレイスタンド×1、取り扱い説明書
画像




分厚い装甲のヒーロースーツを身に纏うのはアントニオ・ロペス。
クロノスフーズ所属。
ワイルドタイガー(虎徹)とは同じくベテランヒーローであり古くからの知り合い。
NEXT能力は岩のように皮膚を硬化させる「強靭な皮膚」。
鉄壁の防御力で市民の盾となり、攻撃面ではその体格とドリルを活かした突撃技が得意である。
見た目通りのパワーファイターであるが、
小心者でドジっ子キャラでもある。
目下若手に押されヒーローランキング下位が続き、
会社からの首が危ぶまれている。





全体像
画像

両肩のドリルが特徴。
ボディ装甲はプラスチック素材だが、
グリーンにパール調の粒子がコーティングされた感じで金属的な表現となっている。
光の反射によっては独特の輝きを放ち味わい深い。



リア
画像




頭部アップ
塗り分けミス塗料飛び散りといった所も見られず、
丁寧に製作されている事が見受けられます。
口元の鼻輪はぷらぷらとスイングし可愛いです(笑)
※ただし、小さく直ぐポロっと取れるので失くさないよう注意!!
画像




脚部
装甲はサイドと前方に展開するがあまり可動範囲は広くない。
脚部も前面に動かそうとすると両側の装甲と干渉するので、
太腿の持ち上げは45度くらいまで。
靴はダイキャスト製となっており設置性ともにどっしりと安定。
画像




両肩にタイバニ特有、
「牛角」の企業ロゴが綺麗にプリントされています。
あぁ、焼肉が食べたくなるっす・・・
画像




背面
頭部から伸びるチューブはゴムの様な軟質素材となり、短い物と長い物とを交換可能。
腋の下や腰のベルトなど細かいディテール。
画像




頭部可動はクランク上のジョイントパーツとなり形式として首ではないが可動範囲は広い。
ジョイント先端はボール軸となっており取り外し可能。
画像




籠手の部分は可動。
掌のベルトなども細かく塗り分けされ握り拳も同様となっている。
差し替え可能な拳や肩のドリルは軟質素材となっており、
倒れた場合や遊んでいてのケガ・破損の心配は少ない。
ただし、頭部のツノや爪先は硬質なABS素材だと思われますので注意。
※商品は対象年齢15歳以上。
画像




腕可動範囲
黄色丸印はボール軸、他ロール軸
緑色□印は確認できないが前後及び回転の多重関節だと思われる。
ヒジ関節は少々狭く90度も曲がりません。
画像




脚部可動範囲
足自体の可動範囲は設置性も良く広いのですが、
如何せんスカートが邪魔して活かしきれない感じ。
画像




靴底
爪先は引き出し式で可動。
画像




開脚
「ここから先は通さん!」
画像




大きさ比較画像
全高約18cm。S.H.フィギュアーツの中でも屈指の大きさである。
重さ230.5g(ちょっと量ってみた)、極旨特上牛肉(違)。
超合金シリーズと比較すると少々頼りないが、
ずっしりとした重さには男の子なら満足感も高い。
画像





以下適当にブンドド。



画像




ドリルは漢の浪漫。
画像




画像




一発K.O.
画像




劇中あまりにも活躍シーンがなかったので適当に(汗
「よう虎徹。今夜仕事明けにどうだ?」
「お、いいね~」
画像




画像




画像




画像

「ンモー勘弁して下さい」




総評:
可動範囲こそ狭いが、造形塗装共に完璧に近い。
塗り分け箇所が少ない事もあるがワイルドタイガーと違い個体差もあまりないと思う。
完成度の高さに力の入れ具合が見て取れます。

オプションパーツが少なく定価も300円程更に高くなっているのは気になるが、
全身に施されたリベットなどディテールも細部にまで至っており
レトロ感漂うデザインといい非常に良い作りとなっていた。
また並べてみると判るが、そのボリュームによる迫力、存在感が特に強い。
(関係ないが模型的にウェザリング処理等したくなる)

反面、専用ステージはロゴが入っただけという物で固定する事が難しい。
アーツ自体が安定しているので転倒する事はないのだが、
ステージが重さに耐えられないというのは如何なものだろうか…

キャラ人気的に勢いこそ主役のタイガーやバーナビーには劣るが、
数が少ない状況は相変わらず。
作品が全国放送でないし知名度的には仕方ないのでしょうが。




以上、S.H.Figuatrs ロックバイソンでした。



「ウシッ!!」
画像







追記:
もっとも、世間的には同日発売のPSVitaに話題が集中していた。
結構売れてるみたいで週末の玩具売場には人の山が…。
■12月17日発売 PlaystationVita
それにしても、このVITA。
当初からオンライン接続前提の仕様には懸念を抱く。
最新技術を追いかけるあまり初心者を取り残してしまった状況なんじゃないだろうか。

そんなかんなで現状ゲームやる暇もないし、
私はいいかな~といった感じ。


で話は飛びまくるが、プレミアムバンダイの1/6浜田雅功にwww
また、マニアックなw






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年12月25日 21:49
重量感あふれるスーツ、そしてドリル!!
みているだけで勇ましい気持ちになりますな。

やっぱドリルいいな~。
2011年12月26日 21:23
>82式さん
うむドリルはイイものです。
よし、ならガンダムにもドリルを付けちゃえー!?

・・・ないわ~。

この記事へのトラックバック