HGUC ユニコーンガンダム2号機 バンシィ デストロイモード 素組み編レビュー

《バンシィ》とは地球連邦軍再編計画の一環「UC計画」の中核として
アナハイム・エレクトロニクス社が秘密裏に開発していた
フル・サイコフレーム試作機RX-0《ユニコーンガンダム》2号機の通称である。
基本スペックは変わることなく1号機同様NT-D(ニュータイプ・デストロイヤー)システムを搭載。
敵性サイコミュ・モビルスーツと遭遇する事によりシステムが発動し全身の体型が変貌する。
その姿は純白のユニコーンガンダムとは対照的に漆黒を基調とした機体色であり、
一角獣の名を与えられながらも百獣の王、獅子を想起させる。
そして、重力下仕様のテストによる調整を済ませた《バンシィ》は、
ユニコーンガンダム専用に開発された増加サイコフレーム装備『アームド・アーマー』を
与えられる事により1号機以上の完成度を誇る機体となった。
■HGUC 1/144 RX-0「ユニコーンガンダム2号機 バンシィ(デストロイモード)」素組み編完成レビュー。
画像





全身画像
フロント
画像

今回、デュアルアイセンサーや脚部スラスター箇所などに付属のシールを貼っております。




リア
画像





上半身
画像





画像





下半身
画像





色分けは付属のホイルシールを貼る事で再現。
画像





頭部アップ
画像





腕部右
《アームド・アーマーBS》
専用開発された増加サイコフレーム兵装のひとつ。
サイコミュで搭乗者に伝達された感応波をビーム偏光器と連動させることにより、
高精度の「予測照準」を可能とする射撃兵器。
画像




なんか形状がニューガンダムのフィンファンネルに似ているかな?
画像





腕部左
《アームド・アーマーVN》
サイコフレームの強靭性を利用したいわゆる超振動破砕兵器。
画像

ユニコーンモードに付属のサーベルを付けることでビームトンファーも可能。




なお、HGUCキットでは武装展開状態のままで非可動となります。
画像





上半身可動範囲
黄色丸印はボール軸、他ロール軸。
ひじ関節の可動は約90度。
画像





脚部可動範囲
ひざ関節の可動は約90度。
なお、保持力は失われますが小改修で更に曲げる事も可能となります。
画像





開脚
画像





付属品
今回、ユニコーンガンダム1号機DM(デストロイモード)には付属していなかった
左腕用の平手が付属。




左右のアームド・アーマーを装備しますと取り付けは出来なくなりますが、
名残りとしてビームライフルやシールドも付属しております。
(但し説明書に組み立て方法は載っておりませんのでご注意下さい)




一応、アームド・アーマーを外せば基本兵装に組み替える事も可能です。
どちらで組み立てるかはお好みで選ぶのも良いでしょう。
画像





アクションベース2に対応。
画像





以下適当にポージング



画像




画像




「ガンダムは・・・敵!!
画像




画像





画像






「あれは・・・」
画像





「黒い!・・・ユニコーン…!!」
画像







総評:
パーツ数が多いので組み立てには多少時間が掛かりますが、
可動範囲もU.C.時代の機体としては平均的で色分けも一部シールを貼る事で再現。
ユニコーンガンダムと同様DMにはビームサーベルが付いていないのは残念。

HGUCではユニコーンモード⇔デストロイモードへの変形は出来ませんが、
その分プロポーションのバランスは良好です。

1号機にはなかった武装や追加パーツがありながら、お値段据え置きというのも嬉しい所。
黄金色のサイコフレームは成型色を活かすか塗装をするかが悩みどころでしょうか。
ツノと襟元だけでも金色で塗ってあげるとより設定に近づきそうですね。





以上、RX-0「ユニコーンガンダム2号機 バンシィ デストロイモード」素組みレビューでした。

製作過程
→ 製作(1)








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年01月10日 03:38
素組みお疲れ様です~
追加武装はアームド・アーマーっていうのかー
ただ原作小説でマグナム+シールドでユニコーンと空中戦を
繰り広げたのをワクワクして読んでた自分には新武装より
通常の装備の方がしっくり、ただ5話見たら印象変わるんだろうなあ。
フルサイコフレームを流用した照準の補正と強度による威力の向上、
サイコミュによる照準補正ならうちの小説のコメットZZガンダムの
全砲門展開時の半自動照準の補助機能と似てますね。
もっともあっちはネオ・サイコミュなので時代など色々違いますが。
しかしこやつに粉砕系の武装とはおったまげたなあ、
ガンダム系で握りつぶす機体といえば後はネロブリッツくらい?
ただバンシィはテストショットから思ってましたが角のシャープ化に
苦労しそうだなあ、刺々しくするには分割が一番かしら?
2012年01月10日 23:12
パチ組みお疲れ様でした。
やっぱりバンシィ製作の見所は分割されたアンテナとサイコフレームの金色表現でしょうかね。
破砕兵器のほうはユニコーンモードだとでかいナックルのように相手をぶん殴るみたいですね。

またもやどんな使われ方をするのか・・・ゾクゾク。
2012年01月11日 00:04
>ミスターZさん
自動照準。
つまりアムロでいう所の「そこっ!」てのを自動でやってくれるのかー。
便利でいいな(笑

ミスターZさんのコメントを拝見して、
粉砕系って逆に今まで無かったのが不思議だと思いました。
劇中でどう扱われるかわかりませんが、実際には実用的じゃないのかしら。

シャープ化はキットのままだとフラッグも目立ちますし
少々厚ぼったいので地味ですが是非頑張りたいですね。


>82式さん
いやいや殴るとかはアッガイ先生の十八番ですぞ(笑

サイコフレームはどうやって塗ろうか悩みますね~。
単純な金は止めようと思っているのですが。

そういえば原作通りパイロットも交代するのかなぁ。

この記事へのトラックバック