S.H.フィギュアーツ ワイルドタイガー 桂正和 オリジナルカラーVer.

「どうも!TIGER&BUNNYの
コミックはまとめ読む方、虎徹です!」

■桂正和×TIGER&BUNNY 原画集&ラフ画集成 LIMITED VERSION
に同梱しているワイルドタイガー桂正和オリジナルカラーVer.を今日は遊び倒しました。
画像




前回の記事
■桂正和×TIGER&BUNNY 原画集&ラフ画集成



サラリーマンヒーロー。
正義の壊し屋ワイルドタイガー。
今回はフィギュアーツ限定版としてヤングジャンプのロゴを背負って登場です。




全体画像
画像

可動はフィギュアーツとしては普通な部類。
ただ塗装は通常版タイガーの初回出荷時は個体差が結構ありましたが
納期を遅らせた分(邪推)、今回はかなりキレイな塗装。




リア
画像





付属品はシンプル。
交換用平手・交換用胸部パーツ・専用台座(限定版仕様)
画像





上半身
基本造形は通常版タイガーと変わらないが、
スポンサーロゴ・肩・腕部とカラーリングが変更されております。
下半身は通常版と同じ。
画像




背中には「STUDIO K2R」のデザインロゴが印刷。
画像





スポンサーロゴ。
胸部に『週刊YOUNG JUMP』のロゴ。
画像





胸部カバーパーツは取り外して交換。
なお通常版タイガーも同様に取り外す事が出来ます。
カバーには初版か再版物かの違いを見分ける型番の刻印あり。
画像





ロゴ無しに交換して。
画像





肩のデザイン比較(左:オリジナルカラー版、右:通常版)
画像





腕部比較(左:オリジナルカラー版、右:通常版)
画像






以下、適当にポージングなのですが。
以前、通常版レビューで一通り行ったので今回は2体で遊んでみました(^^;

過去記事:
「S.H.Figuartsワイルドタイガー TIGER&BUNNY」レビュー


画像





「うおおー!スゲェ!!」
画像




「うおおー!スゲェ!!」
画像





「あ、いやいや、真似しなくていいだろ」
画像




「いやいや、真似しなくていいだろ」
画像





「あぁ~いや~、マジでマジで・・・」
画像




「あ~いや~、マジでマジで・・・」
画像





虎徹「いい加減にしろよ折紙!!」
折紙「あぁぁ・・・ごめんなさい」
画像





虎徹「しかし、すんげぇ能力だよ。お前、人間にも化けるんだな

俺に化けてハンドレッドパワーを使えばさ・・・」





折紙「見た目はコピー出来ても、能力までコピー出来ないんです」
画像

虎徹「・・・・・・残念」




折紙「こんな能力のボクはヒーローに向いていないんです。
ボクなんてヒーロー辞めるべきなんだ
・゚・(つД`)・゚・うわぁぁぁぁぁん」

画像

虎徹「な~んか俺が辛くなってきたわ。その顔で泣くの止めてくれる?」
折紙「あぁ・・・すみません・・・」




虎徹「そんな悩む事ないだろ。
折紙の能力にしか出来ない事もあるんじゃないの!」

画像


しまったオチが弱い・・・




まとめ:
GLMが付いていないのは寂しい所ですが、
画集・ポスター・アーツとコレクションとしては十分。
放映が終了してから半年経ちますが4月には通常版ワイルドタイガーとバーナビー、
5月にはロックバイソンと、まだまだ再販もあるようです。




以上、映画まで引っ張る気まんまん。
S.H.Figuarts「ワイルドタイガー 桂正和オリジナルカラーVer.」でした


「まだまだワイルドに吼えるぜ!」
画像




絡ませ始めたら「見切れ職人 S.H.フィギュアーツ 折紙サイクロン」の発売が待ち遠しくなりました。
2月13日予約開始予定






デフォルマイスタープチ TIGER&BUNNY special edition

フィギュアーツZERO バーナビー・ブルックスJr.
S.H.Figuarts ワイルドタイガー 1 MINUTE



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック