RG スカイグラスパー (ランチャー/ソードパック) 完成

「やっぱ俺って不可能を可能に・・・」
■RG 1/144 FX-550「スカイグラスパー(ランチャー/ソードパック)」完成です。
画像





今回は(も?)部分塗装を施しての簡単フィニッシュ。
以前作ったストライクに合わせた感じで仕上げました。


RGはディテールが細かいのが特徴で、
ある程度大雑把に作ってもそれなりに見れるのがいいですね。
パーツ数が多いので面倒ではあるのですが・・・

キットは個人的に成型色のままだと物足りないかなと思った
ブラックとグレー系金属色など装甲の裏を中心に塗装。
他は成型色のままでスミイレとデカールを貼りつけ、
部分的にドライブラシなどで簡単に汚しトップコートをした位に留めております。




ではスカイグラスパー全体画像
機体上面はジャーマングレーにちょっとホワイトを足した色でスミイレ。
ラインを引き締めたい所でフラットブラック。
ウェポンベイなど機体下面後方に向かってガンメタルに変更。
画像





画像





ランディングギアを付けて。
ここは出来るだけ塗り分けました。
画像





画像





画像





コックピット
ムウ・ラ・フラガやキャノピーは塗装。
「このガンダム凄いよぉぉぉ!さすがtry」
画像




ソードストライカー[AQM/E-X02]
スミイレはスカイグラスパーとは別にフラットブラック・フラットブラウンで。
ソードパックはもう少し時間を掛けて手直ししても良かったかなと心残りが。
画像





画像





画像





カガリが劇中で展開していた対艦刀。
シュベルトゲベールのサーベル部は軽くつや消しホワイトで。
あ・・・パンツァーアイゼンも発射して撮影すれば良かった・・・
画像





画像





画像





ランチャーストライカー[AQM/E-X03]
造型が細かい分アグニの方は簡単な汚しで雰囲気が出たかな。
画像



画像



画像





一度折れてしまったグリップのピンは接着して復活させた。
画像





エールストライカー[AQM/E-X01]
画像





画像





続いてストライクガンダムに各ストライカーパック装備
ソードストライクガンダム
画像





画像 画像





画像





ランチャーストライクガンダム
画像





画像 画像





画像





最後に各ストライカーパック兵装を配置させて。
画像





塗装レシピ
白:クールホワイト+ミディアムブルー(微量)
グレー1:サーフェイサー1200+ウィノーブラック+ネービーブルー(微量)+パープル(微量)+ホワイト(微量)
グレー2:ニュートラルグレー+ネービーブルー+パープル
グレー3:ジャーマングレー
黒:ブラック
黒:ミッドナイトブルー
黒:セミグロスブラック
黒:メタルブラック
銀1:スーパーシルバー
銀2:メッキシルバーNEXT
金:ゴールド
赤:モンザレッド

簡単仕上げといいつつフラガとかも入れるともっと増えるかも…
トップコート:全体をつや消し、部分的に光沢、半光沢




製作過程
→ 製作(1) 製作(2) 製作(3) 製作(4) 製作(5)




部分的にゲート跡など残ってしまっている出来ですが。
それはそれ、これはこれという事でご了承下さい。
いつもの自分のノリで全塗装を行っていたら途方も無い工程になりそうでして(^^;


以上、RG「スカイグラスパー(ランチャー/ソードパック)」でした。

「新たな戦記へ飛べ!ガンダム!」







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

初心者
2012年03月20日 09:06
いつもガンプラ作りの参考にさせていただいています。
今回も素晴らしい出来ですね。

質問です。トップコートの上から塗装はしてもよいのでしょうか?
(初心者なので・・・。できれば回答お願いします。)
タイター
2012年03月20日 10:08
おおお! ついに完成ですか~
相変わらず完成度が高い…特にアグニのアーム部分の金属表現がいいですね。
これで簡単仕上げってやっぱやばいですよw

まだまだ書きたい(褒めたい)事はたくさんあるんですがきりがないのでこの辺にしておきます(笑)
作業お疲れ様でした&これからも体に気をつけて頑張ってください。
ところでキリンさんの返信にまた返しても大丈夫でしょうか? 



2012年03月21日 00:23
>初心者さん
ありがとうございます。
私も初心者が背伸びした程度ですので恐縮です。

質問への回答
大雑把に申しますがトップコートも要は無色の塗料なので可能です。

但し、塗料にも種類や特性があり溶剤系アクリル塗料の上に水性塗料を塗る事は出来ても
水性の上に溶剤系というのは出来ません。
塗装前には要らないランナー等で色々試してみると良いと思います。


>タイターさん
ありがとうございます。
多くのモデラー様からしましたら至らぬ点多々ございますが
ポイントを絞って塗装させていただきました。
金属部分は光沢にするか否かとか毎度悩み所でもあり
質感の違いを敢えてオーバーにする事で模型的楽しさを味わっております。

いえいえ、不定期更新になってしまいますが
宜しければまたいらして下さい。

2012年03月21日 06:50
おぉ、こちらが学校の中間公演を終えた頃には
もう完成しておられましたか!完成おめでとうございます!

なんだか10周年記念の影響かわかりませんけど
限定販売でRGルージュを発売したり色違い出したり
雑誌でHG用グランドスラムを特典で付けたりと
随分SEEDの熱が上昇中ですねー。
このスカイグラスパー、キリンさんのを見て気付いたのですが
よく見ると両脇のユニットの後部がストライクの
肩の形状とよく似ていますね、これもRGの醍醐味か。
素人の自分が言うのもあれだし不確定情報ですが
デカールの上につや消しを吹くとデカールの跡が
目立ちにくくなると聞いたことあります、参考程度に。

しかし毎度丁寧な塗装でホレボレ・・・・いやん
2012年03月21日 14:30
お疲れさまでしたー

序段の、ある程度大雑把に作ってもそれなりに…
RG塗装経験者の簡単フィニッシュは説得力ありです!

塗装が苦手とかその環境にないモデラーには、作品づくりとして啓蒙的な位置付けになりそうですね。

RGとキリン師のナイスコラボ。
2012年03月21日 21:06
おおう!一部塗装とは思えない完成度!
さすがRGなのかキリンさんなのか!(両方)

しかし、ソード装備しての突撃形態は、冷静に考えるとすごいものがありますね…。
ともあれ、完成おつめでとうなのでした!
2012年03月22日 22:54
完成おめでとうございます。
僕はランチャーのゴチャつき感が好きです。
手のひら大とは思えない質感にRGのできとキリンさんの仕上げが上手くマッチしていると思います。

次回作も期待しておりますです。
2012年03月22日 23:27
>ミスターZさん
ありがとうございます。
中間公演・・・お疲れ様でございます(^^

SEEDはHDリマスターや新作GAMEなどからも
当時の熱狂ぶりが伺えますね。
10周年をスルーされた他ガンダム作品の立場は・・・

プルスチックキットとデカール、及び塗料(光沢・半光沢混在)は光の反射率がそれぞれ違うので
トップコートで全体をコーティングする事でツヤ感覚を均一にさせる意味がありますね。
RGのリアリスティックデカールはテトロンシールにメタリック印刷の混在ですが
通常のホイルシールと比較しても薄く半光沢で目立ち難いのも特徴ですね。


>ドラゴンファットさん
ありがとうございます。

粗がある所も見せておりますが、
啓蒙的・・・そういう位置付けにもなるのでしょうか?

趣味なのだから自分の好きな様に作ればいい!
が一つの答えで行ってますが、
改めて新たな製作のモチベにもなります。
2012年03月22日 23:32
>モリタケンジさん
ありがとうございます。
モリタ師に褒めらて嬉しいです。
・・・まぁRGのおかげなんでしょうけれど。

仰る通り航空機にソードってどうなのよ?
というのはありますね。
ガンダム世界では今更なんですが(笑


>82式さん
ありがとうございます。
簡単仕上げで恐縮ですがRGのディテールに助けられている面が大いにあると思います。
ランチャーは私も気に入ってます。
手の平サイズですが組み立て共に結構満足感は得られましたね。

この記事へのトラックバック