HGUC ジュアッグ(ユニコーンVer.) 素組み完成

巨大な頭部に象を想起させる意匠。
3連装ロケットランチャー及びビーム砲を装備し中距離支援機体として小隊を援護する。
多少の被弾など物ともしない分厚い装甲で覆われた異形の機体。

■HGUC 1/144 MSM‐04G「ジュアッグ(ユニコーンVer.)」素組み編、完成レビュー。
画像





組み立て自体はあっさり終っていたのですが、
色々時間がなくてようやくの記事更新。
シールはモノアイ以外は貼っていません。




SPEC(取り説より)
MSN-04G
全高:17.4m
本体重量:138.3t
全備重量:198.7t

重!!!

なお、ザクIIの場合。
全高:17.5m
本体重量:56.2t

更に手元にあったバンシィは。
全高:21.7m
本体重量:24.0t

最新鋭との差は顕著ですね(^^;
それにしても没メカがこんな形で復活してくるとはな。




全体画像
フロント
画像





リア
画像





上半身
モノアイや鼻の排熱ダクト、
胸部ビーム砲、赤色の塗り分けはホイルシールで再現。
(画像ではモノアイ以外貼っていません)
流石に腕部や脚部など合わせ目は結構残りますね。
画像





下半身
やっぱり水陸両用といったらこの蛇腹式フレーム。
画像





頭部
クリアパーツのモノアイシールド(PET)で大きなカメラを保護。
モノアイはなんと顎の下にあるスイッチをスライドさせる事で左右に可動。
象鼻はリード線を二重にして内蔵し、ちょっと隙間が気になるけど豊かな表情を作る。
画像





上半身可動範囲
黄色丸印はボール軸、他ロール軸。
胸部ロール軸は前面に可動。
画像





3連装320mmロケットランチャー
付け根はポリキャップのボール軸で砲身もそれぞれが独立可動。
サイドの塗り分けはシールで再現。
画像





樽腹の腹部は左右に動く。って動くのかよココ(笑
ささやかではあるが。
画像





下半身可動範囲
内部に仕込んでいる各ロール軸で若干の可動。
同系列(?)のカプールとかゾゴックとかそろそろ案内してもいいじゃない?
画像

モノアイがなかったら絶対ビックリドッキリメカだよな(´・ω・`
モノアイのデザインはホント凄いわー。




開脚バンザイ
画像





胸部装甲をパージすると内部フレームが存在。
画像





水中航行時
バックパックには静粛性能を重視した水中航行用の推進機関、
足裏にはスクリュー方式の推進装置を備えている。
(アクションベース2に対応)
画像

ジュアッ!(やっぱり擬音系の部類か、そうなのか?)





以下、ポージング撮影。



Lovely My Angel コアラ。
画像





格好良い画像もね。
画像





「ジオンの亡霊め!」連邦パイロット
画像





画像




ビコンッ♪
画像





オールレンジ攻撃。劇中でこれを見た時は鳥肌たったわー<違
画像





画像





「ララァ、私を導いてくれ!」<て、あんた誰!?
画像







総評:
MSN-04アッガイから設計転用されたにもかかわらず、
まったく流用箇所のない異形のMSN-04G。
HGUCとしては価格がちょっと高めですが完全新規でよく販売したものである。
(早速MSVとして展開もしているし)

組み立て自体は熟れている方なら1時間ちょっとで完成となるシンプルな構成。
初心者なら2~3時間位かと。

色分けは一部シールでの再現となりますが、
頭部の白とカーキ色の境などよく出来ていると思いました。

合わせ目など多少残りますが可動範囲はこれでもかぁ!!と云わんばかりの充実ぶり。
モノアイが可動し、象の鼻でも表情を演出。

しかし、30年ぶりの復活か・・・

格好良く作ってもいいしユルキャラとして楽しむのいい。
出自から現在に到るまでの過程、実に奥が深いMS。

敢えて申しますと。
「足なんて飾りです!」<アレ?




製作過程
→ 製作(1)

以上、HGUC「ジュアッグ(ユニコーンVer.)」でした。





HGUC 1/144 ジュアッグ(Ver.MSV)【再販】




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

タイター
2012年04月03日 23:35
ジュアッグいいですねーw
べアッガイ的な感じで作ってこのサイトのマスコット的存在にしてはいかがでしょう(笑)
まあそれは冗談として、カッコよく作ってやってください!
2012年04月04日 13:29
やっぱ可愛いですねジュアッグ
でもこれをつくた人はなんでこんな形にしたんでしょうねw
まさか敵を油断させるため…
それとオールレンジ攻撃…しりませんでした
勉強し直してきます!
2012年04月05日 00:57
>タイターさん
マスコットもアリかしら?(笑

それはさておき。
あまり根を詰める事は苦手なのですが重なっているキットも含めて塗装まで持っていきたいところですね。

そういえばバラしたままのベアッガイ…
虚ろなまなこがじっとこちらを見つめています。


>ダブルトリガーさん
確かにこんなMSが出てきたら舐めているのか?と油断もしそうですね
もっとも、近くで見たら横幅がある分威圧感は十分でしょうが。
>それとオールレンジ攻撃…しりませんでした
ここ、テストに出ます!
引っ掛からないよう気をつけましょう<オイオイ
2012年04月05日 10:02
ジュアッグ重いですなー。
ロケット砲の反動対策なんでしょうかそれとも単に装甲が厚いだけ?
カメラ目線で指ロケッツを構えると不思議な勇ましさが・・・

ところで弾切れになったらどうやって補充するんでしょうね。
お付のザクとかいるんかな。
2012年04月06日 00:07
>82式さん
>ロケット砲の反動対策なんでしょうかそれとも単に装甲が厚いだけ?
どうなんでしょう?自分もよくは解からないですが、
この世代のMSは単純に装甲を厚くしただけのような気もします。
取説とネモのビームサーベルも通さない描写からの憶測ですが。
そのジオンの安易な発想が好き。

弾切れ?漢なら拳で語る!(笑
個人的にはコックピットがどこなのか気になります。
2012年04月06日 01:32
120t級だったのね・・・・ちなみにガンダムが40t級
弾の補給は多分ない・・・はず!(ぇ
それを言い出したらガンタンクの腕やガンキャノンの大砲は
どういう仕組みになってるのやらとか物議が飛び出しそう(笑
これで残るはアッグとゾックのみか・・・・・日を拝めるかしら
今回の彼、色物だけになかなかの難敵になりますかね?
2012年04月06日 23:34
>ミスターZさん
ガンタンクが50t級、アッガイで90t。
本体と全備重量とで改めてみたけどジュアッグやっぱり重いね。

仕組みうんぬんはガンダム世界は基本フィクションですからあんまり突っ込むのも無粋な話。
それらしく説明されてるだけでOKよん。
しかし、この難敵組み立ては楽だったけどどうしましょう?

あ、それとゾックじゃなくてゾゴック、ジュアッグ、
アッグ、アッグガイで没メカ四天王でしたかな。

この記事へのトラックバック