HGUC バンシィ デストロイモード 完成

「ガンダムは 敵!!」
■HGUC 1/144 RX-0「ユニコーンガンダム2号機 バンシィ(デストロイモード)」
年明けに着手してから、ちまちまと長きに渡る製作もようやく終了。
最後は息切れしてやっつけになってしまいましたが、なんとか全塗装で完成です。
画像







バンシィは”小説版”と”アニメーション版”とでデザインやカラーが微妙に異なっておりますが、
(≪HGUC バンシィ≫は一応小説版デザインのパーツも付属)
今回はアニメーション版という括りで製作いたしました。
(ただこれを製作していた時点では参考資料が少なかったのでイメージ先行となります)




作業としては基本工作と上(アンテナ)から下(爪先)のバランスを保ちつつシャープ化。
全体的にブラッシュアップ。
コーションデカールはHGUCユニコーンガンダム等から適当に拝借。

最初はオーソドックスに作ろう―――と思っていたのですが。
のんびりしてたら発売されてから結構経ちましたので、
≪黒いユニコーン≫という基本コンセプトは抑えながらも、ちょっと趣向を変えて塗装。

というか多分。
既に多くの方が馴染みのあるカラーで作っていらっしゃると思うので、
へそ曲がりである私はサイコフレームの塗装をメタリックなゴールドにしませんでした。

金色ではなく二次元的表現のまま燃えるというか焼けるような色をグラデーションで表現。
黄昏色?(そんな色はないのだけれど・・・)
ただ、カラー選択など割りと安易かつ
少々赤みを強くし過ぎて白めのハイライトが足りなかったのが反省点。

装甲は同系色が多いので効果が薄くなるのを承知しつつも設定通り細かく塗り分けています。






全体画像
フロント
画像

紺色の装甲はディスプレイ上では再現され難いかもしれませんが紫色に振ってます。
ツノは人工的な金色でサイコフレームは発光により金に見えるという解釈で塗装。




リア
画像





画像





上半身
画像





下半身
画像





頭部正面
アンテナはシャープ化でかなり薄くしたのものの近くで見るとやはり重い。
もっと尖らせたかったのですが、事故後、落ち込んでからは妥協してしまいました。
画像





頭部横
頬当ては設定に近づける為、プラ板追加後薄く整形し直してます。
カメラセンサー類はラピーテープに変更。
首の長さを幅増しで改修。
画像





脚部
画像





アームドアーマーBS
肉抜き穴を埋め平らに整形してディテールアップ。
画像





アームドアーマーVN
こちらも合わせ目消しとパテ埋め。
画像

アームドアーマーはHGUCでは固定なままというのが寂しいのですが、
その分価格に手頃感はありますね。




背面から煽り
画像





バーニアは市販のパーツを追加して塗り分けております。
画像





一応、腰部アーマー裏も簡略したものですが追加製作。
画像





アームドアーマーを外して、小説版の方も一応製作しました。
パーツが増えたのも完成までの時間が掛かった原因ですね。
(実際には小説版のエリは金色ではなく1号機と同じデザインカラーです)
画像





画像





画像





以下適当にアクションポーズ。

画像





画像





ビームサーベルは適当にジャンク品(デルタプラスの物)から拝借。
ピンク色がキレイに光ってくれた。
画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像





最後、撮影に疲れたので小説版のポーズはこれ1枚で。
※その分サイズを普段より大きくしております。
画像







工作箇所
各装甲のエッジ出し、アンテナシャープ化。
首の延長。つま先も延長しシャープ化。
肉抜き穴を埋めたり、スジボリの追加。
装甲の裏などもディテール追加。
ビームサーベルは接続ピンを真鍮線に変更。
アームドアーマーなど後ハメ加工や合わせ目消し。

塗装レシピ
黒:ウィノーブラック
紺色1:ミッドナイトブルー+コバルトブルー+パープル(少量)+ウィノーブラック(微量)+色の源マゼンダ(少量)
紺色2:インディブルー+ミッドナイドブルー+パープル
グレー1:クールホワイト+ウィノーブラック+パープル(少量)+ミディアムブルー(微量)
グレー2:ミディアムブルー+ホワイト+クリアーレッド(微量)
金色:スターブライトゴールド
銀色:スーパーシルバー
白:つや消しホワイト
サイコフレーム:蛍光イエロー+蛍光ピンク(微量~少量)
ピンク:蛍光ピンク
トップコート:装甲はつや消し+光沢(少量)、メタリック部分は光沢、サイコフレームはつや消し



バンシィ製作過程
→ 製作(3) 製作(4) 製作(5) 製作(6) 製作(7) 製作(8)
 製作(9) 製作(10) 製作(11) 製作(12) 製作(13)



擬似的とはいえ発光している雰囲気は得られたのだが無難に金色に塗ったほうが良かったかなぁ。
と未だに答えが出ません。
これがバンシィなの?といわれると、なんか違和感もありそうだし。
労多くして功少なしか?(^^;
完成を焦った為にデカールなど失敗した部分もあるので、
次回、バンシィを作る時は注意したいと思います。<次回なんかあるのかい?(笑




以上、HGUC「ユニコーンガンダム2号機バンシィ(デストロイモード)」でした。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年05月12日 23:41
はじめまして&完成おめでとうございます!
いつも参考にさせて貰っています。
アンテナが折れた時はハラハラしましたが流石キリンさんですね
折れたことなんかわからないぐらい綺麗です。
2012年05月13日 20:18
見事な完成度でスバラシス!

デカールまみれにせず、最低限なのも良いですねー。
サイコフレームの件も、なるほど的に納得。
(劇中でも、何故「光る」のか不明とか言ってたし)

個人的には、やり過ぎ感の無いスマートさが好み過ぎです。
まずはおつかれっした!
2012年05月13日 22:34
>綾取りさん
ありがとうございます。
色々と折れたりもしましたが無事完成まで漕ぎ着けました。
まだ至らぬところが多々ありますので肩の力を抜きつつも
更なる精進に励みたいと思います。


>モリタケンジさん
ありがとうございます。
デカールはヘタに実行するとHGサイズではスケール感を乱す可能性が高まりますからね。
もっとも専用の物があれば貼っちゃっていたと思います。
カトキ風にするかどうかで好みの分かれるところですね。

サイコフレームはやっぱり悩むなぁ・・・(´・ω・`
クリアパーツのままだとおもちゃっぽいし。


>気持ち玉ありがとうございます(^^

モデラーのはしくれ
2012年06月28日 20:57
メッキ部分、サイコフレームと艶消しのメリハリが美しく、UCらしい良い作品に仕上がっていると思います。
2012年06月30日 00:20
>モデラーのはしくれさん
ありがとうございます。
今回はマットな感じに仕上げましたが、
バンシィやユニコーンはグロス仕上げも似合うと思います(^^

この記事へのトラックバック