RG ガンダムMk-II エゥーゴ仕様 素組み完成

「もっと離れていれば助かったんだぞ!!」
画像

「ぐあぁぁぁ・・・アメリア!!」
■RG 1/144 RX-178「ガンダムMk-II(エゥーゴ仕様)」
素組み編完成レビュー。




取りあえず組み立て完成です。
リアリスティックデカールなどは一切貼っておりません。
というか、最近パチ組みでお腹いっぱい。




全身画像
フロント
画像

今回は内部フレームに”アドヴァンスドMSジョイント5”を採用。
RGの特徴的なパーツ構成により色分けを再現。
成型色は基調である白も装甲毎に濃さの違う2色で配分。




リア
各関節のパイプはメッシュパイプと内部にリード線を入れて再現。
”ティターンズ仕様では紫色”で”エゥーゴ仕様では灰色”となる。
バックパックのバーニアは付け根がボール軸なので少々外れやすい。
画像





付属品
拳は可動指以外に握り拳(左右)、グリップ握り手(右)、平手(左)
1/144カミーユ・ビダン(※造型はティターンズパイロットと同じ)
ビームサーベル×2
頭部バルカン・ポッド、ハイパー・バズーカ、ビーム・ライフル、シールド
予備弾装エネルギーパックは取り外し可能
(エネルギーパックは上記写真以外にもう一個が付属します、計4個)
画像





上半身
精密さを凝縮したデザインで色分けも細かく再現。
ただし胸部カメラはフチもクリアパーツのままなので塗り分けをオススメします。
画像





下半身
デザイン通り足は大きいので自立設置性は安定しております。
画像





頭部正面
シャープ化を施さずともアンテナなど緻密な造型が良い。
スリットがあるマスクは今回予備が付属。
(破損してしまった場合でも安心?)
メインカメラなどはクリアーパーツで再現。
画像





頭部バルカンポッド装着
突起で固定されるため外れ易いという心配はありません。
画像





背面腰部
マウントラッチにハイパーバズーカを装着する事が可能。
RG「Mk-2」での新ギミック。
スライドスイッチで腰のスイングを固定出来るロック機構あり。
画像





ハイパー・バズーカ装着
またサイドスカートのラッチには予備弾装やビームライフルをマウント可能。
シールド伸縮可能。
裏には予備エネルギーパック、ミサイルランチャーを装備、
画像





コックピットハッチ開閉ギミック
内部にはリニアシートと全天周モニターを内装するイジェクションポッドを再現。
画像





可動範囲
黄色丸印はボール軸、他ロール軸。
肩は引き出し式多重関節。
画像

肩の可動は”アドヴァンスドMSジョイント4”ではボール軸だった為、
今までヘタリが問題視されていましたが今回ロール軸に変更されたので
腕を横へ広げるポーズ等が決まりやすくなりました。




腕部はヒジで約180度可動。
膝関節も約180度可動、もはや毎度の事だが正座も可能である。
大腿部装甲とスネの装甲及びアクチュエータは屈伸によってスライドするギミックがあります。
画像





”アドヴァンスドMSジョイント4”同様、股関節軸にスライド機構が備わっております。
S字立ちやダイナミックなポージングが可能。
また、ロック機構も存在。
付属のジョイントでアクションベース2に対応。
画像






開脚
ソールの設置性こそ低くなりますが、可動範囲と固定力は高い。
今まで問題視されていた腰部装甲がポロっと外れることもない。
画像





RG「ガンダム」、「ガンダムMk-2ティターンズ仕様」と並べて。
RX-78よりも若干等身が高く、骨太なフォルムとなっている。
改めて比較するとRX-78は設置性が低くく転びやすい(^^;
画像






以下、適当にアクションポーズ。
画像





画像




画像




画像





画像




画像





画像





画像







総評:
内部フレームである≪アドヴァンスドMSジョイント5≫は完成度が高く、
4までの不満点が改善され、リアルグレードブランドとして更に進化。

特徴である多色成型で完全とはいかないものの色分けを細かく再現。
リアリスティックデカールを貼る事で設定にそったカラーとなる。
1/144な為細かいパーツが多くなるが強度が図られており第一弾の頃の様なデリケートさは薄れました。

なお分割線は武器やバックパック前腕に残ります。

先に発売されたティターンズ仕様との違いは成型色やメッシュパイプの色。デカールがエゥーゴ仕様。
テスト機再現用パーツは無しとなっています。

Mk-IIは組み立て方法がこれまでのRGと違い、
先にフレームを組んでから装甲を取り付けて行くという方式が面白かったですね。

”エゥーゴ仕様”はカラーとデカールが違うだけなので、
付属品が多い分”ティターンズ仕様”の方がお得感が強いかなと思いました。





HGUC「1/144 Gディフェンサー&フライングアーマー」でスーパーガンダム再現対応。
ホビーオンラインショップにて 5/18より再販受付開始。
どうせならRGシリーズで欲しかったのだけれどね・・・
それとスーパーガンダムって変な名前(^^;


バンダイ公式ホビーオンラインショッピングサイト



以上。

RX-178「ガンダムMk-Ⅱ(エゥーゴ仕様)」素組み編レビューでした。






RG「ガンダムMk-II(エゥーゴ仕様)」製作過程
→ 製作(1)







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック