ROBOT魂 ビルバイン レビュー

「聖戦士ダンバイン」にて作品内後期より登場したオーラバトラー。
現代から異世界≪バイストンウェル≫に召喚された≪ショウ・ザマ≫の新搭乗機。
■ROBOT魂[SIDE AB]「ビルバイン」フォトレビュー。
画像





ダンバインから乗り換える事となった≪ショウ・ザマ≫の新たな搭乗機ビルバイン。

それまで昆虫を連想させる他機に比べ一変してメカニカルなデザインとなり、
ウイングキャリバーへの変形機構も兼ね備えたオーラバトラー。

ロボットアニメ作品での主役機交代劇は今でこそお約束のように繰り広げられるが、
放映当時この「ビルバイン」以降定着したヒットの法則の「礎」的メカでもある。
と考えると感慨深いものがある。

というか、もはやタイトルと違くね?<オイ(笑

所謂、大人の事情により生まれてきた新主役機「ビルバイン」。

しかし、多くのファンを獲得させるに到ったのは
初期スパロボシリーズにて「最強」だのと無類の強さを誇った事にも起因すると思う。

個人的には「ダンバイン」の方がデザインは好きなのだが・・・いやむしろサーバインをだな(^^

さて、久しぶりにROBOT魂を「オーラ力」でまるっとレビュー致します。
富野繋がりという事で。




パッケージ
画像





画像 画像





付属品
握り拳以外に武器持ち手、開き手首、ポーズ用手首
オーラソード、鞘、オーラソードライフル、ソード用刃
ハイパーオーラ斬りエフェクト、ディスプレイ用ジョイントパーツ
画像





全身画像
フロント
流麗な曲線を描きながらもマッシブなフォルムが素晴らしい。
大きさは約15cmのボリュームとなっておりかなり満足感も得られる。
画像





リア
オーラコンバータとオーラキャノンの可動は割りと自由度が高い。
そして繊細な羽根の造型が素敵であるが、ボール軸で支えてあり非常に外れ易い。
画像





上半身
胸部キャノピーはクリア素材となりコックピット内部が見えます。
画像





画像





下半身
画像





フクラハギのスラスターはスライド式で
ヒザ関節の可動範囲が広がるようになっている。
画像





ソール
有機的なディテール。
爪先の可動は掴むような動きも可能。
画像





コクピット
キャノピーを開くと座席内部ディテールを再現。
画像






可動範囲
黄色丸印はボール軸、他ロール軸
全体的によく動くのだが、肩のボール軸がゆるく外れ易い(個体差?)。
「ハイパーオーラ斬りエフェクト」パーツの重量が結構ある為、
片手で持つと出来なくはないのだがポージングがし辛いです。
また、腰の可動範囲はイマイチである。
(変形機構を備えているのでソコは仕方が無いのでしょうが)
画像





画像





開脚
画像





オーラキャノン
前方に可動。
画像





ウイングキャリバー形態
可変機構はストレスなく行うことが可能。
シンプルな構造ですしね(^^
画像





手首は取り外します。
画像





ディスプレイには別売りの魂ステージを使用。
画像







以下、適当にアクションポーズ。


オーラソードライフルを武器用手首で握るのに少々苦労。
画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像





ハイパーオーラ斬りだ!
画像







総評:
プロポーション造型は素晴らしく変形機構も備え非常に良い出来である。

可動範囲は腰と股関節部分がもう少し上を目指して欲しかったものの概ね及第点を越えています。
塗装箇所が少ない為プラスチック感が残り、
マテリアルとして質は低めですが個体差を少なくした良さがあると思います。

ボール軸で支えている羽根が外れ易いのは欠点。

付属の「ハイパーオーラ斬りエフェクトパーツ」は結構重量があり、
個体差かもしれないが片手持ちは少々辛かったです(^^;

しかし、手首パーツも豊富で派手なアクションポーズが映えるので
格好よくディスプレイして上げたくなりました。




以上、ROBOT魂[SIDE AB]『ビルバイン』レビューでした。




またまた出荷数を絞っているのだろうか?はたまた人気のせいか。
ダンバインの発売も控えてるしまだ再販の機会はありそうですが・・・。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック