HGUC ジュアッグ(ユニコーンVer.) 完成

「・・・ジオンの亡霊め・・・」
■HGUC 1/144 MSM‐04G「ジュアッグ(ユニコーンVer.)」
全塗装にて、ようやく完成いたしました。
画像





今回はディテールアップ等は控えめにしストレートに組み上げました。
一部、モノアイやバーニアのみ市販品に置き換えております。

その分、という訳ではございませんが・・・、
日頃より綺麗な塗装を心掛けていますところ、
「偶にはいいかな?」と思い汚し塗装に比重を置いてみました。
派手なハゲチョロとかはスケール感を損なう恐れがあるのであまり行わないのですが、
一年戦争時のジオン機体(不遇の)という背景もございますし。


ただまぁ・・・・・・普段やらない分、ついつい調子にのりまして・・・


やり過ぎちゃったよ!テヘペロッ☆


HGUCはびっくりどっきりで何かとあざとい感じのジュアッグですが、
やっぱりこういった表現もイイかなぁ。

指揮能力が低いがゆえ部下や仲間に先立たれ・・・死に場所を求め使い古してきた機体・・・。
という感じの脳内設定・・・<ありがち(笑)




全体画像
フロント
画像

工程は簡単に記すと。
ウェザリングはグラデーション塗装を行った後に半光沢でコートしてウォッシング→ストレーキング
→チッピング→ドライブラシって感じで汚しました。
最後につや消しで軽くコート。




リア
一部金属色でアクセントにしています。
画像





サイド
デカールは付属のシールと市販の水転写式ガンダムデカールを併用。
画像





上半身
モノアイは少し大きめに6mmサイズを使用してます。
付属のモノアイシールドはテカテカしているのが不自然に感じ今回は使用しておりません。
スモークで暗くしようかなとも考えたけど・・・
外側から指での可動し易さを優先し、まいっかと外した状態です。
画像





下半身
可愛らしい足は色々と加工してみたい所でもありますがキットのまま。
蛇腹式な可動を考慮し汚しは派手めに行っています。
画像





リア
バックパック。
画像





ダクト
お鼻のダクトは中央に2mmプラ棒を追加する形で色分けしました。
画像





俯瞰して
モノアイ可動ギミックが内蔵されており睨みが決まります。
画像





接写
頭部や肩部は溶きパテをぽんぽんして鋳造表現。
後から知ったのですがジュアッグのコックピットって頭にあったんですね。
画像





水中航行
一応、足の裏とかも塗り分けてみました。
パテで荒らして汚しも派手めに。
画像





以下、適当に。
もっとも、アクションポーズが様になるMSでもない為ほんの数枚ですが。
画像





画像





画像





「積年の恨み 思い知るがいい!!!」
画像







工作箇所
基本処理と腕部、脚部、バックパックなど合わせ目消し。
肩部後ハメ加工。
モノアイ、バーニアは市販品に交換。
装甲の一部を鋳造表現。


塗装レシピ
濃茶:マホガニー+ダークアース(微量)
薄茶:ミドルストーン+黄橙色(微量)+ダークアース(微量)
白:クールホワイト+ダークシーグレー(微量)
銀:スーパーシルバー+メタリックブラック+黒鉄色(少量)
グレー1:ファントムグレー
グレー2:ニュートラルグレー+ブラック
赤:モンザレッド+ブラック(微量)
トップコート:スーパークリアーつや消し




ジュアッグ製作過程
→ 製作(1) 製作(2) 製作(3) 製作(4) 製作(5)
 製作(6) 製作(7) 製作(8)






今回、鋳造表現は始めて行いましたが。
案ずるより産むが易し?
なんとか形にはなってはくれたかしらん。
(スケールとしてどうなの?というのはおいといて)
不満点はもう少し水濡れが乾燥した表現を向上させたいのが今後の課題。

カッコイイ系とかでないジュアッグ人気はマイノリティでしょうが、
組み立て・塗装のし易さと魅力的なキットでした。

やっぱ水泳部員はサイコーだぜ!(* ゚∀゚)=3

また作る機会があったら今度はアンテナを生やすんだ! <オイ!(笑)




以上、HGUC「ジュアッグ(ユニコーンVer.)」でした。

ジム・スナイパー2ホワイト・ディンゴ隊仕様も始まったみたいだしコレは一応予約しとこかな。






プレミアム バンダイ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2012年07月26日 00:55
完成おつめでたく!

いやもう、本気で素敵過ぎるウェザリング!
頭の後ろ辺りの禿げ部位の感じとか、好み過ぎてじっくり見ちゃいましたよー?

これは、同じ残党軍のザクスナイパーもがんばらないとイカンですな!
2012年07月26日 23:19
>モリタケンジさん
クリリンの事かぁぁーー!!(ハゲ違い)

すみません冗談はおいといて・・・。
まだまだお恥ずかしい出来ですが、お褒めの言葉ありがとうございます。
ウェザリングは少々やりすぎたかもしれませんが、
チャレンジ精神でテンションを上げながら行いました。

ザクスナイパーも着実に進んでらっしゃるようで完成を楽しみにしております。
連邦に一泡吹かせてやりましょう(笑
82式
2012年07月27日 14:38
お疲れ様でした。

お肌の荒れ具合といいほどよいウェザリングといいたまらんです。
金属色も良いアクセントになってます。

やり過ぎてしまう自分としてはお手本にさせて頂きます。
2012年07月28日 05:47
ジュアッグたん完成おめでとうございます!
これが初めての試みでできたキットとは思えん・・・さすがでごわす
質素すぎる自分にはいい刺激になりそうです、ほんとに。

あぁアムロ・・・良い時が見える(成功祈願)
2012年07月28日 22:55
>82式さん
ありがとうございます。

汚し加減って難しいですね。
何処まですればいいのか今後の課題も合わせ、
思うように行かなかったりと自分の経験不足を感じました。
まずは一歩という事で。

いやーホント夜更かしばかりするからお肌も荒れちゃって(笑)


>ミスターZさん
ありがとうございます。
豪華な(?)汚しですがツールや塗料など
有り合わせ物で作ったので出費自体は少ないです。

鋳造肌も使い所は限られるものの
これで製作加工の引き出しが少し増えました。

この記事へのトラックバック