HG ガンダムAGE-FX 素組み完成

「じいちゃん!!火星圏の人たちだって苦しんでいるんだ!
だから戦争なんて やめようよ!」

「お前・・・奴らに何を吹き込まれた!?」
■HG 1/144 「ガンダムAGE‐FX」
素組み編完成レビュー。
画像





フリット・アスノの孫、キオ・アスノが搭乗する最終機体「ガンダムAGE-FX」。

FXとは”Follow X-rounder”という意味である。
Cファンネルはそれ自体が敵に突撃してダメージを与える他、
ビームなどを弾く盾としても使用可能。
無線誘導兵装はヴェイガン製のXラウンダー用の装備である”ビット”の有用性を
AGEシステムが認めたからであるとも言われている。
コックピットはコアファイターとして分離が可能となり、
貴重なパイロットの生存性を高める配慮がなさている。





全身画像
フロント
画像

今まであまり見かけなかったトリコロールを廃止した主人公機体であり、
シンプルな設計により色分けもほぼ完璧に再現。
分割線も頭部以外に目立たないという優れたキットとなりました。
フォルム自体はスマートなものとなっている。




リア
画像





付属品
握り手首以外に武器持ち手(左右)、平手(左)
ファンネル小×8、ファンネル大×6
スタングルライフル(ダイダルバズーカ)
差し替えパーツによりバズーカモードに可能。
専用ディスプレイステージ
画像




誘導兵器のファンネルが近接戦闘も可能としている為、
攻撃方法こそ多彩であるが武装はファンネル、ライフル(バズーカは差し替え)のみと案外シンプル。




台座の裏には予備手首と股間にあるアクションベースに接続しない時のフタを収納可能
何気に嬉しい配慮です。
画像





Cファンネル装備
フロント
全身に装備をするとかなり”もっさり”とし始めるFX。
ファンネルの色分けがシール対応なのは残念な所ですね
画像





懸念していたファンネルのポロリに関して最低限を保っており、
ちょっと触ったくらいで落ちる事はありませんでした。
個人的には肩に下がるファンネル(大)と肩甲付近が緩い印象です。
何回も抜き差しを行うと多少緩くなってくる恐れはありそうですが。




リア
画像





上半身
メインカメラセンサー類はシール対応となります。
今回は目元のみ貼り付けました。
胸部クリアーパーツはエメラルドグリーンの色をシールで再現。
画像

しかし・・・リアカメラをトサカで塞いでいるのって不思議・・・(´Д`;)




下半身
腰部リアアーマーとフクラハギの装甲裏には細かいディテールが施されておりました。
またフクラハギにスラスターを内蔵。
画像





頭部正面
AGEシリーズの印象を残しながらもどの機体とも違うマスクとなるFX。
胸部にコアファイターを内蔵している為、
ボール軸との接続口が浅く頭部が外れ易いのが欠点です。
画像





背面
コアファイターは差込式で合体&分離を再現。
台座でのディスプレイも可能。
画像





可動範囲
黄色丸印はボール軸、他ロール軸。
AGE-1同様(2と3は作っていないので)の可動範囲を得ており、
様々なポーズに対応。
画像





ヒジ関節は約140度程可動。
腕部の青い装甲はAGEシリーズ同様に取り外して向きを変える事も可能。
画像





開脚範囲
変態可動健在。
画像







以下、適当に。




専用台座を使用する事でファンネルを配置した派手なポージングが決まりやすくなっています。
画像





「Cファンネル展開!」
画像





ダイダルバズーカ装備
パーツの差し替えによりバズーカモードに変更可能。
画像





スタングルライフルは先端が可動式でチャージモード展開。
フォアグリップを握り両手持ちも可能。
画像





シールド展開
専用台座の内側にファンネルを取り付けて。
画像

※折角の専用台座へのファンネル接続は保持力が弱めでした。
個体差はありそうですが少し揺らすとポロポロと落ちてしまいます。




また、Cファンネルは”全身に接続口があり”、
接続軸は大小同一な為取り付け位置を様々な場所に変更可能。
誘導兵器としてだけでなく多彩な攻撃が行う。




腕にトンファーとして装備したり背面に集中させたり。
画像





更に脚部にも接続可能。
画像





もう何がなにやら・・・(笑)
画像





なにはともあれファンネルは外していた方が個人的に様になっていると思うガンダムAGE-FX。
専用ディスプレイは軸の太さが同じなので「アクションベース2」との連携も可能です。
画像





「じいちゃん・・・
確かにヴェイガンは大切なものを奪った敵かもしれない」

「だけど僕には聞えるんだ。
火星圏で苦しんでいる人たちの叫びが」

「だから僕は・・・」
画像

「ガンダム。僕に力を貸してくれるよね」





総評:
プロポーション、ディテール、色分け、可動範囲、単体でのプレイバリューの多さ及び
組み立てやすさと非常に良く出来たキットだと思います。

ファンネルの色分けがシール対応なのはもう少しなんとかして欲しかった所ですが、
懸念された機体とファンネルの接続保持力は必要十分なものでした。
但し、プラスチック同士の摩擦ではめ込んでいる為、
何回も取り外しを行っていると多少緩くなっていく可能性はあります。
逆に折角のディスプレイスタンドへの接続は少々不安定な所がありました。

それにしても、想像以上にディスプレイをしての見栄えが良くなりますので、
これはダブルオークアンタにも付属して欲しかったパーツですね!(^^)

塗装を行う場合も合わせ目消しや加工をする箇所がほぼ無い為、
初心者でも割りと作りやすい塗りやすそうな設計なのは凄いです。
つい、構えてしまいますがAGEキットって出来が良くて・・・。




以上、

HG「ガンダムAGE-FX」素組みレビュー

でした。


製作過程
→ 製作(1)









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年08月26日 23:01
素組みお疲れ様です。
近年はトリコロールでない主役機が増えつつありますね。
AGE-3フォートレスより先だって発売されたのは
やはりシンプルゆえ?前回も同じコメントしましたがやはりシンプルなAGE。
秋にはレギルスとフォートレスのHGが発売され、
更にはRGZガンダムやKaVerのνガンダムなど豊富なラインナップ。
なんだか開発部が過労死しそうな勢いで怖い怖い(笑

君は生き残ることができるか?
2012年08月28日 00:06
>ミスターZさん
コメントありがとうございます。
AGEはそれぞれ初代、Z、ZZ、ν辺りを意識したデザインという感じで、
よりシンプルになっているのは大人の事情でしょうか?
いまいち活躍の場がなかったフォートレスも無事発売されるのは良かったですね。

>なんだか開発部が過労死しそうな勢いで怖い怖い(笑
君は生き残ることができるか?

ははは(笑)
取り合えずラインナップの中じゃ
RG Zが変形するのかしないのか私気になります!

この記事へのトラックバック