RG ジャスティスガンダム 素組み完成

「やめろ!お前の力はただ戦場を混乱させるだけだ!」
■RG 1/144 ZGMF-X09A「ジャスティスガンダム」素組み製作終了です。
画像





ZGMF-X09A ジャスティスガンダム
ザフトが開発した超高性能MS。
ニュートロンジャマーキャンセラーによる核エンジンを搭載し、
弾薬や推進剤などの消耗品以外、すなわちPS装甲やビーム兵器の稼動は事実上無制限となった。
また背部に装備する「ファトゥム‐00」との分離、
合体を絡めた連携によって驚異的な空間戦闘能力を発揮する。
総合火力においてはフリーダムに一歩譲るものの
単機のMSとしての機動性は縦横無尽を越えて幻惑的とも評されるほどであり、
C.E.71年の時点で間違いなく最強の機動兵器である。




全身画像

フロント
画像





リア
画像





付属品
1/144アスラン・ザラ、シールド、ルプス・ビームライフル
ビームサーベルクリアパーツ×2、バッセルビームブーメラン用エフェクト×2
握り拳、可動指、ライフル持ち手、平手(右)
アクションベース2用ジョイントパーツ、ポールジョイント、ファトゥム展開用ジョイントパーツ
画像





上半身
全体的に造型色分けと申し分ない出来のジャスティスですが、
シールドの接続に難点があると感じました。
フリーダムに比べて、接続穴が広く設定されており直ぐポロリと落ちます。
画像





下半身
可動&設置性も安定しておりナイスです。
画像





頭部正面
MMI-GAU1 サジットゥス・20mm近接防御用機関砲
画像





腰部
MA-M01ラケルタ・ビームサーベル
サイドアーマーへのマウントはカバーでロックする事が今回から可能となった。
画像





背面
「ファトゥム‐00」
ジャスティス最大の特徴であるサブフライトユニット。
大気圏内外で稼動でき、通常は機体に沿う形で背面のメインスラスターとして機能。
ユニット自体が着脱可能で分離したユニット上面にMSが騎乗して立体的な高機動戦闘を展開できる。
ちなみに「ファトゥム」とはラテン語で「運命」を意味する。
画像

※フットレストは展開可能なのだが右手側がポロポロと取れ易くかったです。
ただし、左手側は大丈夫なので個体差かと思います。
対処方として瞬間接着剤を軽く軸に点付けし圧力を加える事で修復しました。




メインエンジンブロックはスライド式で左右に展開可能。
画像





ノズル部分はボール軸。
画像





GAU5 フォルクス・機関砲
状況に応じて炸裂弾から徹甲弾に変更することが出来る実体弾による機関砲。
「フォルクス」とはラテン語で「鳥」という意味
画像





M9M9 ケルフス・旋回砲塔機関砲
360度方向を攻撃可能な実弾砲塔。
「ケルフス」とはラテン語で「鹿」を意味する。
画像





MA-4B フルティス・ビーム砲
ジャスティスメインウェポンの一つでもある速射型のビームキャノン。
「フォルティス」とはラテン語で「強い力」を意味し、
ファトゥム‐00分離時には重要な主兵装となる。
画像

しかし、なぜラテン語?




機体底面
ディスプレイにはアクションベース2用の”ジョイントパーツ”を使用。
ウイングを展開時の横幅は約30cmに及ぶ。デカイです。
画像





「ファトゥム‐00」展開時には付属の”ジョイントパーツ”で固定可能。
画像ではディスプレイ用アクションベース2を使用しているが、
付属の”ポールジョイント”で支える事も可能です。
画像





「MA-M20ルプス・ビームライフル」をリアアーマーにマウント可。
ソールにはファトゥム騎乗時に固定用の穴があります。
画像





フリーダムと同じく胸部にコックピットがありハッチ開閉ギミックあり。
画像





可動範囲
黄色丸印はボール軸、他ロール軸。
肩のボール軸は横への可動時などに重いシールドを装備しているとヘタッてしまいます。
これはフリーダムガンダム共通の難点。
画像





腕部はヒジで約180度可動し、肩は引き出し式多重関節。
膝関節も約180度可動、もはや毎度の事だが正座や胡坐を組む事も可能(笑)
ヒジ・大腿部にはスライドギミック内蔵。
画像




また、股関節軸にスライド機構が備わっております。
S字立ちやダイナミックなポージングが可能でありロック機構も存在。
付属のジョイントでアクションベース2に対応。




開脚
変態可動(褒め言葉)
画像





以下、適当に。




「もうやめろ!」
画像





画像






今回初の実現化したギミック。
両肩の「RQM51 バッセルビームブーメラン」を装備して。
画像





画像





サーベルグリップの突起で固定しポロリ率は低下。
画像





アンビデクストラス・ハルバード
2本のユニットを連結して使用も可能。
画像





「ファトゥム‐00」に騎乗して。
靴底にロック機構があるので一応逆さまにしても落ちませんでした(^^
画像





画像





画像





平手用手首(右)が付属しており、
大気圏脱出時のフリーダムガンダムと手を繋ぐシーンも再現。
画像

※但し非常に手首が外れ易かったので個体差かもしれませんが、
瞬間接着剤で軽く軸を太らせる事で対処しました。


(ちなみに構図上、左右の手首はフリーダムと交換して撮影してます)
フリーダムのカラーがオリジナルカラーなんで違和感丸出しですみません(´Д`;




「殺されたから殺して・・・殺したから殺されて
それで本当に最後は平和になるのか!?」

(ホントはカガリの台詞だがw)
画像







総評:
RGシリーズ第9弾として、特有の精密なディテールや色分けを再現。
劇中の様々なギミック、バッセルビームブーメラン等も再現した初のキット。
パーツ数もRX-78の頃と比較すると控えめな為、組み立てだけなら4~5時間位でした。

両方製作された方ならお分かりになると思いますが、
先行したフリーダムガンダム同様内部フレームにはMSジョイント4を使用し
「お、こんな風に活用してるのか!?」と思わず膝を打ちながら製作しました。

反面、アドヴァンスドMSジョイント4の欠点も受け継いでおり、
肩軸の可動に難点が残っております。

個体差もあるかもしれませんがシールドや手首など一部外れ易い所が存在したのも残念。
(一応、上記に対処方法の一例を載せておきました)

兎に角背中が重めのジャスティスガンダム。
シンプルですがポールジョイントなど固定用のパーツが色々付属しているので
一応アクションベースが無くてもディスプレイ可能なのは地味に嬉しい計らい。

フリーダムよりも骨太なフォルムながらも、
エッジが効いたデザインで思いのほか格好よく仕上がっているジャスティスガンダム。
やはりディテールは好みが分かれる所でしょうが、
ファトゥム‐00を含んだボリュームで価格据え置きなのは素直に嬉しい所です。






以上、

RG「ジャスティスガンダム」素組みレビュー

でした。


さて。
この後に続く、RG第10弾(は何かな?w)でどのように進化していくのか楽しみです。
そろそろ価格が心配になってきたのだが・・・(≡ω≡;


製作過程
→ 製作(1) 製作(2)





ホビーオンラインショップ

RG 1/144 ZGMF-X09A ジャスティスガンダム ディアクティブモード



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

カニマスク
2012年08月08日 22:24
レビューご苦労様です。他の記事もそうですが、画像が鮮明なので各所のディテールが良くわかりますね。
RGは初代ガンダムしか組んでないのですが、ジャスティスのほうがパーツ数ひかえめとは意外です。
2012年08月09日 22:22
>カニマスクさん
コメントありがとうございます。
RGのパーツ数は初代ガンダムが若干多い程度(確か)ですが、
パーツの大きさというか細かさで初代の方が組み難かった印象です。
あくまで個人的にですが、ボリュームはジャスティスが圧倒的ですね。

画像サイズもあまりサイトを重くしすぎない程度を心掛けている分、
のんびり更新なのはお許し下さい。


>ぴんくねこさん
気持ち玉ありがとうございます(^^)
ぽんた
2015年02月11日 13:02
ボール軸とかにプラモ用のセメント塗ればへたり対策になりますかね?
へたってきたらどうしてますか??
2015年02月12日 00:09
>ぽんたさん
コメントありがとうございます。
ヘタリ対策は箇所や材質形状によって様々なので一括りで答えるには難しい所ですね。
私の場合、アロンアルファ(ゼリー状瞬間接着材)をちょっとだけ付けて厚みを設け摩擦力を高めています。
乾燥しない内に嵌めたりすると関節がくっついてしまうので注意です。
それとプラモ用セメントは接着する事に使用する物で、
プラスチックを溶かす液が含まれてるので上記のような用途で使っては駄目です。
また経年劣化はいつかは起こる物なのである程度は仕方ないと覚悟しております。
ぽんた
2015年02月12日 06:41
アロンアルファでいいんですね。
ありがとございました!
RGはとくに関節がゆるいですよね。。
2015年02月12日 23:55
>ぽんたさん
一応、追記させて頂きますが木工用ボンドでも可です。
乾燥に時間が掛かるのと剥がれ易いのが欠点となるものの、
水溶き出来るので安全面において上記より初心者に優しいです。
RGは小さい割に可動箇所や情報量が多いので、
強度方面には弱い印象ですね。

この記事へのトラックバック