HGUC ベースジャバー(ユニコーンVer.) 完成

「Approaching Base Jabber, descend to regulation altitude.
We'll guide you into final approach course.」

「――――Now commencing mission. Detaching suit... and deploying!」
「・・・Mission? What mission?!」
「Hey! Approaching Base Jabber! Follow our control instructions!! I repeat,・・・」

■HGUC 1/144 「ベースジャバー(ユニコーンVer.)」E.F.S.F. SUB FLIGHT SYSTEM
製作完了!
画像





ようやく完成ですYO!
なんとか8月中に完成・・・

って更新が微妙に9月になってしまいましたスミマセン。
いやまぁ、ベースジャバーはマイノリティなんで待ってらっしゃる方もいないか・・・なげやり(汗)
というかやっぱり夏場の塗装は地獄だ・・・
気温や湿度に悩まされ、塗装面が荒れるは荒れるで。
修正を行いながらなんとか完成まで漕ぎ着けました。

さて、メインのMSではなく所謂サブメカのS.F.S。
とはいえ、手抜き作業はせず基本作業を丁寧に行いました!
完璧を目指すならもっとやらなければならない所はあるのですが、
この手のものは質より量でなんぼかいな?という気も致しますので。
それでも一応最低限の所を行った。という所で勘弁してください。<何と戦っているんがお前は

工程としては合わせ目を消し、色分けによる情報量の増加を狙っています。
最初からHGらしからぬ緻密なディテールが施されていますので、
好みはそれぞれではございますが特に手を加えることなく
ウェザリングも大して行わず適度にデカールを貼っての仕上げです。




では、全体画像
画像



基本塗装は結局青系でまとめております。
映像を確認するとロンドベル仕様のSFS(青系)とジンネマンのSFS(微妙にグレーより)及びジオン仕様(緑)は
ぞれぞれカラーが変わっているので迷う所なのですが、
今回はロンドベル仕様をイメージして塗装。
また、好みで明度を上げコーションデカール等は前述したガンダムデカールDX02をちょっとだけ使用しました。
他にも色々なものも適宜使用。




画像





一応なのですがフットレストなんかは
塗装後も干渉しそうなところを最後までデザインナイフでカンナ掛けをしながらクリアランスの確保。
画像





機体上面
画像





機体底面
この辺はウェザリングを入れても良いのでしょうが、
うまくアイデアも浮かばず暑い中モチベを維持するのもやっとだったので簡素に。
画像





コックピット
下部の肉抜き穴はパテ埋めしております。
画像





適当に部隊マークを貼って。
また主翼やサイドの分割線は消しています。
今更ですがインテークは薄々攻撃を施しても良かったかなとも思う。
画像





機体下部
画像

メガ粒子砲のセンサーにはラピーテープで対処。
また全体的に寒色系でまとめている為、
カラーバランスを考慮しアクセントにイエローラインを入れてみました。
所々質感を現しやすいシルバーを入れているのも同じ理由。
情報密度を高める狙いもあります。




ランディングギア
この辺も丁寧に塗り分けを行いました。
画像





画像





機体後部ノズル
画像





フットレストは本当は裏打ちを行った方がいいかな?とも思ったのですが・・・妥協。
その分ベタ塗装は行っていません・・・でも判り難いですね(^^;
画像





もう一個購入していましたベースジャバーもパチ組みして並べてみました。
元から出来が良いので大きく手を加えることもなく、
地味ながらも丁寧な工作を心掛けて仕上げてみましたが、いかがだったでしょうか。
画像





最後にバンシィを乗せてパシャリ!
画像

ジェスタの塗装はまだでしたので(´ω`;)






工作箇所
合わせ目消し、及び後ハメ加工。
肉抜き穴のパテ埋め。


塗装レシピ
白:クールホワイト+ニュートラルグレー(極微量)
グレー:ニュートラルグレー+ブラック(少量)+ダークアース(微量)
青1:ミディアムブルー+ネービブルー+インディブルー
青2:クールホワイト+ミディアムブルー+エアスペリオリティブルー
銀1:シルバー+黒鉄色
銀2:ウィノーブラック → スーパーシルバー
イエロー:シルバー → クリアーイエロー+クリアーオレンジ
トップコート:スーパークリアーつや消し+スーパークリアー3光沢(少量)






以上、HGUC「ベースジャバー(ユニコーンVer.)」でした。



ベースジャバー製作過程
→ 製作(1) 製作(2) 製作(3) 製作(4) 製作(5)



今回は工程も少なかったし、どうせなら2個一緒に作ったほうが効率は良かったんじゃないか?
と思う今日この頃でした。
次は何にしよう・・・








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント

2012年09月03日 01:36
塗装品完成おめでとうございます!
素組みと塗装品の差がすごいことに・・・・
シンプルイズベストという言葉があるくらいですし
ストレートに作り上げるのもまた1つかと思いますよ。
なんか今度ジオン残党仕様のベースジャバーが予約販売されるとか
聞いたのですが・・・・個人的にはZ仕様が欲しいかなと(笑
この調子でド・ダイ改もでてくれたらいいですよね~(・ω・;
2012年09月04日 00:38
>ミスターZさん
ありがとうございます。
引き出しがまだまだ少ないので質感には拘りつつもオーソドックスな塗装で恐縮です。
カラー違いのジオン仕様もそうですがランナーにスイッチもありましたので、
Z仕様も何らかの形で出そうではありますね(^^)

ド・ダイ改とは・・・
またまたミスターZ氏のチョイスは渋いなぁ(笑)

この記事へのトラックバック