MG 小説版 バンシィ Ver.Ka 最終決戦仕様 素組みレビュー

「さあ、帰ろう。バナージ!」
■1/100 RX-0「小説版 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ Ver.Ka 最終決戦仕様」
素組み製作完成レビュー。
画像







取り合えず組み立て終りました(^^
流石にMGの中でも大型キットなだけにサイズは全高約22cmほどあって迫力があります。
個人的にプロポーションバランスには一言申したい所もありますが
やっぱりカッコイイね~ユニコーンは。




まずはユニコーンモードから。


全身画像
フロント
画像





画像





リア
画像





付属品
ビームマグナム、エネルギーパック×2、ハイパーバズーカ、
シールド、サーベルエフェクト×2、アンテナ2種類、
パイロットフィギュア、アクションベース用ジョイントパーツ。
それと余剰パーツですがアニメ版の襟元。
画像





上半身
画像





下半身
画像





頭部アップ
画像





ビームマグナムのエネルギーパックは取り外し可能。
画像





バックパックにビームマグナムをマウント。
エネルギーパックは腰部に装備可能。
画像





同様にハイパーバズーカもマウント可能。
バズーカのカートリッジも取り外す事が出来ます。
またビームマグナムは腕部に装備可能。
画像





シールドを背負ってみて。
画像





コックピットハッチ開閉ギミック。
搭乗しているパイロットはパッと見変わらんけど一応マリーダじゃなくリディって事でいいのかな?
画像





可動範囲
黄色丸印ボール軸、赤角印ロール軸。
画像





変形ギミックに主軸を置いてある為か可動範囲は狭いですね。
足首に至っては可動軸は多いのだが殆んど動きません。
これでも膝関節は初期MGユニコーンのモノよりも改良されたようです。
画像





開脚
画像





そして、デストロイモード展開


全身画像
フロント
画像





画像





リア
画像





上半身
画像





下半身
画像





頭部アップ
デュアルアイセンサー(目元)はグレーパーツのままだと寂しいので
付属のシールを貼っています。
画像





両腕のビームサーベルは回転してビームトンファーとして展開可能。
画像





俯瞰
画像





以下、適当に。


画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像







キット自体は2007年に発売されたMGユニコーンガンダムのバリエーションですが、
当時斬新的なデザインと技術を取り入れており今でも古さを感じさせない作りなのは嬉しいですね。
まぁバリエが多い分、人によっては作り過ぎてて食傷気味な方も多そうですが(^^;

変形ギミックに主軸を置いている為、可動範囲アクション性がやや低く、
腕部、膝の装甲などカッチリとロックされない部分があるので、
ポージングなど触ってる最中に形状が崩れてしまうのがこのキットの共通して惜しい点。
しかしこの変形機構を良く再現しているなぁとマイナス面を補い感心させられます。

成型色は再現度も高く機体カラーが黒いのでサイコフレームの色はあまり目立たないものの、
光の拾い具合によって十分綺麗な輝きを放っておりますね。

それにしてもヒケもあちこちに見られので処理や工程を考えると・・・大変そうだなぁ(^^;





以上、MG「小説版 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ 最終決戦仕様」素組みレビューでした。



製作過程
→ 製作(1) 製作(2)



バンシィは完成品であるGFFメタルコンポジットでも発売決定のようですね。



バンダイホビーオンラインショップ

MG 1/100 小説版ユニコーンガンダム2号機バンシィVer.Ka 最終決戦仕様 【再販】


Amazon




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック