MG RX-78-2 ガンダム Ver.3.0 レビュー

「ガンダム!アムロ、行きまーす!!」
■MG 1/100 RX-78-2「ガンダムVer.3.0」素組み編製作完成です。
画像







MG ガンダムVer.3.0組み立て終わりました。
リアリスティックデカールなどは貼っておりませんが(^^;


ノーマル状態の画像などは前回の記事と合わせてご参照下さい。
→ ガンダムVer.3.0 製作(2)簡易レビュー




武器を装備しての全身画像。


フロント
画像


お台場ガンダムを元にデザインされたMGガンダムVer.3.0の今回、
独特のパネルラインを再現するため新規で成型された本体です。

一方、付属の武装に関しては従来のパーツ流用となりますが、
ビームライフル、ハイパーバズーカ、ビームサーベル等、武装のグリップ部分は
エモーションマニピュレータSPに対応となり保持力が強化された物に変更されています。




リア
画像





俯瞰
画像





付属品
ビームライフル、ハイパーバズーカ、シールド、
1/100アムロフィギュア、ビームサーベル(サーベルエフェクト×2)、
アクションベース2対応ジョイントパーツ
画像





シールド裏
ビームライフルを収納可能。
グリップのスライド、窓の開閉ギミックあり。
画像





コア・ファイター
フロント
ランディングギアはクリアーパーツとなる。
画像





リア
画像





コックピットハッチ展開
コア・ブロック変形時、座席は回転させられます。
画像





コア・ブロック状態&専用コアブロック
コア・ファイターはコア・ブロックへ変形可能。
専用LEDユニットを収納する場合は専用コアブロックにのみ対応。
画像





腰部コア・ブロックシステム。
Aパーツ、Bパーツのドッキングは結構しっかりと保持されています。
フロントスカートは問題ないですがリアスカートが若干ぷらぷらしていて不安定な感じです。
画像





ランドセル
バーニア内はクリアーパーツです。
ランドセルカバーは展開するギミックがある。
画像





ランドセルと腰部にある武装の接続口は回転式で平時は隠す事が出来る。
指だと少々動かし難いので綿棒やツマヨウジ等で押し出してあげると良いかも。
画像





可動
肩軸は引き出し式の関節となり広い可動範囲を再現していますね。
肩部装甲は気をつけていれば問題ないが可動時に干渉すると外れやすいのが難点です。
画像





腰部中央には耐熱フィールド展開用の可動ギミックあり。
それと今回新たに採用されたムーバブルアーマーシステムは上腕と大腿部に存在します。
フレームの動きと連動し装甲が内部プレートと外装の二段構えで可動するギミック。
ポージング後のフォルムでもより自然なラインを保っていますね。
画像





靴底ディテール
可動箇所も多く様々なポーズに対応。
画像





関節部(肘、膝、踝)
メカニカルなディテールを再現したマルイチモールドは
通常版とマグネットコーティングバージョンとを選択式で変更可能。
画像







では以下、適当に。




「落ちろ!」
画像





画像





「そこっ!!」
画像





「ちぃっ!!」
画像





画像





「シャア、覚悟!!」
画像





画像





画像





画像





画像





画像





「貴様だってニュータイプだろうに!!」
画像





画像







新たな技術とリアルテイストが加味された今回のMGガンダムVer.3.0。
プロポーション、ディテール、色分け、可動性と全てが安定した品質を維持しており
非常に素晴らしい完成度である。

数々のギミックが搭載されている為パーツ数量も非常に多く組み立てには時間が掛かります。
しかし、ある程度ガンプラを作ってきた者からすると1/144のRGと比べて
難しいところはなく取り扱いはかなり楽だと思います。

難点を挙げるとしたら動かした際の肩の装甲が外れ易いという点がありますが
評価を下げる程でもなく、むしろ黒縁のアイラインのみでツインアイのデカールが無かった所に疑問を感じます。
コア・ブロックシステムを搭載している腰まわりにはどうしても懸念が残りますが
可動範囲及び接続の安定性は十分ですね。

完成度としては文句なしの出来栄えとなる今回のガンダム。
ただやはりRGの後追い的な発表となり流用パーツも多くいまいちサプライズ感がないのは残念に感じました。
注目すべきは違和感のあったスライドギミックがサイズの大きさを利点とし、
考証によりムーバブルアーマーシステムとして新たに採用されたのが特徴でしょう。
1/144RGではパーツの外れ易さ、破損の恐れと安定性に欠ける点も多かったので、
そこが改善された1/100お台場ガンダムを待っていた人には嬉しいラインナップです。





以上、MG「ガンダムVer.3.0」素組みレビューでした。


製作過程
→ 製作(1) 製作(2)






MG 1/100 RX-78-2ガンダムVer.3.0用 拡張セット 【2次受付:2013年9月発送】



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年08月12日 22:47
早い、早いよ!キリンさん!(挨拶)

って、もう作ったんですか…!
確かに、大きくしたRG…というよりも、あちらが無理に小さくし過ぎたというか、スケール感としとはこちらのほうが自然な印象…?

しかし、完全新規かと思いきや、2.0の流用パーツもあったんですね。

実質的には2.8くらい?(笑)
2013年08月14日 00:28
>モリタケンジさん
悲しいけどこれ戦争なのよね(挨拶)

コメントありがとうございます。
小さいとちょっと煩く感じるディテールも1/100だと大分馴染みますね。
パーツ紛失に悩まなくていいし(^^;

2.8くらいですか~確かに(笑)
2.0が良く出来ていた証明でもありますがダイバーシティにある1/1立像のMG化っぽいので
デザインに変更のない武装はそのままという事かしらん?
RGがピーキーな仕様のインパクトだった事で身構えた分ちょい肩透かしな感じです。

この記事へのトラックバック