HGUC ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード) 素組みレビュー

「行け!フェネクス。相手は生きた標的だ。
バンシィの分も食い尽くして、ビスト財団の鼻をあかしてやれ」

■HGUC 1/144 RX-0「ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード) Ver.GFT」
素組みレビュー。
画像







白い1号機、黒い2号機の建造データを反映して組み上げられた3号機。
その出自には地球連邦軍参謀の思惑が深く作用している。
背面部に装備したアームドアーマーDE2基を展開する事で、
両翼を想起させる人型のシルエットは青いサイコフレームの輝きと共に
不死鳥をモチーフとしたガンダムが姿を現す。






全身画像
フロント
ユニコーンガンダムのバリエーション機体となるフェネクス。
機体色を変更するだけでかなり印象が変わっていますね。
ただメタリック調のパーツとなる為ウェルドラインが多少目立ってしまっているのと、
キットは金色を想定した成型色となるものの黄色味が強く個人的には微妙な感じです。
塗装が前提となりますね。
画像





画像





リア
一応設置性は悪くないのですが、
アームドアーマーDEの取って付けた感が強く背中が重いです(^^;
画像





画像





付属品
シールド、武器持ち手、シールドジョイントパーツ。
それと上記画像で持っていたビームライフル。
というシンプルな構成。
画像





上半身
ブレードアンテナのフラッグは敢えてキットのまま、
ツインアイだけ付属シールを貼っております。
画像





下半身
画像





頭部正面アップ
画像





可動範囲
既存のHGUCユニコーンガンダム同様の可動域。
また背面アーマーの軸部分は回転軸がある位でほとんど可動致しません。
もう少しフレキシブルに動くとポージングも決まるのですが。
画像





漫画版ガンダムUCバンデシネから登場した武装となる、
背中に装備し羽の様に対となる≪アームド・アーマーDE≫。

≪バンシィ・ノルン≫も装備していたアームド・アーマーDEを展開状態でバックパックに固定した物となります。

盾として装備する事も出来るだろうと両手に装備させてみました。
ただしキットで推奨されている行為ではないので、
腕部へのジョイントパーツとポリパーツが片手分しかなく、
他のユニコーンキット等から拝借しています。




フロント
画像





リア
画像







では以下、適当に。






画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像







ガンダムUC MSVからGFTにて販売されているHGUC「ユニコーンガンダム3号機フェネクス」。
付属武装は少ないですが元がユニコーンガンダムとして良く出来たキットなので、
作りやすくプロポーションも十分に再現。

ただメタリック系の成型色はどうしてもウェルドラインが目立ち易いのと、
金色というより黄色味が強く安っぽさが際立つのはいまいちな印象です。
(昨今は大分優秀になってきておりますが)
最近発売されたRG「ストライクフリーダムガンダム」の金色の関節色と同じですが、
こちらは全身が黄色なので余計目立っている感じがします。
成型色のままだと個人的には微妙な感じなので塗装するのが良さそうです。
青色のサイコフレームに関してはクリアー素材が綺麗で、
ユニコーンガンダムとはまた違った雰囲気がありました。

塗装をするなら価格の安い仕様のこちらで十分ではありますが、
遊びに行った時期にメッキ版が売っていたらそっちを買っていたかも。
価格は高いですしゲート跡は残っちゃうだろうけれど(^^;





製作過程
→ 製作(1)



以上、
HGUC「ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード) Ver.GFT」でした。

時間が出来たら塗装したいが(遠い目)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック