HG 高機動型ザク ”サイコ・ザク” (ガンダム サンダーボルト版) 素組みレビュー

「俺の義足を笑ったな・・・ダリル・ローレンツ曹長だ。
おまえをいつも狙っているぞ!」

■HG 1/144 MS-06R「高機動型ザク ”サイコ・ザク”(ガンダム サンダーボルト版)」
素組みレビュー。
画像






正式名称「リユース・P(サイコ)・デバイス装備高機動型ザク」通称”サイコ・ザク”。
≪リビングデッド師団≫で運用がされ≪ダリル・ローレンツ少尉(曹長から2階級特進)≫が搭乗する事となる。

圧倒的なボリューム感のサイコ・ザク。
武装を作るだけで大変でした。数あり過ぎです(笑)
取り敢えずモノアイシールのみを貼ったパチ組み状態でまずは完成。




全身画像
フロント
画像

背面の重武装が魅力的なサイコ・ザク。
成型色はダークレッドといった印象の赤を基調にオレンジの胸部、
至る所に備わった金色のスラスターはアクセントとなっています。




画像

全身に精密なディテールが施されており、
プロポーションは武装に負けることなくまとまりがあって逞しい感じです。
色分けこそキットのままですと寂しさがありますが付属のシールである程度再現可能。
というかHGとしては申し分なしのクオリティである。




画像

大型ランドセルに多彩な武器を装備している為、
背中がかなり重く付属のスタンドでディスプレイする事となります。
とはいえ、やや仰向け気味ですが脚を広げるとロケットブースターがそのまま接地。





リア
画像

今の所問題ありませんが背面の武装全て所持してのディスプレイは、
スタンドが3mm軸の一か所だけなので劣化で折れてしまわないかはちょっと心配かも。




俯瞰
画像





付属品
画像

上記本体の装備品以外。
武器持ち用手首(左右)、ライフル持ち用手首(左右)、
ジャイアント・バズ×2、シュツルム・ファウスト、サブアーム×2、サブアームジョイントパーツ×2、
ディスプレイスタンド、
それと量産型ザク用サブアームジョイントパーツ×2




上半身
ブレードアンテナやスパイク等もシャープに造形されており、
特徴的な関節シーリング部も再現されています。
ただ、ショルダーアーマーや関節関係は繋ぎ目を消す作業が大変そうです。
画像





下半身
画像ではシールを貼っていないので単色となる腰部は、
オレンジで塗り分ける必要があります。
各部のスラスターが結構小さい為に持ち難く少し組み立てし辛かったです。
外れやすいという程ではありませんが、
肩と腰の箇所は手で持つ時に引っ掛けて落としてしまいがちなので注意。
画像





頭部正面アップ
頭部のモノアイは左右への可動ギミックを内蔵。
画像





可動範囲
黄色丸印はボール軸、赤角印はロール軸。
腰部に一応ボール軸がありますが動力パイプとランドセルが繋がっているので、
捻る動作はほぼ出来ません。
画像





ひじ関節(一軸)、ひざ関節(二軸)ともに約90度程。
画像





肩軸は引き出し式の二重関節。
画像





開脚
可動領域は狭いですが装甲が干渉する為ですね。
画像





上部ロケットブースターにはザク・バズーカが3基。
画像





上部ロケットブースターの左右に予備マガジン×4、バズーカ用マガジン×4
下部にはシュツルム・ファウスト×3、ヒートホーク、ザクマシンガンを懸架。
画像





大型ランドセル上部のサブアームは収納型と展開型とを組み換え式で再現。
サブアームの裏にはガッツリ肉抜き穴があります。
画像





アーム基部にロール軸が設けられているだけに留まらず、
サブアームにはピンが2か所存在する為組み替える事で向き動きを再現可能。
マシンガンやバズーカ等の保持力もしっかりしています。
また、量産型ザク用のサブアームジョイントパーツが付属。
画像





交換用手首も平手以外にライフル用、武器用ともに左右揃っており、
武器のグリップにあるピンでの固定もあって保持力は十分。
ただ、ライフル用手首のボール軸がちょっと外れ易いのが気になりました。
画像





脚部カバーは開閉式。
靴底には肉抜き穴があります。
画像





特盛武装を全て並べてみて。
凄いねこれは(^^;
画像







以下、適当に。




「ダリル・ローレンツ少尉、出撃します」
画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像





「生き残ろう・・・
必ず生き残って、いつか心から笑おう」




画像





「戦争の時代に生まれた僕らには ちょっぴり試練が多いけど・・・

乗り越えた先にはきっと

大きな幸せが待ってると思うんだ」





画像






画像



「だから・・・」







≪機動戦士ガンダムサンダーボルト≫シリーズからHGキット化となった”サイコ・ザク”。
太田垣康男解釈の独自性を持ったデザインが印象的なキットです。

ザクタイプではありますが近年の技術が取り入れられたキットとなる為、
プロポーションや可動も十分。
色分けはシールでの再現となる箇所が多いものの特徴的なシーリングの造形も良く、
武装類、スタンドなど付属品が豊富でボリューム満点です。

組み立て事態難しくはありませんが対象年齢が引き上げられており、
精密なディテールに重点を置いている点からもHGカテゴリーながら豪華な仕様となっています。
パーツ構成はモナカ式で分割線が多く、
複雑なデザインを再現する為の塗り分けといった工程など作り甲斐がありそうです。

大型ランドセルにブースターおよび多彩な武装を装備しているので
アクションポーズやディスプレイの調整は大変ですが、
やはりこの迫力ある重武装が魅力的ですね。




以上、HG「高機動型ザク”サイコ・ザク”(ガンダム サンダーボルト版)」素組みレビューでした。


ザクIも決まったようですしサンボルファンはまだ楽しみが続きそう(^^


製作過程
→ 製作(1)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック