1/144 モビルスモー ゴールドメッキタイプ&シルバーメッキタイプ

「ユニバァァァス!!」(挨拶)
■1/144 MRC-F20「モビルスモー ゴールドメッキタイプ&シルバーメッキタイプ」
素組みレビュー。
画像







今回組み立てたのはホビーオンラインショップにて販売されたスモーのメッキバージョンです。
ディアナ・ソレル親衛隊が使用する≪モビルスモー≫、
≪シルバータイプ≫とハリー・オード隊長の≪ゴールドタイプ≫の2個セットで販売されました。
ベースとなるキットは1999年に単品600円で販売された物なので、
あまり細かい所についての要求はせず素直に組み上げて簡単レビュー。




まずはパッケージ。
画像





各ランナー紹介。

■ゴールドタイプ
A-1、A-2パーツ(PS以下略)
成型色:ゴールドメッキ
画像





B-1、B-2パーツ
成型色:シルバー
画像





A-3パーツ、PC-115プラス(PE)、シール(ゴールドタイプ)×1枚
成型色:ゴールドメッキ
画像





■シルバータイプ。
A-1、A-2パーツ(PS以下略)
成型色:シルバーメッキ
画像





B-1、B-2パーツ
成型色:ガンメタ
画像





A-3パーツ、PC-115プラス(PE)、シール(シルバータイプ)×1枚
成型色:シルバーメッキ
画像





組立説明書裏カラーガイド
画像





メッキパーツはキズを付けない様に取り扱いには注意しましたが、
パーツ数も少ないので短時間で組み立てる事が出来ました。
注意して作っても小一時間ほどで完成。
多少は慣れるので2体目はちょっと楽に(^^
付属のシールも貼り付けていますが指紋の跡や汚れが目立つのが難点でもありますね。




付属品一式
本体であるゴールドタイプとシルバータイプに、
ハンドビームガン、ヒートファン、Iフィールドジェネレータ
画像





■モビルスモーゴールドタイプ
全身画像
フロント
画像

大きさは約14cm。
元々アンダーゲートが採用されているキットではない為、
ゲート跡はくっきり目立ってしまいますがメッキ加工のスモーは結構格好良い。
メッキの下の成型色はイエローっぽいですね。




リア
画像





■モビルスモーシルバータイプ
全身画像
フロント
画像





リア
画像





可動範囲
黄色丸印ボール軸、赤角印ロール軸。
流石に古いキットですので多くは望めないですね。
画像





画像





開脚
画像





そして、序にターンエーガンダムとも並べてみて(^^)
画像







以下、適当に。




画像





画像





「ギム・ギンガナム!!
刺し違えて、その命貰い受ける!!」

画像





「Iフィールドバリアァァァ!!」
画像





「ミドガルドー!ミラーン!
ディアナ様を一瞬たりとも痛め、
泣かせるような事があったら――、
画像

我、魂魄百万回生まれ変わっても、
恨み晴らすからなぁぁぁ!!」







「ユニバァァァァァァス!!」
画像







旧キットのメッキバージョンとなる今回のキット。
ファンアイテムです(笑)

流石に元となるキットが低価格帯の物だけに細かい色分けの再現はされておりませんが、
15年前のキットながら必要最低限の可動とプロポーションの両立は叶えており、
曲線を多用したフォルムに今回のメッキ処理の輝きが合わさり、
ゲート跡こそ目立ってしまうもののスモーらしさは十分に発揮している感じがしました。

他のガンダムシリーズからしたら異質に映るかもしれないですが割と好き。
ターンエーと並べられる他がHGキット化されるまではこれで我慢(^^;




以上、
「モビルスモー ゴールドメッキタイプ&シルバーメッキタイプ」素組みレビューでした。

自分のセリフチョイスもアレなのだが、ハリー大尉はアホキャラですな(笑)






1/144 モビルスモー ゴールドメッキタイプ&シルバーメッキタイプ【3次:2014年6月発送】
HGFC 1/144 ゴッドガンダム VS マスターガンダム 流派東方不敗ハイパーモードセット




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック