HGBF グフR35 素組み レビュー

「す、すげえ!あれが青い巨星の
真の実力か!!」

■HGBF 1/144 MS-07R-35「グフR35」素組みレビュー。
画像







ラルさん(35歳本名不明)が地上戦用であったグフをベースに
あらゆる戦場にて運用出来るよう改造したガンプラ≪グフR35≫。

組立説明書の解説によると――、
高機動化の改造がなされ武装面はオリジナルグフが持つ武器をベースに殆どのものが2倍になっている。
がしかし、扱うのは難しくラルさんの卓越した操縦技術があって初めて性能を引き出せる。
名称の由来は「R型」の特徴を引き継ぐ機体、という事らしいです(笑)




全身画像
フロント
画像

重武装に目を奪われがちですが、
素体はディテール等控えめでシンプルなフォルムとなっているグフR35。
普通のオリジナルグフに比べて専用バックパックを付けると、
その分背中が重くなりますがアクションベースに対応しています。
もっとも仰け反り易いという程ではない。




画像 画像





リア
画像





俯瞰
画像





付属品
武器持ち手×2、ヒートロッド、シールド×2、
ヒートサーベルグリップ(左右)、サーベルエフェクト×2、
ロケットブースター、姿勢制御用スラスターユニット、
ブースター用ジョイントパーツ(3種類)
画像





上半身
画像





下半身
高機動型の形状を色濃く再現している脚部。
足首は割と小さ目ですね。
画像





頭部正面アップ
モノアイはシールで再現、左右へ可動可能です。
マスクはグフカスタムっぽい感じですね。
画像





可動範囲
黄色丸印ボール軸、赤角印ロール軸。
画像





肘、膝関節ともに2軸構造。
画像





開脚
腰部にはボール軸が内蔵されているので若干ですが前後左右に捻る様な動作が可。
画像





バルカンポッド
フィンガーバルカンは関節に可動軸が設けられており微妙にですが表情付けが可能。
バルカンポッドと腕部の接続は独特ですのでシールドのみを腕部に接続する事は出来ません。
画像





シールド
重量がありそうな大き目の盾。
シールド裏側の軸は丸型でサーベルグリップを装着可能。
画像





ヒートサーベル
脚部の両脇にサーベルグリップを収納可能。
刃はオレンジ色のクリアー素材となってるのは嬉しいですね。
画像





ヒートロッド
軟質性のスチロール樹脂となっており自由に曲げる事が出来ます。
どういう構造なのかはわかりませんがベンダブルみたいな物なのかな?
画像





専用バックパック
「ロケットブースター」&「姿勢制御用スラスター」を装備可能。
画像

スラスターはランバ・ラルがゲリラ戦を繰り広げた際の、
”アレ”をイメージしたデザインなのはナイス!
なお、設定では2つを組み合わせる事で空中や宇宙での機動性が飛躍的に高まるとある(笑)




取り付け位置はお好みで変更可能。
ロケットブースターの軸はジョイントパーツが3種類用意されているので、
他のキットへの活用も出来るようです。
画像





HGUC「グフ」と並べてみました。
流石にHGUCシリーズ初期の頃のキットなので比較するのも野暮ですが、
形状も細部だけに留まらず全然違う物である事が見て取れます。
画像






以下、適当に。




画像





画像





画像





画像





画像




画像





画像





画像





画像





画像





画像







ビルドファイターズから新たに発売となった≪グフR35≫。
いくつものグフタイプが発売されている中で、
既存キットからの流用ではなく完全新規設計という力の入った今回のキット。

近年発売されたグフカスタムで、ある程度の設計は確率していたとはいえ、
ジオン系MSながら広い可動範囲に加えて色分けの再現性も高く、
分割線はそこそこあるパーツ構成となっているものの、組み立て易さとして優秀なキットだという印象です。
自由度の高いヒートロッドにヒートサーベルはオレンジで成型されていたりと進化も見て取れます。

モビルパイプは可動の妨げにならない様な構造となっていますが、
個人的には少々物足りない気がしたので、
好みでディテールアップパーツ等に交換するのもいいかもしれませんね。

ランナーを確認する限り今後の展開なんかも期待出来そうな気がしますし、
ビルドファイターズからはガンダムアメイジングエクシアやウイングガンダムフェニーチェリナーシタ等、
まだまだキット化の勢いは続きそうですね(^^





以上、
HGBF「グフR35」素組みレビューでした。


製作過程
→ 製作(1)







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2014年06月11日 23:54
ただのグフとは違うのだよ、ただのグフとは!(言いたかっただけの挨拶)

ほほうランドセルにはこんなギミックがあったのかあ。
グフのヒートソードは放送当初はビームサーベルとのことだったらしいですが
いつの間にか設定が変わりヒートソードになってたという訳ありの装備。
クリアプラスチックにするとビームサーベルっぽいですね、
ガンダムの世界でこんな形のビームサーベルはあってもいいと思います。
足は高機動型ザクⅡのものでしょうか、魔改造とはまさにこのこと。
Gガンダムの血も混ざっちゃってるから仕方ない・・のかしら?

しかしグフのスパイクアーマーってこんな可動して腕を横に伸ばすのか・・・
2014年06月12日 23:10
>ミスターZさん
ほう、いい目をしているな!(挨拶)

ランドセルはプラモデルならではのギミックですね。
最近はミリタリー色の解釈を行った兵器が多くなりましたがファーストガンダムは意外にとんでもメカが多い。
グフも面白メカの類でした。
好きに作っていいガンプラといえどもキチンと背景を伴った魔改造は何気に難しいかと。
Gガンダム要素はあまり混ざってないような気もします。

スパイクアーマー・・・そこはつっこんじゃ駄目(笑)

この記事へのトラックバック