RG シャア専用ズゴック 素組みレビュー

「赤い色のモビルスーツ・・・ザクじゃないけど・・・」
「ま、間違いない。
奴だ・・・奴が来たんだ!!」

■RG 1/144 MSM-07S「シャア専用ズゴック」素組みレビュー。
画像







RGシリーズにて2番目の赤いMSとなった水陸両用MSズゴック。
サクッと組み上げました。

組み立ては内部フレームに装甲を取り付けていく感じとなり、
2時間ちょっと・・・3時間は掛からない位で完成という、
作り慣れているかどうかで個人差はあると思いますが、
RGの中でも比較的楽な部類となっている印象でした。
ただし、デカールは貼っていません(^^;
(モノアイのみ)




全身画像
フロント
設定上濃い赤色と薄い赤で分けられていたズゴックですが、
本キットの成型色では赤だけで4色という贅沢な配色となっています。
プロポーションはHGUCよりも四肢がより大型化され、
ズゴックEにも繋がりそうな武骨さが見られますね。
画像

水陸両用MSならではの流線型のフォルムを意識させつつも、
機体の至る所に流動抵抗の低減策を想わせるディテール等が追加されており、
RGらしい特徴の表現が興味深いです。




画像 画像





リア
画像





俯瞰
画像





付属品
1/144シャア・アズナブル、アクションベース用ジョイントパーツ、
アイアンネイル(4本用)
画像





上半身
多重関節となる腕部や脚部の装甲は、内部フレームにハサミ込み式で取り付けていく事となります。
画像





下半身
画像





頭部正面アップ
モノアイは付属のデカールをクリアパーツの内側に貼っています。
全身に施されたモールドだけでなく、
胸部ダクト内にも細かいモールドが見られます。
画像





可動範囲
肘、膝関節は約90度程度となります。
蛇腹状の上腕と大腿部にて前後左右へ可動する多重関節(ロール軸)が存在しており、
滑らかな動作と流線型のフォルムを再現。
蛇腹パーツはそれぞれブロック毎に独立可動しますが、
内部フレームは一体成型なので破損には注意したい所です。
画像





可動領域こそやや狭くなりますが箇所の多さでは、
RGシリーズの中で現在一番の記録更新となりそうです。
股関節装甲フロントアーマーが独立可動し大腿部の干渉を緩和。
また、肘、膝に装甲スライドギミックがあります。
画像





開脚
設置性はよくないですが開脚領域は広めです。
難点としてはカッチリとしたポージングが決まり難い所。
四肢の重さにより多重関節の箇所でだらんっなってしまい安定しません。
画像





腰部には前後左右の可動軸が多く滑らかなポージングを再現可能。
股関節のスライドは膝立などの際に発揮されます。
画像





コックピットハッチ開閉。
画像





頭部モノアイは360度回転、若干上下にも可動と自由度が高いです。
画像




脚部とバックパックにはスクリューが再現されています。
ソールスクリューにはロール軸があり方向変化を再現。
画像





バックパックは左右に可動。
画像





アイアンネイルは3本爪と4本爪とを選択式で再現可能。
画像





ガンダムと並べて。
武装こそシンプルですが本体のボリュームは結構あります。
画像







以下、適当に。




画像





画像





画像




画像





画像

「間違いない・・・あれは、シャアだ!!」




画像





画像





画像





画像





画像





画像





「シャアか!?」
画像

「更に出来るようになったな! ガンダム!」





RGシリーズ16弾にして久しぶりの赤いMS「シャア専用ズゴック」が登場。
元々シンプルな造形となるズゴックですが、
RGならではの解釈により至る所にディテールが追加されております。

組み立てはこれまでのシリーズと比較すると”楽”でありながらも、
パーツ構成や様々なギミックが内蔵されているなど作っていて感心させられました。

プロポーションは腕部が大型化されているので既存のキットとで好みは分かれそうですが、
個人的には作り終わった後であまり気にならなくなりました。
内部フレームが露出する所も少なく、塗装する方にも良さそうです。

蛇腹構造の多重関節は強度面での心配もありますが保持力があまり強くなく、
四肢の重さでポーズを取らせても、だらんと垂れ下がりがちな所は難点ですね。
(ただし、肘、膝関節などはしっかりしております)
とはいえ、水陸両用MSの特徴的なフォルムと動作は再現出来ているので、
長所でもあり短所でもある、といったMSの特徴でしょうか。

出来の良さ、作り易さ、ボリュームの満足度と、お手頃なサイズに凝縮されたキットは、
人気の差でこそ他のMSに軍配が上がりそうですが、ガンダムMk-II以来の堅実な完成度だと感じました。
やはり水泳部はいいですね!






以上、RG「シャア専用ズゴック」素組みレビューでした。


製作過程
→ 製作(1)






RG 1/144 キャスバル専用ガンダム



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

2014年07月24日 20:43
そういえば出てたのね…(最近忙しくて離れ気味でしたの挨拶

ディテールがわちゃわちゃしていて、昔のデザインを知るものとしては複雑なところもありますが、考証をしつつの事なので、なるほどなぁ、とうなるところが多いのも事実。

つうか、モノアイが凄いすな!
HGを作る時にこのパーツがあれば楽だったのになぁ…とかとか。(本末転倒?
2014年07月25日 00:20
>モリタケンジさん
お久しぶりです~。

最初、水陸両用MSでこのアレンジはどうなの?とは私も思いました~。
ディテールが他のRGよりも抑えられてはいる感じですがジオン系MSのジレンマですね。
今回のキットは個人的に腹部の色分けがちょっと好みじゃない所かしら。

HGズゴックはズゴックであの価格とバランスは魅力的です。
そうかー、モノアイ可動する為にRGの頭部を移植すれば<本末転倒?

この記事へのトラックバック