HGUC 94式ベースジャバー 素組みレビュー

■HGUC 1/144 「94式ベースジャバー」HG素組みレビュー。
画像







うーん、シンプル!
組み立ては20~30分程度で完成しました。

特徴的な大型スラスター2本を備えたSFS(サブフライトシステム)「94式ベースジャバー」。
89式ベースジャバーと性能面での違いは判りませんが、
MSの輸送のみに特化した印象を受けるデザイン通り、キットも簡素なものとなっています。
配色が白とグレーだけなので少々寂しい感じですが、まずはパチ組み状態から。




全体画像。
フロント
画像





リア
画像





ランディングギアは固定されています。
画像





ディスプレイはアクションベース1に対応。
固定は意外としっかりしておりますが、
MSを搭載してのディスプレイはバランスの調整に注意した方がよさそうです。
※取説でも(振動のない安定した場所にディスプレイして下さい)と注意書きがありました。
画像





俯瞰
画像





中央のニーレストはMSのサイズに応じて取り付け位置を変更可能。
また、フットレストにはロール軸がありMSの固定を調整出来ます。
画像





付属のマーキングシールを貼る事で細部の色分けを再現。
画像





画像







以下、適当に。




ユニコーンガンダムを搭載。
上下にMSを搭載することは流石に出来ません(^^;
画像





水平ディスプレイだけでなく、グリップとニーレストで固定する事で多少の傾きにも対応。
画像





画像





ニーレストの軸がロール軸となる為、軸が緩くなると回転してしまいそうですが、
なんとか直立させる事も可能。
画像





画像





以前作ったスタークジェガンも載せてみて。
画像





画像







バンダイホビーオンラインショップにて購入した、
SFSならではのシンプルな造形となるキット、94式ベースジャバー。
その形状はνガンダムが使用したゲタを彷彿させます。

94式ベースジャバーのスラスターを、
無理矢理つけたのがフルアーマーユニコーン(タクヤ案)という事ですが、
MG版発売の際に福井氏はコンセプトとしてクローバーの玩具をなぞった物と仰っていたので、
ガンダムでいう所のGアーマーみたいな立ち位置でしょうか。

HGUCフルアーマーユニコーンガンダムからの共通パーツも多くなり、
簡素なデザインであるが故に割高感があり、
活躍頻度から見ても89式ベースジャバーに優位性がありますが、
造形の再現率、組み立て、塗装のし易さなどは良いですね。
より世界観に踏み込む者にとっては面白いキットです。





以上、
HGUC「94式ベースジャバー」HG素組みレビューでした。


製作過程
→ 製作(1)




プレミアムバンダイで再販の受付が開始されるようです。
それで積んでいたのを思い出したーという訳ですが(汗)


ホビーオンラインショップ/プレミアムバンダイ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック