MG Hi-νガンダム Ver.Ka 素組みレビュー

「僕にはベルトーチカとお腹の中の赤ちゃんがいる。
この違いは絶対的な力だ!」

■MG 1/100 RX-93-ν2「Hi-νガンダム Ver.Ka」素組みレビュー。
画像





「逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」から、
アムロ・レイの乗機が「Hi-νガンダムVer.Ka」としてマスターグレード化。
まずは素組みで完成させました。

ボリュームがあるキット且つ装甲はアンダーゲート方式という事で、
ゲートカットの処理を丁寧に行っていたら結構な手間が掛かりました。
組み立て自体難しくはないのですがギミックが豊富な為、
難易度は中級者以上といった印象です。
以前、作った「νガンダムVer.Ka」よりはちょっと楽といった感じですね。




全身画像
フロント
画像

キットの高さは頭頂部で約20cm。
マッシブなプロポーションが格好いいHi-νですが、
そういえば設定では意外にもνガンダムよりも小さいんだよなぁ・・・というのを思い出しました。
今回のHi-νはホワイトとパープルのコントラストが映え、
デカールを貼っていないのでこのままだとちょっと寂しい感じも受けますが、
プレーンな装甲でディテールも過剰にならない程度にまとめられています。
※成型色の青紫は手持ちのカメラでは再現しきれておらず、
画像よりもうちょっと紫色になります。




画像 画像

プロポーションも良く、またパーツ構成が優れており合わせ目消しを行う必要がありません。
ライフルや武装類の処理も必要がなく肩と股関節のフレーム位ですね。




リア
画像

プロペラント・タンクを接地させてるのでなんとか立っていますが、
背面のファンネルハンガーやフィン・ファンネルが結構重いので、
ステーパーツ(スタンド)無しでは素立ちは安定しません。




俯瞰
画像





付属品
1/100アムロ・レイ、ビーム・ライフル、ニュー・ハイパー・バズーカ、シールド、
ビームサーベル×3、サーベルエフェクト×2、フィン・ファンネル×6
画像





台座
アムロのパーソナルを象った専用ディスプレイベース及びジョイントパーツ。
フィン・ファンネルのディスプレイも可能。
画像





上半身
元々カラフルな機体ではないものの素組みでも色分けを再現。
ホワイトはライトグレーとでトーンを変えており情報量が増えています。
シールドが真っ白なのが少々寂しいですが、
ファンネルのグラデーションもデカールで完全再現し塗装を出来ない方には嬉しい配慮。
シールドの保持力も十分。
画像





下半身
アポジモーター等細かい色分けも再現されており、
且つ緻密なディテールが随所に見られ高密度感があります。
印象的なシルエットを再現しつつギミックを盛り込むパーツ構成には舌を巻きます。
画像ではステーパーツ(スタンド)を使用。
画像





頭部正面アップ
画像





ビーム・ライフル、ニュー・ハイパー・バズーカ
グリップはピンがあるので保持力が強く左右どちらで持つ事も可能。
先述した通りパーツ構成が優れており分割線もディテールの延長線として捉えられる仕様となっています。
砲身の伸縮ギミックは少々きついので塗装時にはクリアランスの要調整。
カメラレンズはシールで再現。
画像





可動範囲
エモーションマニピュレータは全指可動。
ですが手首が弱いので重い武器を持つのには不向きなのが欠点。
肩関節は引き出し式の多重関節。
デザイン上仕方ないですが頭部と腰部の可動範囲は装甲と干渉するのでやや狭いです。
とはいえ背中が重いので腰部の負担が増える事を考えると妥当でしょうか。
画像





肘、膝ともに約180度可動し保持力も十分。
(また、説明書で推奨している行為ではないが、
微妙にだが股関節軸を手前にスライドさせる方法を選択出来る。
S字立ちを決めたいなら仰け反り原因となる事を覚悟の上で自己責任で対応しよう。
正直可動が緩くなるので推奨出来ないが接着してしまうならアリかも。)
画像





開脚
画像





コクピットハッチ開閉。
中にはアムロ・レイ(パイロットスーツ)が搭乗。
クリアーパーツのコクピットブロックはサイコフレームの再現を想わせます。
画像





頭部
別売りのガンプラLED(緑)を内蔵可能。
画像





大腿部にはシリンダーのスライドギミックがあり膝当てが屈伸運動に連動。
画像





ファンネル・ハンガーにビームサーベルを収納。
画像





右腕にビーム・ガトリングガンの展開ギミック、左腕にはビームサーベルを収納。
サーベルエフェクトをガトリングガンに付ける事も出来、
両腕ビーム・トンファーっぽいポーズも可能です。
ポージングの際、左腕ビームサーベルの取り付けが甘くポロポロ落ちるのがちょっとストレスでした。
画像





テール・スタビレーターは上下に可動。
ファンネル・ハンガーにフィン・フェンネルを装着。
ファンネルの固定はしっかり保持でグッジョブ!
ただ前後左右に羽の様な表情付けが出来るよう可動箇所があるのですが、
今のところ緩いという程ではないものの、プラスチックの摩耗でへたる懸念はあります。
シアノアクリレート系接着剤などの点付けで軸を太らせる調整を行うと良さそうです。
画像





バックパックのマウント・ラッチにバズーカを装着可能。
それと、プロペラント・タンクは好みで長さを変更出来ます。
画像





足裏もディテール及び爪の可動を再現。
画像





今回、Hi-νガンダムVer.Kaでは装甲を展開するギミックを内蔵し、
内部フレームに配置されたスラスター等が露出。
高機動モード(?)といった試みが施されております。
また別売りのH.W.S(ヘビーウェポンシステム)拡張セットを装備し、
第1形態、第2形態への換装が可能。
色々とお遊びの見られるVer.Kaですが、取説のインタビューを見ると、
出渕さんにはちゃんと了解を得ているみたいです(笑)




全身画像
フロント
画像





リア
画像





胸部、肩部。
画像





腰部。
リアスカートはポロポロと落ちる事はないですが接続がちょっと緩い感じ。
画像





脚部。
情報密度が高く模型映えする長所の一つ。
画像





νガンダムVer.Kaと比較。
並べるとディテールをすっきりまとめている感じの今回のHi-ν。
画像







以下、適当に。




画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像





「ガンダムの力は・・・」
画像







カトキハジメ氏アレンジによって発売となったHi-νガンダムVer.Ka。
今回はマッシブなシルエットを再現しており世代によっては嬉しいキットとなりました。
H.W.Sや装甲展開ギミックは、ん?と思う所もありますが、
個人的には模型として格好いいから問題なしです。

組立難易度はパーツ数量が多く説明書の注意書きも含め中級者以上といった印象。
素組み状態でもデカールを貼る事で色分けを完全に再現しており、
中でも装甲はアンダーゲート方式を採用しているのでゲート跡がほぼ見られず、
キットの完成度を底上げしております。
塗装派、素組み派と両方への配慮が見られ、
合わせ目消しが必要ないというパーツ構成も非常に優れていますね。

可動範囲も必要十分な箇所と保持力を確保しており、
気になる点はマニピュレーターSP、手首の保持力が弱いのと、
フィンファンネルの射出状態(コの字)固定がし難い位でしょうか。

付属の武装類や専用ディスプレイも満載で満足感の高いキットとなりました。
さすが伊達じゃない!ですね(^^





以上、
MG「Hi-νガンダム Ver.Ka」素組みレビューでした。


製作過程
→ 製作(1)






MG 1/100 Hi-νガンダムVer.Ka用 HWS拡張セット【3次:2014年11月発送】



この記事へのコメント

通りすがり人
2014年09月02日 16:06
更新お疲れ様です! いやーかっこいいですねぇ・・・。見た感じあまり墨入れする部分も少なそう?ですね。 HWSも予約しましたので、早く私も作りたいです!
2014年09月03日 00:44
>通りすがり人さん
コメントありがとうございます。
Hi-νはνガンVer.Kaと比較してしまうとあっさりめなディテールですね。
デカールを貼ればそれだけ情報量は増すと思いますが・・・。
HWSは換装方法がどうなるのかというのも気になりますし私も楽しみです。ワクワク

この記事へのトラックバック