RE/100 ナイチンゲール 素組みレビュー

「グラーブのサイコ・ドーガを援護、回収する。
ナイチンゲール出るぞ!」

■RE/100 1/100 MSN-04II「ナイチンゲール」素組みレビュー。
画像






「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」から、
REBORN-ONE HUNDRED第一弾、シャア・アズナブルの搭乗機ナイチンゲール。
まずは素組みで完成させました。
意外に作り易く組み立てだけなら3~4時間位。

兎にも角にもボリューム満点!
色分け及びエッジやディテールもシャープで再現性は高いです。
もっとも、公開されている適切な資料が少なく、
記憶も曖昧で幻のような存在ではありましたが、
ガレージキット以外では初のキット化に乾杯!




全身画像
フロント
画像

本体の大きさは全高約27cm、横幅約48cm、奥行き約34cmの圧倒的存在感。
成型色はレッドを基調にライトグレーの関節で再現。
更にバーニア内部はオレンジで細かく色分けされております。




画像





画像





リア
画像





俯瞰
画像





付属品
大型メガ・ビーム・ライフル、シールド、ビーム・トマホーク、
サーベルエフェクトパーツ
画像





上半身
特徴的な流麗なフォルムを再現しつつ、
エッジはシャープに成型されており適度なディテールが施されております。
胸部からバインダーにかけての姿は、
サヨナキドリ=ナイチンゲールの名をよく表現していますね。
画像





下半身
横に広がりを見せ脚部の内部にはバーニアも存在し重量感があります。
リアスカートにスタンドパーツが付属し安定性は十分。
画像





頭部正面アップ
モノアイは正面からだとちょっと見え難くなります。
画像





モノアイはクリアレンズで作られており(シールも選択可能)左右へ可動可能。
別売りのガンプラ用LED(緑色)に対応し発光ギミックあります。
画像





可動範囲
赤色角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
デザインを優先している為か可動箇所は少なく可動範囲も狭め。
エモーションマニピュレータSPの手首は全指可動。
今回、手甲パーツで手首をロックされる形をとっており、
ライフルを持った際の保持力は少々上がっております。
画像





肘関節で約90度、膝関節は約45度程。
因みに肩部装甲やファンネルコンテナのバインダーは可動なし。
スカート(フロント、サイド、リア)はそれぞれ可動。
画像




開脚
頭部や腰部はロール軸となりますが、
装甲が干渉するので左右への可動はほとんど出来ません。
また、足首の可動範囲も制限されているので接地性もそれほどではないです。
が、両脚、リアスカートで立っている分、安定性は抜群。
結構なボリュームがある為かアクションベース1等へは対応しておりません。
画像





大型メガ・ビーム・ライフル
先端のバイポッドが可動。
画像





腕部装甲の蓋を外してシールドの差し込み接続が可能。
画像





フロントスカート裏側には隠し腕のディテールを再現。
可動ギミックこそありませんが別パーツとなっています。
画像





足の裏も詳細なディテールが再現され、左右の爪はそれぞれ可動。
画像





リアスカートの裏側にステーパーツが存在。
可動ギミックもあるので角度を調整可能です。
画像





ビーム・トマホークはマニピュレータにピンが存在するのでグリップ力も十分。
またシールド裏側に収納可能。
画像





ファンネルユニット
バーニア内部は別パーツ化されており、
装甲の裏側にも詳細なディテールが施されております。
画像





ファンネルは取り外し可能。
画像





Hi-νガンダムと並べてみて。
ナイチンゲールの大きさが一目で分かりますね(^^
画像





それにしても、この体型でよくロボットプロレスが出来たものだ(笑)
画像







以下、適当に。




画像





画像





画像





画像





画像






画像





画像





「しかし、アルテイシア、この結果は、
地球に住んでいるアルテイシアには、良かったのだな・・・」

画像







今回、RE/100シリーズ第一弾で発売となったナイチンゲール。
横幅奥行き共に大ボリュームで異形のMS、飾る場所に悩みそうなキットです。

シンプルなパーツ構成で組み立ては意外と楽で初心者から、
弄りがいがあるという意味においては上級者まで、幅広い層に対応していると感じました。
くさびゲートやアンダーゲートを多用している点からも、
ゲート跡が目立たないような配慮が見られ、
メッキ仕様を好む方なら今後のバリエーション展開なんかを期待したい所ですね。
難点は繋ぎ目が結構存在しておりモナカキットを思わせる所。
懐かしい反面、消すのが大変だぁーってね(笑)

可動範囲はやや狭く、ディテールは最近のハイディテールを追及していたMGに比べると、
やや寂しい感じがしますが初期イラストに近い状態の再現、
スタンダードな存在という意味ではよく再現している印象となります。
MGクラスにも近い作り込みは必要十分でしょう。

細かい所では難点もありますが今回のキット化は素直に嬉しく、
作り易いプラモデルという意味においても、
圧倒的な存在感を持つナイチンゲールが手頃な価格で、
ようやく手に入るようになったのは喜ばしい事ですね。




以上、
RE/100 MSN-04II「ナイチンゲール」素組みレビューでした。


ナイチンゲールはつや消し塗装もいいが光沢も似合いそうなイメージもあるし悩ましい(笑)



製作過程
→ 製作(1)






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック