HG ガンダム G-セルフ(大気圏用パック装備型) 素組みレビュー

「レイハントンコード――確定――」
■HG 1/144 YG-111「ガンダム G-セルフ(大気圏用パック装備型)」素組みレビュー。
画像







”元気のGだ!”

「Gのレコンギスタ」より主人公機体「G-セルフ(大気圏用パック装備型)」。
G系統の設計思想の根幹と思わせるその作りから、
「Gそのもの」という意味を込めてアイーダに命名された「G-セルフ」。
汎用性のある機体はバックパックを換装する事で機体カラーが変化する。
HGキットでは再現されていませんがコア・ファイター換装システムを搭載。

主人公のベルリ、アイーダ、ラライヤの三人のみ、
G-セルフを動かす事が出来る様ですが、
その謎が本編でどう展開されるのか気になります。

取り敢えず、付属シールを目元のみ貼って素組みで完成させてみました。




全身画像
フロント
画像

高さは約13.5cm。
成型色はホワイト、ライトブルー、レッド、イエローとで構成。
設定画が細かい為、色分けは一部シールを用いる事で再現となります。
G-セルフは標準的な人型MSながら少年体型のような印象ですね。




リア
画像





俯瞰
画像





付属品
ビーム・ライフル、握り手首(右)、シールド、
ビーム・サーベル×2、大気圏用パック
画像





上半身
画像





下半身
画像





頭部正面アップ
ツノが前面に伸びているのと目の大きさが特徴的です。
額の細かい色分けはシールで再現となるので塗り分けはちょっと大変そう。
しかしポリパーツを覆う形で首のジョイントパーツがあるのは良いですね。
画像





可動範囲
赤色角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
画像





肘関節、膝関節ともに約90度ちょっととHGとしては一般的な可動領域。
股関節には多重関節となるロール軸が内蔵されているのですが、
装甲が干渉するので思ったよりも動かない印象です。
作ってみた感じ、ちょっとの加工で可動範囲は広がりそうではありますが。
画像





開脚
アクションベース2等に対応。
画像





フォトン装甲でもあるクリアーパーツはUV発光素材で再現。
UVライトを当てると微妙に青く輝きます。
持っていないので撮影で再現出来ないのが残念(^^;
画像





ビームライフル、ビームサーベル共にディテールが細かく保持力も十分。
特に新規のサーベルエフェクトは細身な所が地味に嬉しい。
画像





大気圏用パックは折り畳み状態といった可動ギミックを内蔵。
画像





以下、適当に。




平手が付いていないのはちょっと寂しいところ。
画像




画像





画像





画像





画像




画像





「世界は、四角くないんだからー!」
画像





「海賊をやるなんて、やめなさいよ!」
画像





「撃たせない!」
画像







Gのレコンギスタシリーズ第一弾となる「G-セルフ」。
組み立て難易度は一般的なHGシリーズと同程度。
色分けは元デザインのディテールが非常に細かい為、
素組みではシールでの再現箇所が多くなりますが概ね成型色で再現出来ている印象です。
クリアパーツとのバランスでメリハリもありパーツ構成共に優秀ですね。

気になる点としては可動箇所は十分なのですが、
干渉箇所が思いのほか多くAGEやBFといった最近のキットからすると、
可動領域に関してやや狭く感じます。
付属品はシンプルですがサーベルエフェクト(細身)の忠実さは地味に嬉しい所です。

従来のキットの流れを踏襲しつつ今回はUV発光素材を採用。
HGキットは安全基準上シャープさに欠けるので(特にツノ等)、
そこはディテールアップ加工をしてあげると格段に良くなりそうです。
最初はガンダムらしさを意図的に崩しているデザインに、
面食らいましたが映像の動きを見た後は大分印象も変わりました。
立体化されたキットを手に取ると改めて思います。
バックパックの換装システムを備えているとの事なので、
今後の展開も気になる所ですね。




以上、
HG「ガンダム G-セルフ(大気圏用パック装備型)」素組みレビューでした。


最期に一通り画像を取り終わった段階でディスプレイで見るとちょっと寂しいかな?
と思ったので付属シールを水色の部分以外を貼って一枚撮影してみました。
1枚だけなので画像サイズは大き目です。
画像




製作過程
→ 製作(1)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック