HGUC ゼータプラス(テスト機イメージカラー) 素組みレビュー

今年も開催されたガンプラEXPO2014。
新商品の展示品やモデラーの滅茶苦茶凄い作品を鑑賞しつつ、
ガンプラEXPO限定記念ガンプラも購入してきました。
■HGUC 1/144 MSZ-006A1「ZETA plus ゼータプラス(テスト機イメージカラー)」素組みレビュー。
画像






こちらは基本的には成型色とマーキングシールのみ変更したカラーバリエーションキットとなり、
内容は元キットであるHGUC「ゼータプラス(ユニコーンVer.)」と同じ物。

ライフル等が違うのでユニコーン版ではなくセンチネル版を待ち望みたい所ですが、
Z+(UC版)は作っていなかったからまぁいいかと購入。
ただの色変えだと思っていたので、
カラバやアムロのパーソナルマークのシールが入っていたのは予想外で嬉しかったですね。






まずはランナー紹介。
Aパーツ(PS以下略)
成型色:オレンジ
画像





Bパーツ
成型色:ホワイト
色味は薄く茶色が少し混ざった様な白色。
画像





Cパーツ×2
成型色:ホワイト
画像





D1、D2パーツ
成型色:ホワイト、ライトグレー
画像





E1、E2パーツ
成型色:グレー
画像





F、SB6パーツ
成型色:グレー、クリアブルー
画像





PC-132AC(PE)、ホイルシール×1、マーキングシール×1
画像





組立説明書裏カラーガイド
画像







そして、気楽にパチ組みで完成させてみて。
リカラー版なので簡単にレビュー。



全身画像
フロント
画像

取り敢えず目元のみシールを貼っています。

色分けは襟元と背面ウイングの縁はシールでの再現。
ユニコーンVer.を発売した時にテスト機カラーにも対応出きるよう、
予めランナー分けがされていたようで成型色のままでも再現度が高い。




画像 画像





リア
画像





俯瞰
画像





付属品
画像





上半身
画像





下半身
画像





頭部正面アップ
画像







ウェイブライダー形態


差し替えパーツを用いてWR形態に変形が可能。
とはいっても、デルタプラス等の変形機構に近く、
手足を一度バラシて組み替える方式なので変形はかなり手間。
画像





なお、画像を撮り忘れましたが、
ビームライフルはWR形態時、機体上部のスタビライザーに取り付けも可能。
画像





画像





画像





画像





画像





画像







変形機構を持つZタイプなので可動はそれほどでもありませんが両形態のプロポーションは絶妙。
一部シール対応ですがツートンカラーも再現しており、シャープで凄くカッコイイです!(^^
元のゼータプラスの出来が良かったのでしょうか不満点がないですね。
一応、アムロやカラバのマーキングシールが入っていたのは良かったです。

ただ、ガンプラEXPO限定の”テスト機イメージカラー”だったという事で、
テスト機カラー版と考えると今一歩なキット。
パッケージと付属のシール以外UCVer.と変わらず塗装出来る方は有難味が少なく、
ライフルも変更してテスト機カラー版として販売して欲しかった所です。
まぁ、最近のバンダイさんならその内パーツ追加で発売しそうではあるかも。





今回はここまで。


以上、HGUC「ゼータプラス(テスト機イメージカラー)」素組みレビュー。






ガンプラEXPOで品切れしたアイテムはホビーオンラインショップで通販対応もあるようです。
因みにシリアルナンバーは「06CUKETQA」

プレミアム バンダイ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック