PG ユニコーンガンダム 素組みレビュー デストロイモード編

「受け止めなさい。バナージ!」
「オードリー!!」
■PG 1/60 RX-0「ユニコーンガンダム」デストロイモード編素組みレビュー。
画像






前回の記事に続いて今回はデストロイモード編の素組みレビューです。
ユニコーンガンダムは変形機構が複雑でモードチェンジが大変なのですが、
各箇所にはロック機構があり変身後はかなり安定しているのが良い印象でした。

可動領域や付属品、ユニコーンモードのレビューは前回の記事にて。
→ PG「ユニコーンガンダム」ユニコーンモード編





■デストロイモード
全身画像

フロント
画像

高さは約38cm(ブレードアンテナ含み)。台座込だと約42cm。
プロポーションは全体的にマッシブとなり、
これまで発売されたモデルの中でも映像化されたユニコーンに近い印象です。
全身がほぼアンダーゲートという事で素組みでの仕上がり具合も非常に高い。
また、細かなモールドが施されているのでPGサイズでも大味になる事なく、
付属のデカールで更に情報量を上げる事も出来ます。
ただ、個人的にはテトロンシールではなく水転写式デカールが欲しかった所ですね。





肩部、腕部、フロントスカートのサイコフレームの内側には、
メタリックシールを貼る事で集光性が高められています。
画像 画像





リア
画像





俯瞰
画像





上半身
画像

変形ギミックでやや面倒に感じたのは肩のセンサー取り出しと頭部の変形でした。
肩のセンサーは付属のパーツで引き出す事が出来ますが、
かなり固く苦労しました。後でちょっと滑りを良くしようかと思います。
どうしても先行したMGと比較してしまいますが、他は全体的に安定した出来に進歩を感じます。
PGサイズならではという事かもしれませんね。




下半身
画像

腰部、膝当て、アンクルガードにもロック機構がありデストロイモードの状態が安定。




頭部正面アップ
画像

デュアルアイセンサーは別パーツとなっておりLEDに対応。
ブレードアンテナには磁石が内蔵されているのでツノを折りたたんでも安定します。
アンテナは予め金色で塗装されていますが塗装精度に個体差があり、
はみ出し等があった場合は目の細かい紙ヤスリで削ってあげると良いと思いました。





頭部サイド
画像

今回、映像化された方法とは微妙に違うかもしれませんが、
頭部も模型なりの完全変形となりパーツを外す事なく変身を再現。
頬当てなどパーツの整合性もよくフィットします。
といってもLEDのコードが詰まっていたり、
アンテナの展開等ややタイトな部分があるので注意。




武装
フロント
画像

各関節はPGサイズにも関わらず割と高い保持力なのですが、
武器などを持つと手首や二の腕の緩さに不満が残ります。
また、シールドはサイコフレームと同じ素材ですが、
LEDが内蔵されないので、発光ギミックはありません。
シールドを背中に背負えないのもちょっと残念ですね。




リア
画像





サイズ比較。
身近に有ったものなのでHGUCとメタコン覚醒仕様ですが並べてみました。
どれもプロポーションが微妙に違うので好みは分かれそうですが、
PGは完全変形を安定させつつデストロイモードのバランスを重視している印象です。
画像






■デストロイ・アンチェインド
そして、PGで新たに姿を現した第3のオリジナル形態≪アンチェインド=繋がれざる者≫
各部位の装甲展開ギミックにより解放、
サイコフレームの露出面積が広がりメカニカルな内部を楽しめます。
正に可能性の獣。


フロント
画像

プロポーションはアンチェインド形態でも、バランスを崩すことなくまとまっている印象ですね。
大きくシルエットが変化するほどではありませんが、各部位は大型化し全身のサイコフレームが露出。
キットを持ち上げる際、流石に脚部など触る場所はないのですが、
各パーツはグラグラする事もなく割と安定
メリハリがあるのでLEDを内蔵した場合の効果がより顕著になりますね。
露出するほど強くなるとはとんだ変態MSだw




画像 画像





リア
画像





頭部はサイコフレームが跳ね上がり、
一角獣や獅子の様な獣耳といった印象です。
画像





胸部や肩部、及び二の腕も装甲にスライド&展開ギミックがありサイコフレームが露出。
画像





フロントスカートはスライド、前腕も展開して露出度が増します。
画像





バックパック、リアスカートにもスライドギミックがあり内蔵フレームが展開。
画像





脚部はサイドのハッチが開き内部を露出。
アンクルガードも同様にサイコフレームが覗けます。
画像






最後に、LEDユニットを点灯させサイコフレーム発光現象の再現。
肉眼で見るのと撮影した画像で見るのとでは色合いに微妙な差が出るので、
参考程度に受け取ってください。


フロント
画像

モードスイッチでカメラのみ、全身サイコフレーム、と発光場所を切り替わる事が可能。
メインカメラは点灯時に一度強く輝いてから安定。
スイッチを押した後の輝きは徐々にフェードイン、フェードアウトといった感じ。
オートモードではカメラ点灯→全身点灯→全身消灯→カメラ消灯→カメラ点灯を繰り返します
オートモード以外は5分で自動的に消灯。




リア
画像





照明を消してみて。
非常に雰囲気が良く、時期も時期なのでまるでクリスマスツリーの様w
画像 画像







以下、適当に。
付属の台座はアクションにはあまり向きませんが。




画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像





「優しさだけでは人は救えない・・・
罪も 穢れも 消せないから・・・」

画像

「それでも・・・」




画像





画像





画像





「それでも!!」
画像





「ガンダム!!俺に、力を貸せ!」
画像







4年ぶりで発売となったパーフェクトグレード。
流石、PGならではのボリュームあるキットでした。

PGはそれぞれモデル毎に意欲的なテーマが存在しましたが、
今回ユニコーンガンダムでは全身にLEDを内蔵する事で、
サイコフレーム発光現象をギミックとして再現。
アンチェインドはある意味その効果を最大化します。
好みの部位だけ解放するのも良さそうですね。
パーツの殆どがアンダーゲートとなっており、
更にPS素材の質感も良く素組みでの出来にも驚きました。

PGならではの組み立ての手間やLED内蔵の難しさはありますが、
パーツ数量の多さで時間が掛かるという事が一番大変な要素だと思いました。
LEDは後から組み込む事も一応出来ますが、
装甲をかなりばらす事となるので同時に組むのが無難(初心者なら特に)。
価格面においてもちょっとハードルが高いキットですね。
ただし、特別な技術が必要な訳ではなく配線の位置調整に気を使うというだけで、
台座のスイッチON/OFFで気軽にライトアップ出来る仕様は凄く嬉しいポイントです。

手首や二の腕の緩さなど細かい部分に不満が表れますが、
完全変形を再現しながら高い可動領域を実現、且つLEDを内蔵。
プロポーションバランスもユニコーンモード、デストロイモードと、
どちらかがベストという感じではないものの最大公約数に答えている印象で、
ユニコーンガンダムとして最高傑作といえる満足感を得られました。





なお、LEDユニットの再販は2015年春頃予定の様です。


以上、
PG「ユニコーンガンダム」素組みレビューでした。


製作過程
→ 製作(1) 製作(2) 製作(3) ユニコーンモード編レビュー(製作4)






PG 1/60 RX-0 ユニコーンガンダム用 FA拡張ユニット【2次:2015年2月発送】


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック