HG グリモア 完成

「前世紀のクラシック・コレクションかい!」
■HG 1/144 GH-001「グリモア」全塗装で完成です。
見てくれる君へ感謝!
画像







状況終了。
ようやく完成致しました!(*^^*)ノ
ようやくといっても最近手を出していた他のキットとかよりは比較的楽に完成致しました。
所謂普通というか無難な製作に留めたというのもありますが、
出来る限り丁寧な作業を心掛けています。

塗装はオーソドックスに塗り、デカール等適当に貼り付けて仕上げに全体に馴染む様軽くウェザリング。
一応、スケールオーバーにならない様には気を付けています。
何時もついついやり過ぎてしまうので画像では目立ち難い汚しかもしれませんが。
まぁハッパさんやアダム・スミスさんは整備に抜かりがなさそうですし丁寧に仕上げたり、
また劇中ではツノが付いたグリモアもいたのでアンテナを付けるのもアリかもw




全身画像
フロント
画像

塗装は余っていた塗料のオリーブドラブとネービーブルーを混ぜて好みの色合いに調合。
渋めのカラーで劇中の印象に近づけています。
工作らしい工作はしておらず靴底の肉抜き穴をパテ埋めしたぐらいです。





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






付属品
画像






サブマシンガンとシールドを武装
画像






上半身
作業的には合わせ目消しに注力。
マーキングはメガファウナ艦載機とし小隊番号もしくは形式番号どちらとも捉えられる様に適当に選択。
画像






下半身
特に弄るようなことはしていません。
汚れは上半身よりかはやや目立つ様に集中させています。
画像






頭部正面アップ
クリアーレンズ部分はブラックライトに反応する素材なのですが、
やや反応が薄いので裏側からサッと軽めに蛍光ピンクをエアブラシで吹いています。
(裏側に貼る付属のシールも普通に貼り付けて集光性も補いつつ)
襟元の色もそうですが通常時でも滲むような仄かな輝きを放つ感じに。
画像






サブマシンガン
ストレートに組んだだけですが綺麗に合わせ目を消してます。
画像






シールド
こちらも丁寧にマスキングテープで塗り分け処理。
最初はそれほど汚すつもりもなかったからそのままなのですが、
シールドなんかは多少のダメージ加工を施してもよかったかも。
画像






靴底
モールドがいい味を出しているのですが肉抜き穴が目立ったので今回埋めています。
ちょっと製作を急ぎ過ぎたのか今頃になって若干ヒケが(^^;
画像






蛍光塗料を用いているので一応ブラックライトにも反応します。
雰囲気が出ますね。
画像







以下、適当に。




画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像







画像






「そいつをキャピタルに渡すわけにはいかんのだ!」
画像

「仲間をなぐり殺すのか~!?」






工作箇所
胸部、肩、上腕、下腕、胸部、腹部、股関節、サブマシンガンの合わせ目消し。
頭部エッジのシャープ化。
靴底のパテ埋め。
フロントスカートの分割加工。


塗装レシピ
白色:クールホワイト+RLM75グレーバイオレット(極微量)
黄色:ダークイエロー+サンディブラウン+クールホワイト(微量)
灰色1(本体):オリーブドラブ(1)+ネービーブルー+ブラウン(微量)
灰色2(マシンガン):RLM75グレーバイオレット+ウィノーブラック(少量)
灰色3(シールド):RLM75グレーバイオレット+ガルグレー(少量)
桃色:クールホワイト→蛍光ピンク
トップコート:スーパークリアーつや消し+スーパークリアー3光沢(微量)


グリモア製作過程
→ 製作(1) 製作(2) 製作(3) 製作(4)
製作(5) 製作(6) 製作(7) 製作(8) 製作(9)




以上、HG「グリモア」でした。


Gレコキットもいくつか組み上げていますが、
特にグリモアはMSらしくないデザインなのに安心感のある格好よさも併せ持っており、
作り易くもあり改めて良いキットだなと感じました(^^








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック