HG ジャスティマ 素組みレビュー

「クン。地球ってさ…あったかいよね!」
「キア隊長。これが本物の土の色ですよ。
緑も見える!」

■HG 1/144 VGMM-Sc02「ジャスティマ」素組みレビュー。
画像






ジット・ラボラトリィで開発されたMS「ジャスティマ」。
研究員兼テストパイロットの「チッカラ・デュアル」が搭乗。

敵地侵攻、制圧用モビルアーマーのジロッド、防衛、指揮機のジャイオーン、切り込み役のジャスティマ。
三機コンビネーションが本来の運用想定であり、
役割はキング(ジャイオーン)、クィーン(ジロッド)、ナイト(ジャスティマ)に相当。



取り敢えず、素組みで完成です。
背面のフォトン・バランサー内側のメタリックシール以外は貼ってます。




全身画像
フロント
画像

高さは約13cm。
シンプルなカラーリングとはいえダークイエローとライトグレーの成型色で色分けもほぼ再現。
マッシブな上半身と細身の下半身とはメリハリもあり、
スタイリッシュなプロポーションも良好な印象です。
クリアピンクの透明素材もアクセントに。





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






付属品
画像






上半身
画像

両腕はアシンメトリーなデザインにカラーリング。
合わせ目は肩部と下腕にありますがパーツ構成がしっかりしているので処理は楽そう。
手首はグレーパーツとなり塗り分けがちょっと大変そうです。





下半身
画像

重心が上に集中し足首が小さく設置面積も少ないのでスタンドポーズはちょっと不安定。





頭部正面アップ
画像

顔はガンダムタイプではないですが、なかなかのイケメン。
ジャスティマ(GASTIMA)という名称ですが、
ジット・ラボのMSって、ワザとらしい程にG~から始まるんですね。





可動範囲
赤色角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
可動箇所も多く、様々なアクションポーズに対応可能。
肩部は引き出し式関節になっておりますが、
大きな装甲が干渉するので横への動きは苦手。
画像






肘膝関節共に2軸関節となり肘は約140度、膝関節は約90度以上と一般的。
画像






開脚
デザイン上の制約はありますが個人的には許容範囲。
画像






ビーム・ライフル
成型色はグレー一色ですが、説明書を見る限りスコープ部はモノアイっぽい意匠なのが興味深いです。
グリップ力は問題ないもののライフル専用の手首もあるともっと良かったですね。
画像

また、超大型ビーム・サーベルはMG(マスターグレード)サイズを使用。
背中からグリップ下部に伸びているケーブルはリード線で再現しており珍しいタイプのデザインなのもジャスティマの特徴です。





右肩にスライドギミックを内蔵しファンネル・ミサイルを再現。
劇中ではさりげなく左肩からもファンネルを発射してましたが。
画像






左肩は脱着式でビーム・バリアを再現。
画像






背面にはフォトン・バランサーを再現。
本体のフォトン・バッテリーとケーブルで繋がっている超大型ビーム・サーベルは、
航宙艦を一刀両断する程の高出力にも対応。
超高出力になると余剰出力が放出され赤く輝くらしいです。
画像






フォトン・バランサーは選択式でクリア素材の物と交換可能。
付け替えはし難いのでどちらか一方を選択するのが無難。
発光力はあまりないですがブラックライトにも反応。
画像








以下、適当に。




画像






画像






画像






画像






画像






”ビルダーズパーツHD 1/100 MSエフェクト01”を付けてみました。
サーベルの迫力が増すのでおすすめ。
画像






画像






画像






「ジット団のサーベル使い!?手強いっ!」
画像






「ダハックめーっ!」
画像






「キア隊長ぉぉぉ!!」
画像







ジット団の”サーベル使い”二刀流の超大型ビームサーベルが格好いいジャスティマです。

プロポーションや造形、シールでの再現に頼る事も少なく色分けも良好。
可動域も肩部で若干の制約はありますが多重関節が多く十分なサーベルアクションが楽しめます。
ファンネル・ミサイルのギミックの再現といい中々良い出来ですね。

合わせ目がちょっと残るものの、
パーツ構成がしっかりしているので作るのも楽な部類という印象です。
ライフル持ち手用の手首がないのが気になりましたが、
劇中でもあまり印象がないので、まぁいいかなといった感じでしょうか(苦笑)

最後、達磨にされ大地に散るまで、と大活躍(?)をしたジャスティマ。
デザインが気に入ったならおすすめ出来る優秀キットだと感じました。
スペック的にもかなりの高性能機ですが、天才相手じゃ~分が悪いですね(^^;






以上、HG「ジャスティマ」素組みレビューでした。


G-セルフのパーフェクトパックまではHG化が決定。
ジャスティマと並べれるようジロッドなんて贅沢はいいません。
でも、マズラスターのキット化はしてほしい所。



製作過程
→ 製作(1)






■HGUC 1/144 シルヴァ・バレト(ガエル・チャン専用機)、本日受付開始。
押し通る!
プレミアム バンダイ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック