HGBF トライバーニングガンダム 素組みレビュー

「見せてやろうぜ!トライバーニング!
俺たちの新しい力を!!」

■HGBF 1/144 TBG-011B「トライバーニングガンダム」素組みレビュー。
画像







素組みですがなんとか完成です。
シールの貼り付け箇所も少なかったので一応貼っております。
キットはスナップフィットなので難易度は低いですけど、
パーツ数が結構あり組み立ては意外に大変でした。




全身画像
フロント
画像

高さは約13cm。設定サイズよりちょい大きい感じです。
成型色による色分けはほぼ完璧といってもいい位の仕上がりです。
シルエットの特徴はないですがプロポーションは肉感的で格好良く、
スタンダードな良さを感じます。





画像 画像






リア
画像





俯瞰
画像






付属品
画像

炎のエフェクトパーツが非常に多く、拳のバリエーションも豊富。
ビルドカスタム対応のジョイントパーツも付属。





上半身
画像

クリア素材で再現された青い装甲が、
単調になりがちな見た目のアクセントとして派手さがあります。
ただ、炎パーツとの交換に対応している為、所によってポロポロと外れ易いのが残念。
気になったのは肩横と下腕前側のパーツ。
とはいえボンドで調整とかすればいいので気にする程でもないですが。





下半身
画像

パーツ構成がよく太腿は一パーツのみ、脛、脹脛の合わせ目も目立ち難い印象。
ただ、靴底に肉抜き穴があります。





頭部正面アップ
画像

カメラ、ツインアイはシールで再現ですがマスクの色分けも細かく優秀。




画像






可動範囲
赤角印ロール軸、黄色丸印ボール軸。
画像

可動箇所が多くボール軸も多用しているので可動域の自由度は非常に高い。
流石格闘型といった風でかなり優秀な出来です。




画像

干渉箇所も少なく動きの不自由さをまったく感じません。
手首にも可動軸があるのでスナップを効かせたポージングにも対応可能。
ただ、手首の可動は緩めなので重い武器保持には向かない印象です。





開脚
画像

足首の接地性も高くディスプレイスタンドを使用せずとも安定した立ちポーズに対応可能。
腰の捻りも申し分なしです。




独特な構造となっている肩部可動。
画像

胸部に可動軸を多数内蔵し肩甲骨部分が広がる様に可動。
ただし、肩のボール軸の嵌り具合が浅く、ポロポロと外れ易いのが難点。
ポーズを取ろうと腕を動かすとあっさり外れるので、
これは人によってはストレスに感じるかも。





そして、炎のエフェクトパーツと交換して。

燃え上がれ!燃え上がれ!燃え上がれ!ガンプラ!(笑)


フロント
画像

装甲を全て付け替える手間はありますがバーニング・バーストモードを再現可能です。
かなり……というか、ド派手な感じに様変わり。
全身を付け替えるのもいいですし、部分的な炎にするのもいいかもしれないですね。





リア
画像

背部の炎パーツは可動軸が存在し角度を変えて自由に表情付けする事も可能です。




画像 画像

クリアパーツはブラックライトに反応するので一風変わった発光状態を楽しむのも良し。






以下、適当に。





画像






「次元覇王流 聖拳突き!」
画像






「次元覇王流 疾風突き!」
画像






「次元覇王流 聖槍蹴り!」
画像






「次元覇王流 聖槍蹴り!」
画像






「次元覇王流 旋風竜巻蹴り!」
画像






「次元覇王流 波動裂帛拳!」
画像






「これが次元覇王流拳法だ!」
画像






「バーニング・バースト!」
画像






「次元覇王流 旋風竜巻蹴りぃぃぃ!!」
画像






「次元覇王流……」
画像





「流星・・・螺旋拳っっっ!!」
画像






「さあ、行くぜ!受けてみろ!
俺がトライバーニングと手に入れた…この技をっ!!」

画像







ビルドファイターズトライから後半主役機としてキット化されたトライバーニングガンダム。
組み立てるアクションフィギュアといった風のガンプラですね。

可動域の広さ、自由なアクションに対応可能というのが一番の特徴です。
格闘メインの動かし易さを前提としたデザインとはいえ、
単純にならず非常に洗練されたパーツ構成となっており、
パーツ数は多いものの作り易く組み立て難易度は低め。
それでありながら色分け再現度が非常に高い出来の優秀さです。

武装等は無くオーソドックスな本体だけではありますが、
特徴的な炎エフェクトパーツが多数存在するので派手さがあり、
ポージングなどが楽しいキットでした。
ただし、肩の外れ易さエフェクトパーツの取れ易さが気になりそこだけが残念です。

元となるビルドバーニングガンダムを流用し、
一部新規パーツで構成されたトライバーニングガンダム。
ビルドバーニングの出来の良さを引き継ぎつつ、
より見た目の派手さを楽しむ方向で良さを発揮するキットだと感じました。





以上、HGBF「トライバーニングガンダム」素組みレビューでした。

製作過程
→ 製作(1)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック