HG ガンダム G-セルフ(パーフェクトパック装備型) 素組みレビュー

「戦争は無駄死にを呼ぶから……ノレドとラライヤはそこから動くな!」
「僕はG-セルフの義務を果たす!」

■HG 1/144 YG-111、BPMF-01「ガンダム G-セルフ(パーフェクトパック装備型)」
素組みレビュー。
画像







劇中、ビーナス・グロゥブ以降最終決戦まで活躍したパーフェクトパック装備型。
ビーナス・グロゥブの技術者達の力も借りハッパさんが作り上げたG-セルフ専用バックパック。

キットは従来のG-セルフをベースにバックパックや一部パーツが新規造形となります。
エフェクトパーツも付属し各種モードに対応可能と豪華仕様です。
パチ組みでは流石に色分けが寂しいキットなので取り敢えず付属シールも貼っております。




全身画像
フロント
画像

ボディはG-セルフですがパーフェクトパックのボリュームが結構あるので、
全体のシルエットも印象が変わります。
フォトンフレームという設定もクリアパーツで綺麗に再現。
大気圏用パック装備型と比較すると白色と赤色等の成型色が変更されています。
HGカテゴリーとして仕方ないとはいえ
細かい色分けは殆どシール再現なのがやや残念。
ただ、手間ではありますが塗装などで化けるキットですね。





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






付属品
画像






上半身
画像

新規で追加された肩部パーツの色分けや腕部のラインはシールで再現。





頭部正面アップ
画像

アンテナは安全基準上かなり太目となっているので
シャープ化工作等が効果的だと思います。





下半身
画像

腰部サイドスカートが新規となります。





可動範囲
黄色丸印はボール軸、赤角印はロール軸。
画像

可動域に関してはあまり広くない感じです。
手の平パーツの中央には付属シールの余り部分を適当にカットして貼り付けてみました。





肘膝関節可動は約90度程度。
画像

素体がG-セルフ(大気圏用パック装備型)と変更がないので仕方ない所ですが
折角のパーフェクトパックなので改善して欲しかった所ですね。




バックパックのアームはフレキシブルに可動。
この状態での関節保持力は特に問題ない感じですが、
エフェクトパーツを付けるとやや重さに負け気味な印象です。
画像






開脚
画像






武装状態
フロント
画像






リア
画像

パーフェクトパックの下でも付属ジョントパーツを差し込みディスプレイが可能。





フォトン装甲シールド
画像

通称コピペシールドの黄色ラインはシール再現です。
中央の十字以外にモールドとかは無いので塗装時は注意。





バックパックのバインダーは可動ギミックを内蔵。
画像

アサルトモード、リフレクターモードに対応可能。





アサルトモード
画像

左右バインダーとトラフィック・フィンを前方に向ける事によりモードチェンジ。





リフレクターモード用のエフェクトパーツはバインダー裏側に取り付け可能。
画像






リフレクターモード
画像

六枚羽の天使といった印象ですね。
熾天使セラフィム・・・G-セルフ(セラフ)といった感じでしょうか。





クリアーパーツはUV反応素材となっており、
ブラックライト等で発光するフォトン装甲ならではの雰囲気も演出可能です。
画像






以下、適当に。





画像






画像






画像






画像






「艦隊をまるごと破壊する事が
どういうことか分かれ!」

画像






「高トルクパンチはぁ!!」
画像






「アサルトモード・・・使います」
画像






「分かったよ。フォトン・サーチャー!」
「パワーの高い所を黙らせれば人を死なせないで戦いを終わらせられるんだ」
画像

「G-セルフ!フォトン・サーチャー!!」






「こういう道具を使えないようにすればいいだけ!」
画像






「殺し合って恨みだけを生んだって!」
画像






「ベルリぃぃぃー!!」
画像







各種バックパック全ての性能を兼ね備えたG-セルフ最強装備パーフェクトパックがキット化です。
従来のG-セルフキットをベースに一部パーツを新規に追加。
また成型色も変更されより劇中イメージに近くなった印象です。
パーフェクトパック装備のG-セルフは一気に主役機らしい派手さが増しましたね。

装備やギミックも一通り揃っており、
平手が追加されたのは地味ですが嬉しいポイントです。

ただ、色分け再現等殆どシール頼りな部分であったり、
可動域に関してもノーマルと変更がなくあまり優秀な部類ではないままなので
ここは塗装なり改修等でカバーしたい所でしょう。
欲を言えば素体をもう少し新規で改善なりして欲しかった感じです。

とはいえパーフェクトパックを装備した姿の神々しさは十分特徴を捉えていて格好いいと思いました。





以上、
HG「ガンダム G-セルフ(パーフェクトパック装備型)」素組みレビューでした。


製作過程
→ 製作(1)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック