HG グレイズ(一般機/指揮官機) 素組みレビュー

■HG 1/144 EB-06(EB-06S)「グレイズ(一般機/指揮官機)」素組みレビュー。
画像







「ギャラルホルン」が地球圏及び圏外圏に配備している現行主力量産MS(モビルスーツ)。
現在「エイハブ・リアクター」の製造はギャラルホルンの独占技術となっており、
「グレイズ」は最新鋭機でもある。
フレーム構造から汎用性を持たせるよう緻密に設計されており、
武器装甲の換装を行う事で様々な環境に適応可能。
試験機も数多く高出力高機動を実現した「シュヴァルベ・グレイズ」は、
同フレームを用いた姉妹機である。

鉄血のオルフェンズより量産型MSグレイズがシリーズ第2弾として発売。
キットでは一般機と指揮官機を再現可能です。
地味目のカラーリングに低コスト感漂うプロポーション(褒め言葉)。
パチ組みのままですが一部シールを貼ってみました。





全身画像
フロント
画像

大きさは約12.5cm。
バルバトスより気持ちアンテナ分小さ目といった感じです。
落ち着いたグリーンを基調としプレーンな装甲を纏ったグレイズ。
成型色の発色も良く素組みのままでも高い再現性といった印象です。
グレイズフレームは近年使用されているKPS素材となっており、
ポリキャップを使用する箇所も少なく組み易く、目立つ様な合わせ目は股関節と脚部位という出来の良さ。
ライフルは流石にモナカですが・・・。
どこか既視感のあるフォルムは、オレンジ色に塗装してみたくなります笑)






画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






付属品
画像






上半身
画像

ディテールは控えめですがソリッドなデザインを良く再現しており格好良さも感じます。





下半身
画像

装甲が大きいのであまり動かない印象があったのですが、
内部フレームは可動軸も多く見た目以上に柔軟な動きに対応しています。
足首が小さく接地面積が少ないのでやや安定性には欠くのと、
脹脛の内蔵バーニアは流石に省略されてます。





頭部正面アップ
画像

バイザーを下したような顔立ちのグレイズ。
カメラ(?)はシールで再現してます。





劇中でも印象的だった頭部開閉は差し替えで再現。
選択式でアンテナの付いた「指揮官機」に変更も可能。
画像

付属シールは貼ってないですが内部にはモールドが存在しますので塗り分けたい所ですね。
ただ、カツラパカッ状態はピンの接続面が少なくなるので開閉を維持するのはちょっと難しい感じ。





可動範囲
黄色丸印はボール軸、赤角印はロール軸。
画像

肩部装甲や手首装甲も可動します。





肘関節は一軸のみで約120度程ですが、
膝は二軸関節でかなり広い。
画像






更に胸部にも可動軸が設けられており内側への可動も対応。
画像






開脚
画像

バルバトス程ではないが接地性も優秀。
ただ腰部の捻りは装甲が干渉してイマイチです。





ライフル
画像

グレイズの標準的な射撃武装、フォアグリップも可動。
前腕とライフルをピンで固定しているのでグリップ力は申し分なし。





バトルアックス
画像

「ナノラミネートアーマー」に守られたMS同士の戦闘においては、
直接打撃が最も有効とされているらしいです。
ただ、キットのグリップ力はやや不安定な感じ。
バトルアックスは腰部にマウントも可能です。





換装パーツでもあるブースターユニット。
画像

地上用ではブースターユニットを腰部に装備し、宇宙用では背中に装備可能。
ロール軸が存在するので多少の表情付けも可能です。
ただ、腰部にマウントしている場合、
ポージングの際に干渉したりすると若干外れ易いといった印象でした。





ブースターユニットは差し替えでの再現ではなくパーツがまるまる入っているので、
オラ設定となりますがを地上用及び宇宙用の、両方を取り付ける事も可能です。
画像






更に、肩部装甲はバルバトスに装着も可能。
逆にバルバトスの肩部装甲をグレイズに付ける事は不可能でした。
画像






以下、適当に。





画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






ドォォォン!!
画像






メキィィィンッ!
画像








IBOシリーズ第2弾となるHGグレイズ。
シンプルなデザインではありますが色分けも良く、量産型キットでありながら内部フレームが存在し、
MGやRGに近い構造をHGに落とし込んだ様な組立感覚が味わえるのが印象的でした。
それでいて組み立て易いのも好印象。

可動域は腰の捻りがイマイチなものの、
膝立ちやポージングも十分出来、標準以上な柔軟性を発揮していますね。
ポージングの際は腰部ブースターが外れ易いのと、
バトルアックスのグリップ力が気になった位で全体的に良キットだと思いました。

武装は少な目ですが拡張性が考慮されているので意外にプレイバリューが高く、
買い易い価格に落とし込んでいるのも特徴的で量産機にとっては嬉しい点ですね(^^





以上、
HG「グレイズ(一般機/指揮官機)」素組みレビュー。


製作過程
→ 製作(1)







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック