MG ガンダム (GUNDAM THE ORIGIN版) 素組みレビュー

「アムロ、行きまあす!!」
■MG 1/100 RX-78-2「ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版)」素組みレビュー。
画像







RX-78-2ガンダムがジ・オリジン版としてマスターグレード化。

プロポーションやディテールなどオリジンのOVAに合わせて、
カトキハジメ氏が新たに起こしたデザインとなっております。
ディテールなどコミックス序盤に活躍したコアブロックシステムのない初期型モデルに近い感じですね。

劇場で公開されたショートディレクショナルムービー「GUNDAM RISING」と、
今回のこのMGがリンクしています。
さて、一年戦争までアニメ化されるのでしょうか?

取り敢えずパチ組みですが、メインカメラ等一部シールを貼って完成です(^^






全身画像
フロント
画像

大きさは約18cm。
オリジン版として発売したガンダム。
白い装甲の成型色はやや温かみのあるアイボリーに近い色味。
流石のMGという所で全身の色分けも完璧です。
しかも合わせ目もほぼゼロに近いパーツ構成で素晴らしい。
腕部の関節などがVer.2.0からの流用パーツになるものの、他はほぼ新規造形。





サイド
画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






付属品
画像






可動範囲
画像

今回のキットではコアブロックシステムが搭載されておりませんので、
胸部から腹部関節の可動域はかなり広く取られております。





手首はエモーションマニピュレーターSPとなっており全指可動。
やや指が外れ易いので今後改善していって欲しい所ですね。
画像

肘、膝関節は約180度近い可動領域で腹部の捻りも十分。
大腿部装甲、膝当てに屈伸に連動するスライドギミックを内蔵。
膝当ては少々主張が強い印象です。





肩部装甲カバーが上に開きアクションに対応。
肩関節や股関節付け根が引き出し式の多重関節となっており広い可動域を確保。
画像






足は3パーツ構成となっているだけでなく、更に爪先が左右に可動。
ポージングのラインも美しく、高い設置性を生み出しています。
画像






開脚
画像

あらゆるアクションに対応できる広い可動領域を確保しており、
アクション性に関しては完璧な印象です。





武器装備

フロント
画像

特徴的なショルダー・キャノンはランドセルのサーベル基部を交換する事で取り付け可能。





リア
画像






上半身
画像

RX-78-2は様々なバリエーションが存在するので
どれが決定版とはなかなか言えない所。
今回オリジン版ガンダムはディテールや造形等コミックスから特徴を拾いつつ、
プラモデルにし易いフォルムで再現してる感じです。
今までのガンダムに比べると頭部やトサカが小さ目で顔が丸い印象ですね。





下半身
画像

スリッパも小さめとなりソリッドでありながらボディラインは意外に美しい。





頭部正面アップ
ガンダムというとタレ目な印象ですが、オリジン版ガンダムはツリ目となっています。
デュアルアイは別売りのLEDユニット(イエローまたはピンク)に対応。
(画像はイエローで光らせてます)
画像

デュアルアイを光らせない場合の目はクリアー素材だと暗くてイマイチです。
ただ、目を光らせたくない場合はクリアーパーツでなく、
好みで普通のイエローパーツで組み立てて付属のシールを貼る事も可能です。





トサカのメインカメラのシールやビーム・ライフルのレンズ部分などは、
外側にシールを貼るか、それとも内側に貼るかを好みで選択可能。
画像






コア・ポッドは搭載されてませんがコックピットにはジーンズスタイルのアムロ・レイが存在。
コックピットハッチはオリジン特有の下側に展開します。
画像






脹脛のスラスターノズルは展開可能。
画像






ビームライフルは前期型、後期型の2種類が付属。
画像





ハイパー・バズーカ、各種ビーム・ライフルは腰部にマウント可能。
画像






結構大き目で幅広なシールドです。
取り付け位置は上下にスライド可能となり保持力も十分。
窓をシャッターで閉じる事も出来ます。
画像

また、シールドを上下逆さにして装備していますが通常状態で装備する事や、
ランドセルに取り付けて背負う事も可能です。





ビーム・ライフルは2種類ともシールド裏側に収納出来ます。
画像






ショルダー・キャノンの展開。
画像

多少ですが砲身を左右に動かす事やスライド伸長します。





右胸部ガトリングガンの展開。
画像

エフェクトパーツを接続しミサイル射出やマズルフラッシュを強調した演出でポージングの幅も広がりますね。





腕部バルカンも同様にエフェクトパーツを接続。
画像






右胸部の装甲は好みでコミックで馴染み深いイエローパーツに変更したり、
右腕にもバルカンを装着する事も出来ます。
画像






G.F.F.メタルコンポジット版とMG版を並べてみて。
フォルムやディテールは似ている様で結構違いますね。
画像






以下、適当に。





画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






ガンダムがオリジン版としてプロポーションやディテールなど一新してマスターグレード化。
今回は特に可動域にも拘っている印象です。

後期型で搭載されたコア・ポッドがないモデルなので、
その分、LEDユニットの内蔵や腹部の広い可動域などが確保され、
これまで以上に躍動的なアクションポーズが決まるなど可動性に関しては完璧ですね。
武装も一通り揃っているのでプレイバリューも十分。

本体自体はVer.3.0の頃よりパーツ構成も簡素で作り易いと感じました。
一部にVer.2.0のパーツを流用していますが、そこ以外はほぼ新規。
色分けや再現性の高さだけでなく合わせ目もほぼゼロと言ってもいい位なのも素晴らしい出来です。

敢えて重箱の隅をつつくとエモーションマニピュレーターの指がポロリと取れ易いのと、
個人的に膝当ての主張が強いかな、と思えるのが気になる所。

今後、後期型等がどうなるのかも分からず、
RX-78-2は様々なバリエーションが出ており、好みも色々と分かれそうな所なのですが、
ORIGIN版はポージングは決まるしプロポーションも十二分に格好いい出来だと思いました。






以上、
MG「ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版)」素組みレビューでした。



製作過程
→ 製作(1)








■MG 1/100 V2ガンダム Ver.Ka用 拡張エフェクトユニット “光の翼”、PG 1/60 RX-0 ユニコーンガンダム(最終決戦Ver.)、HGBF 1/144 煌式(GILLA-SHIKI)など、ホビーオンラインショップにて受付開始。
プレミアム バンダイ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック