HGUC 195 REVIVE キュベレイ 素組みレビュー

「帰って来て良かった・・・
・・・強い子にあえて・・・」

■HGUC NO.195 1/144 AMX-004「キュベレイ REVIVE」素組みレビュー。
画像







HGUC REVIVE化された、HGUC NO.195「キュベレイ」。
デザインを最新の物にリニューアルし、
色分けやプロポーション、可動域を大幅に向上させて発売となりました。
それでいてHGらしい作り易さも兼ね備えています。

「ハマーン・カーン」の愛機「キュベレイ」。
取り敢えずパチ組みですが、付属のシールも貼って完成です。




全身画像
フロント
画像

大きさは高さ約14.5cm、横幅は約23cm。
旧HGUCよりも若干サイズアップされている感じですね。
カラーは基調となるホワイト、ピンク、パープルを成型色で再現。
発色も良いですし素組みのままでもかなり細かい箇所まで色分けが出来ております。
元々異形なデザインのMSとなりますが、より強調する方向でリニューアルされ、
且つ流麗なボディラインの再現度も良い出来です。





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






付属品
画像






上半身
画像

ショルダーバインダーのスラスター部は付属シールを貼って再現。
素組みのままでも十分な色分けですね。
バインダーは基部でフレキシブルに動き、シルエットも大きく迫力満点です。
旧HGUCよりも、前腕やマニピュレータは大き目にリニューアルされています。





下半身
画像

曲面で構成された脚部はメリハリのある造形。
今回合わせ目が目立たないパーツ構成となっているのが嬉しい所です。





頭部正面アップ
画像

ツインアイはシールで再現。
シールの下にはモールドも存在しており、
シールの色はピンクとグリーンを選択可能です。





可動範囲
黄色丸印はボール軸、赤角印はロール軸。
分かり易いようバインダーは外してます。
画像

REVIVE化によって可動域が大幅に向上。
頸部は横を向くことが出来たり、
肩関節は引き出し式の関節で怒り肩にする事も可能。
また、前腕にはスライドによる伸縮ギミックを備える事で肘関節の可動域が広くなっています。
さらにHGながらマニピュレーターも可動を所持。





肘、膝関節共に2軸関節を有し、約90度以上の可動域を確保。
画像






開脚
画像






バインダー
画像

基部は二重関節となっておりフレキシブルに可動。
バインダーの裏側も細かくメカニカルなディテールが施されています。





今回、可動域が広がった事によりバインダーを折り畳む事も可能です。
画像






踵は色分けの再現度が上がり、
足裏、裾内部、膝当て内部等も精密なディテールが存在。
画像






開閉式のコックピット・ハッチ。
画像






ファンネル・コンテナは上限に可動し、背中にはエルメス2のモールドを再現。
画像






10基のファンネルも精密なディテールとなっており着脱が可能。
画像






マニピュレーターの関節はボール軸となっており、
連結している指を切断すれば5指それぞれの独立可動も可能です。
左手のみ切ってみました。
画像

また、ピンク色の袖も可動し収納する事が出来、
手首の様々な表情付けに対応しています。





前腕に収納されているビーム・サーベルは取り外して装備可能です。
マニピュレーターにピン受けがあるので平手のままでもサーベルを握る事が出来ます。
画像






旧キュベレイとREVIVEを並べてみて。
画像

REVIVEキュベレイは頭部が小さ目で前腕や裾は大きく、
四肢の位置調整も施されて、全体的にボリュームアップした印象ですね。






以下、適当に。





画像






画像






画像






画像






画像






「ここがお前の墓場になるっ!」

画像






画像






「人類全てがニュータイプになれるものか!」
画像






「その前に人類は地球を食い尽くすよ!」
画像








「肉体があるから・・・やれるのさ!」

画像







HGUC、新生―REVIVE―化されたキュベレイ。
新規造形によりプロポーションやパーツ構成も再設計され、
特に今回、可動域の大幅な向上が印象的です。

細部までの色分け再現度も非常に高く、
頭部と腕部以外は合わせ目も目立ち難いパーツ構成となっています。
旧HGUCでは物足りなかった可動域は多重関節を採用しており、
更にマニピュレーターの可動も加わり、よりアクロバティックなポージングが可能。

以前の物がカトキ版キュベレイだったのに対しメリハリを加えたREVIVEキュベレイ。
プロポーションの好みの差はあるでしょうが、
プレイバリューは大きく広がっており、精密さ、
完成度の高さ共に格段にグレードアップしていると思いました。





以上、
HGUC「キュベレイ REVIVE」素組みレビューでした。



製作過程
→ 製作(1)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2015年12月19日 02:41
レビュオツ!
個人的に懸念していた肩の高さは、杞憂だった模様で胸撫で下ろしですたい。
しかし、旧HGUCも「そこそこよくできてる」と思ってたですけど、時代の進歩というヤツは……(遠い目
2015年12月20日 00:53
>モリタケンジさん
コメントありがとうございます。
肩部の位置はポーズや撮影角度によっても見え方が違うのかもですね。
初心者でも作り易いようになっていて、
触ってみると思ってたより良かったですよリバイヴキュベレイさん。
今週はキュベレイ尽くしで作ったばかりなだけに進歩を実感w

この記事へのトラックバック