PG ユニコーンガンダム用 FA拡張ユニット 素組みレビュー

「バナージ・リンクス。
ユニコーンガンダム、行きますっ!!!」

■PG 1/60 RX-0「ユニコーンガンダム用 FA(フルアーマー)拡張ユニット」素組みレビュー。
画像







PGフルアーマーユニコーンガンダムを再現可能となるFA拡張ユニット。
バンダイホビーオンラインショップにて販売されたキットとなります。
※(PGユニコーンガンダムは別売りです)

<バナージ・リンクス>の友人<タクヤ・イレイ>の構想発案により、
ラプラスの箱を巡る争乱の最終局面にて残存する装備類を可能な限り搭載し、
姿を変えた<フルアーマー・ユニコーンガンダム>。

パーフェクトグレード屈指のボリュームで正に圧巻となるこのキット。
アンダーゲートが多用されているので素組みのままでも十分な見た目。
が、同じガトリングガンを何個も作るのは何気に大変でした。
主にモチベーションが・・・w
パチ組みとはなりますが、ようやく完成です(^^





付属品
画像

ビーム・ガトリングガン×4、グレネード・ランチャー×2、
ハンド・グレネード・ユニット(脚部用×2、ハイパー・バズーカ用×2)、三連装ミサイル・ランチャー×2、
シールド×2、武器持ち手(左右)、ハイパー・バズーカ×1、バズーカ差し替えパーツ、
大型スラスター装備用フレーム、大型スラスター(プロペラント・タンク)×2、ステーパーツ(左右)





■ユニコーンモード
全身画像
フロント
画像

全高約48cm、奥行き約54cm(台座含む)。
PGユニコーンガンダムに付属していた武装と合わせる事で、
フルアーマーユニコーンガンダムを再現。
各パーツの保持力は特に問題ない所ですが、
流石に専用台座がないとまともにディスプレイ出来ない感じですね。
また、装備品が重いので腕部辺りは徐々に下がって来てしまうなど、
想定内ではありましたがアクロバティックなポージングは難あり(^^;





画像 画像






リア
画像

背面に装備したプロペラント・タンク兼大型スラスターは結構な場所占有率です。





俯瞰
画像






大型スラスター装備用フレームはバックパックに装着。
スラスター、バズーカ、ガトリングガン、シールドを取り付け可能。
画像

ガッチリと固定されるので保持力は十分。
ただし、装着した状態ではビームサーベルを折り畳めないので、
変形する際は一度外す事となります。





ハイパー・バズーカは新規でフォアグリップ部との差し替えパーツが造形される等、
三連装ミサイル・ランチャー、ハンド・グレネード・ユニット、
先端にはグレネード・ランチャーを装着可能。
グレネート・ランチャーはマガジンを取り外し可。
画像

余剰パーツで通常のハイパー・バズーカにする事も出来ます。





■デストロイモード
全身画像
フロント
画像

全高約54cm、奥行き約54cm(台座含む)。
NT-D変身後、バズーカの砲身も伸ばしているので高さも大幅アップ。
砲身を縮めた状態は約49cm。
正直、変形や持ち運びは大変ですが、
背面の大型スラスターもステーパーツが付属するので安定性は十分な印象です。





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






バックパックに追加武装を搭載した全部乗せ状態。
画像






装備の固定はかなりタイトなので塗装した場合、
干渉箇所の塗装は剥がれそうだな、と感じました。
画像






大型スラスターは専用ステーパーツでカチっと固定。
ステーは高さを調整可能です。
画像






安定性に欠けた全指可動のマニュピュレーターに代わって、
本キットではビーム・マグナム様に「武器持ち手(左右)」が付属。
保持力や取り回しが向上しています
画像






ビーム・ガトリングガン&シールドは既存キットと同様。
ただ、ガトリング・ガンの成型色の発色が微妙に違いました(初版だけ?)。
画像

ビームマグナムと同時に装備するとかなりの重さとなるので、
腕部関節は特に横への動きは重さで下がって来てしまいがちです。
腕がすっぽ抜けるまでではない感じですが、出来る事なら保持力強化など改修したい所ですね。





脚部ハンド・グレネード・ユニット
画像

カバーは開閉ギミックがあり、ユニコーンとの脱着も楽です。





比較画像として、HGUCユニコーンガンダムを置いてみました。
う~ん、デカい(^^;
画像






■LEDを点灯
(カメラや撮影環境により微妙に肉眼との違いが起こるので画像は参考程度でお願いします)
画像

シールド自体の発光はありませんが華が咲いた感じでいいですね(^^





画像






フルアーマーユニットを装備している為、
デストロイ・アンチェインド(第三の形態)は再現出来ませんがかなりの迫力。
部分的に装甲を開閉する事は出来るので気分でアンチェインド風にするのはありかも。
画像







以下、適当に。





「バナァァァジィィィ!!」
画像

「・・・リディ少尉・・・」





画像






画像

流石にプロペラントタンクを付けたままだと、
ポージングの取り回しが面倒だったので外してます。





画像






画像






画像






画像

「ニュータイプが、新たな人の形であるなら、
それを見分ける力は今の人間にはないと思います。
だから、おれや彼女が、
あなたが求める資質を持っているかどうかなんてわからないし、
何が最善なのかもわかりません――」






「でも――。
それでも・・・。

その先にあるものをひとりの人間として。
人を・・・人の持つ可能性を――
俺は信じたい!」

画像







パーフェクトグレードだけに迫力満点の拡張ユニット。
正に圧巻という言葉がぴったりの印象です。

武器セットなので組み立て自体は簡単なもの。
ですが、武装を取り付けると重量もかなりあり、
腕部が重さで徐々に下がって来る等ポージングの制限が掛かります。
別売りのPGユニコーンやLEDユニットを揃えたり、
その大きさから飾る場所に困りそうな所等々、ハードルの高さが注意点でしょう。

Ver.Ka準拠の水転写式デカールが付属していたり、武器保持用持ち手が付くのは嬉しい点です。
究極のキットにしてフル武装を完成させるまでは相当な工程が必要ですが、
フルアーマー・ユニコーンガンダムの迫力は感動的でした(^^
劇中では覚醒状態で装備する事は無かったものの、
パッケージを飾る事が多く印象が強いグリームフレームで装備させるのもいいかもしれないですね。





以上、
PG「ユニコーンガンダム用 FA拡張ユニット」素組みレビューでした。


製作過程
→ 製作(1)





■ホビーオンラインショップ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック