HGUC REVIVE グフ 素組みレビュー

「ザクとは違うのだよ。ザクとは!」
■HGUC NO.196 1/144 MS-07B「グフ REVIVE」素組みレビュー。
画像







ジオン公国軍が開発した陸戦用MS「グフ」がHGUC REVIVEとして発売。
キットのプロポーションはHGBF「グフR35」が元となっておりますが、
最新のフォーマットを活かし少ない追加でジオンの新型MSを再現し、
様々なポージングが可能となっているのは今回の特徴です。

第一印象はなんか違うといった感じがしたのですが、
実際に組み立てると出来の良さに満足(^^





全身画像
フロント
画像

成型色は明るみのある青色となり色分けも完全再現。
プロポーションは今風のスラッとした姿ですが、
ディテールは少な目でアニメ調な所、
またタレ目に伸びたノーズダクトの頭部はアニメ版グフにかなり近い印象です。





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






付属品
画像

今回、標準武装以外にヒート・サーベルが左右2本付属。





更に余剰パーツとして、
グフR35に付属していた頭部、左手首もあるので好みで付け替えるのもありかもしれないですね。
画像






上半身
画像

ボディは殆どR35と共通パーツとなるが、
頭部、前腕フレーム、フィンガーバルカン、ランドセル下部が新規となる。





下半身
画像

下半身はフロントスカート、脛部が新規造形。
REVIVEグフの足首はR35と同様なのですが、
今までのグフと違って小さ目な感じですね。
個人的にはライン修正として膝関節を逆関節気味にちょっと削ってみたい所。





頭部正面アップ
画像

モノアイはシールで再現。
マスクは煽り気味になるとかなり威圧感が増す表情となりイイですね。





モノアイは顎下のスイッチで左右へ可動。
画像






可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
画像

多重関節を内蔵しているのでスムーズで広い可動域を実現。
更にフィンガーバルカンにも関節が組み込まれており、
ようやくヒート・サーベルを握る様な動作が可能となっているのが嬉しい所です(^^





肘、膝関節は多軸関節となり約90度程度可動。
フロントスカート、足首、爪先にも可動箇所が存在。
画像






開脚
画像

足首の接地性は前後への動きは十分だが横へはそれほではない感じです。
腰部は2ヶ所に可動軸が内蔵されていますが、
流石にデザイン的に干渉しがちなので捻りの動作は若干という所。





フィンガーバルカン
画像

ディテールも細かく5連装75mm機関砲を再現。
キットの指は安全基準上繋がっていますがそれぞれを切り離せば独立可動も可能そうです。
そして、左手首の武器持ち手用も付属。





シールド
画像

REVIVE化となりR35から新規造形となったシールド。
グリップを握る事も可能となり、裏側にはヒート・サーベルの柄を収納可能です。





ヒート・ロッド
画像

グリップ力も十分となり自由に曲げる事が可能な素材となっています。





以下、適当に。





画像






画像






画像






適当に余っていたザクマシンガンを持たせてみて。
ライフル用手首ではないので、キチンと握れていないのだけれど(^^;
画像






ヒート・サーベルは2本付属するので左右で装備可能。
画像







「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」

画像






ズキューンッ!
画像

ひょいっ





画像






画像






画像






画像






「見事だな!しかし坊主、
自分の力で勝ったのではないぞ。
そのモビルスーツの性能のお陰だということを
忘れるな!!」

画像

「負け惜しみを・・・!」





RIEVIE第7弾として甦ったHGUCグフ。
旧HGUCはグフカスタムから逆算したデザインだったのに対し、
今回のREIVEグフはよりファースト寄りになった印象です。

最新フォーマットを基準にしており組み立て易く成型色の再現度も高いので、
素組みでも十分な出来映えといえる今回のグフ。
組み立て時間も約1時間~2時間位で完成するので、
初心者でもとっつき易いキットだと思いました。

プロポーションは現代風の姿となり特に足首が小さいなと感じたものの、
その分可動域は旧キットよりも向上しているのが特徴です。
近年のキットらしくグフとしては上々なポージングの決まり具合ですね。
三者三様リニューアルを楽しめるガンプラの良さを実感しました。

グフR35からの共通パーツも多く新鮮味はありませんが、
フィンガーバルカンが可動式であったりヒート・サーベルが2本ついていたり、
中でも頭部の形状はランバ・ラルグフのイメージぴったりなのが嬉しいポイントでした。





以上、
HGUC「グフ(REVIVE)」素組みレビューでした。


製作過程
→ 製作(1)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

2016年04月21日 03:09
ご無沙汰してましたー。

グフ、さっそくレビューオツです。
実は息抜きに買ってはきたもののまだ組んでなかったりする人です。
パッケの写真映りが悪いのか何なのか妙な印象でどうしたものかと思っていたのですが、なんだか割と良さそうな感じ!

週末あたりに作るか!(パチ組みで)
2016年04月21日 23:09
>モリタケンジさん
お久ですー!
第一印象は自分もなんか違和感がありましたね。
今回のはグフR35を元にしているので有難味が薄いのと、
マニア目線で細かい所を挙げると色々ありますが結構気に入ってます。
モリタ師も週末はグフりましょう(笑)

この記事へのトラックバック