機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起 感想

「キミは自分の手で、歴史の歯車を回してみたくないのか?」
■機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起 感想
画像





OVA全4話構成となるTHE ORIGIN―シャア・セイラ編―。

ガンダムにおいてピカレスクロマンの側面を持つシャア・アズナブルの過去を描く今作。
第3話「暁の蜂起」が映像配信と2週間限定でのイベント上映が開始されました。






時は宇宙世紀0074~0077。
ストーリーは士官学校でのシャアとガルマの出会いが描かれ、
益々浮世離れしたキャラクター像「シャア・アズナブル」誕生となる今回です。




正直、シャア・セイラ編となる過去編は物語自体がガンダムではあるけれど、
「ガンダム出てこないじゃんっ!!」といった地味な話。
ジオンサイドを丹念に描く事にて一年戦争で昇華される布石となっている所が面白い、
んだけど、折角の映像化で期待値も高いだけにもう少し気持ちのいい映像を見たいとも思う所。



今回第3話は、作劇は第1話や2話同様に丁寧な作りとなっており、
時代背景とキャラクターのドラマ部分に注力しているのが見て取れます。
前回ではちょっと無理が無い?といった池田さんの演技も、
成長したシャアという事ですんなりと物語に入っていけました。
ほぼコミックス同様の展開となり、モビルスーツアクションの場面はお休み回ですが、
物語後半の盛り上がる戦場場面は迫力があり良かったです。
時にオーバーでコミカルな描写が入る演出は今回も変わらず、
笑いどころではありますがそこは人を選ぶ感じでしょうか。
また、コミックスにはなかったアニメオリジナルキャラクターが登場した事で、
既読だった人もドキっと楽しめる展開となり、
今回特に1話、2話にはなかった話に深みとスパイスが加わった印象を受けました。
また、劇場での鑑賞は本編終了後に次回予告映像が流れ、先の展開が気になりますね。





次回、―シャア・セイラ編―のクライマックス
機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV「 運命の前夜」は2016年秋。



そして、ここで終わるに終われないよね~続きはどうすんの?という事で。
―ルウム編―は2017年予定で製作決定。
まぁ、やっぱりね(^^;

安彦良和さん曰く、第5話は2017年後半位になりそうだけど、
6話はあまり待たせず続けて出したい。その先も・・・、という思いもあるので会社を動かす為、
ブルーレイを買って下さいという事でした。営業トークも大変ですね~(笑)




ジークジオン!\(゚д゚)







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック