HGBF トライバーニングガンダム 完成

「やれるのか?トライバーニング。
まだ俺と・・・俺と一緒に戦ってくれるのか!?」
「なら・・・俺も戦う!!」

■HGBF 1/144 TBG-011B「トライバーニングガンダム」部分塗装で完成です。
画像







今回は部分塗装での簡単フィニッシュで完成させました。
ガンダムビルドファイターズトライより、後期主役機トライバーニングガンダム。
格闘をメインとしたビルドバーニングを派手にしたキットですが、
兎に角動く、アクションガンプラ(?)としては最高のキット。
ちょっと肩が外れ易いのが惜しい所ですが(^^;




全身画像
フロント
画像

基本、素組みに部分塗装という感じなので、
やや質感に甘い部分もありますが、手軽に楽しむには良いキット。
成型色のままでも色分け再現度が高いです。
一応、影となる部分を塗るのと、市販のコーションデカールを貼り付ける事で情報量の増加を図りました。
パーティングラインやゲート跡など、気になった所だけは表面処理を行いました。





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






付属品
画像

拳の種類とエフェクトパーツがやたら多いのがトライバーニングの特徴でもあります。
エフェクト等で外れ易いパーツは若干軸を太らせる感じで対処しました。





上半身
画像

スミイレ等に注力した位でほぼ素組み状態です。
ただし目元は丁寧に塗装しています。
それとデカールを適当に貼って情報量アップ。





下半身
画像






頭部正面アップ
画像

アンテナのシャープ化はガンプラの定番工作。





額のメインカメラは付属のシールを貼りました。
画像

今回はあくまで簡単フィニッシュという感じなのでご容赦ご容赦。
繋ぎ目消しや全体の表面処理はせずクリアーパーツもそのままです。
仕上げはつや消しでコートし質感はメリハリを出してます。





クリアパーツはUV発光反応素材なのでブラックライト等で雰囲気のある輝きを演出可能。
外れ易いエフェクトパーツ等は瞬着で軸を太らせる感じで少々調整しています。
画像






以下、適当に。





画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






「次元覇王流・・・流星螺旋拳!」
画像






「やれるのか?トライバーニング。
まだ俺と・・・俺と一緒に戦ってくれるのか!?」
画像

「なら・・・俺も戦う!!」






「俺とトライバーニングの思いを。
すべてをっ!」
画像

「この拳に・・・宿す!!」






「神樹ガンプラ流奥義!
鳳凰覇王拳!!」

画像







工作箇所
アンテナのシャープ化。
二の腕、腹部、大腿部など気になった所だけ表面処理。



塗装レシピ
グレー:ニュートラルグレー+ウィノーブラック(微量)
トップコート:スーパークリアーつや消し+スーパークリアー3光沢(少量)


トライバーニングガンダム製作過程
→ 製作(1) 製作(2) 製作(3) 製作(4)



以上、
HGBF「トライバーニングガンダム」でした。


ガッツリ製作が続いて積みが増えていた事もあったので、
久々に簡単フィニッシュで仕上げました。
ちょっと塗っただけでこの完成度。
肩やエフェクトパーツが少々外れ易い感じですが、
ド派手でダイナミックなアクションを楽しむには良いキットでした。

それにしてもBFは結局フミナにすべてを持っていかれた印象も・・・(^^;

燃え上がれ!ガンプラ!






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック