HG ガンダムバルバトスルプス 素組みレビュー

いのちの糧は、戦場にある。――
■HG IBO 1/144 ASW-G-08「ガンダムバルバトスルプス」素組みレビュー。
画像







「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」より、
HGキット化となった「ガンダム・バルバトスルプス」。

<テイワズ>の本拠地<歳星>でオーバーホールをを受け、
反応速度及び機動性の向上を図るとともに<阿頼耶識システム>を通して、
よりパイロットの感覚にモビルスーツの挙動を近づける調整が施されたバルバトスルプスは、
三日月・オーガスの戦闘スタイルに合わせて武装一式も再構成されている。


まだ、第2期は放映前なのでどのように活躍するのか気になる所ですが、
取り敢えず、素組みで付属のシールを貼って完成させました(^^





全身画像
フロント
画像

ガンダムフレーム4をベースにしておりますが、外装は完全新規造形となる今回のキット。
ビビットなカラーリングからヒロイックなイメージを受けますが、
ルプスのボディラインは獣を思わせる所が特徴的ですね。
キットのプロポーションバランスは鷲尾 直広氏のラインを良く再現している印象です。
色分けは一部シール対応となりますがパーツ分割で細部まで再現。
頭部や肩部のパーツ構成等、良く出来ている感じです。





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






付属品
画像

武装はシンプルにソードメイス一本ですが、
今回は角度の付いた手首が付属。





上半身
画像

全身に精密なディテールが施されておりHGとは思えない情報量となっていますね。
やや人型を外れた前腕が長いシルエットとなっており、
ルプス(狼)という名を表してもいる感じでしょうか。
ただ、前腕部に合わせ目が目立ってしまうのが気になる所。





下半身
画像

脚部も獣を思わせるラインが特徴的です。
なお、爪先には肉抜き穴が存在。





頭部正面アップ
画像

パーツ構成が細かく色分け精度は前バルバトスよりも向上。





ツノや顎のライン等はやや丸みのある造形となっているので、
シャープ化を行うと格好良くなりそうですね。
画像






可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
画像

ガンダムフレーム4を採用しているので可動域は従来通り。
肩の赤い装甲部分はスライドギミックを内蔵しており、
腕部の可動の干渉を緩和させる事が可能です。





肘、膝関節は約90度以上。
画像






開脚
画像

腰部サイドアーマーのフレームが干渉してしまい、あまり足を開く事は出来ない感じです。
以前のバルバトスよりも股関節の可動域は低下しているのが少々残念。





肩部装甲
画像

RGシナンジュのエングレービングでも驚きましたが、
今回のキットでも同様にパーツ分割による色分け精度が向上しており凄いです。





ソードメイス
画像

ソードなの?メイスなの?
結局ド突き合いの勝負になりそうな鉄血。
三日月ならどっちでもいいよとか言いそう(^^





今回、角度の付いた手首が付属し、
自然なポージングが可能となったのは嬉しい所です。
画像

保持力は以前よりも向上しておりメイスを持った状態でも安定します。
第1~第6形態と互換性もありルプスと形状の異なる手甲を付け替える事も可能。





ソードメイスはバックパックにマウント可能。
画像






バックパックは関節を加えたジョイントアームで展開可能。
着脱時の保持力も以前よりも向上しておりポロリと外れる事がなくなりました。
画像






バルバトス第4形態、第6形態、ルプスと並べて比較画像。
画像

同じガンダムフレームを採用しておりながらシルエットは力強さが増した印象です。
全体的に大型化され頭身も高くなっています。
外装が完全新規なので並べると細部の違いも分かり易いですね。





以下、適当に。





画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像







鉄血のオルフェンズ第2期に合わせ、
最速キット化となったHG IBO「ガンダムバルバトスルプス」。
プロポーションバランスや精密なディテール及びパーツ分割による色分け精度など、
前キットよりも向上している印象です。

組み立てもランナー3枚と少なく手軽さがありました。
ガンダムフレーム4を採用し従来通りの可動域を確保しつつ、
手首部分やバックパックの保持力が向上しているのも良かったです。
ただ、股関節が干渉しがちで以前よりも足を開く事が出来なくなったのが少々残念なのと、
前腕の合わせ目は気になる所です。

武器はソードメイスのみと少ないものの角度の付いた手首が付属しており、
手に取り易い価格に抑えてあるのが総合的にリーズナブルだと感じました。
別売りとなるMSオプションセットを合わせると、
よりプレイバリューも広がりそうですね。





以上、HG IBO「ガンダムバルバトスルプス」素組みレビューでした。

MSオプションセット5のレビューはまた次回。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック