HG シャア専用ザクII(GUNDAM THE ORIGIN) 素組みレビュー

「いけるか。後2隻!」
■HG 1/144 MS-06S「シャア専用ザクII」(GUNDAM THE ORIGIN)素組みレビュー。
画像







機動戦士ガンダムTHE ORIGINより、
HGシリーズ第一弾を飾った「シャア専用ザクII」。
新解釈された機構が導入されるなど力作キットとして登場です。

組み立てはパチ組みで概ね約2時間位。
構成は組み立て易いのですがHGとしては結構ボリュームのある内容な為、
完成後は満足感というか達成感がありました(^^;

オリジンザクは説明書の組立順序が、
近年の傾向と違い左右逆転している所にちょっと戸惑いました。
例えば右側(右腕)から作って左側・・・というような組み立て順序に慣れていると、
オリジンだと逆なので組み間違えを起こさない様に気を使う事になりますね。
そういえばGレコキットでもそうでしたが何故でしょ?





全身画像
フロント
画像

今回、今まで見慣れたシャアザクカラーとは違い、微妙に濃いめの赤色というのが第一印象。
OVAがCGアニメとなった事もありますが全身に細かいディテールが施されており、
アニメ設定通りのキットが手に入る事が今回の魅力の一つ。
カトキハジメさんによりリファインされたザクですが、
シルエットは安彦さんのラインも残している気がします。
骨太のシルエットもいいですね。





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






付属品
画像

武装も豊富。
MS用対艦ライフルASR-78が本キットの特徴の一つ。
反面120mmザクマシンガンが付属しないのはやや残念。





一応、余剰パーツとして胸部バルカン砲やツノ無しパーツがあるので好みで作り分けるのもアリかも。
画像






武器装備
フロント
画像

MS用対艦ライフルはかなりの長物となりますが保持力は十分。
バズーカA2型はジョイントパーツを用いてランドセルにマウント可能。
また、バズーカのマガジンは取り外しも出来、予備マガジンはシールドにマウント可能です。





リア
画像






上半身
画像

全身にOVA準拠の緻密なディテールが存在。





下半身
画像

パーツ構成的には肩部、腕部、脚部など合わせ目は存在。
HGカテゴリーのキットの割に極力控えめで洗練された領域となっている感じですが、
脹脛部のモナカ構造はもうちょっと上手く構成して欲しかった気もしますね。





頭部正面アップ
画像

モノアイはシールでの再現とはなるものの左右の可動ギミックを実現。





可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
画像

可動軸が至る所に存在し頸部から腰部に至る所はこれまでの技術の蓄積や解釈が見られますね。
ランドセルから伸びる動力パイプは腹部に繋がっているものの、
これまで以上に腰の捻りや前屈みといった動きにも対応。
ただ、可動域が広がったのはいいのですが、
腰部の保持力が緩々で安定性に欠ける感じなのはイマイチ(^^;





肘関節は約180度と非常に広い可動域を実現。
また、膝関節は約90度程となるものの、
爪先から踵部分の可動が連動するなど試みが面白いですね。
画像






開脚
画像






胸部装甲は重なる様な二重関節構造となっており、
銃を手前に構える際のポージングが楽になっています。
画像






腰部は定番工作が必要だったフロントスカートは最初から独立可動。
サイドスカートはジョイントのボール軸に余裕があり、
スカート密着状態から引き出す事により大腿部の干渉を緩和出来ます。
画像

また股関節は前後のスライドギミックを内蔵。
反面、よくある股間のアクションベース用のダボ穴は存在せず、
アクションベース固定用のジョイントパーツと本体の接続が外れ易いのが微妙。





HGカテゴリーながら可動域が優秀な事に関心。
立ち膝もスムーズに出来、
パーツがポロポロ取れる事もなくポージングが安定。
画像






ちょっと塗装をしちゃってますが、RGシャアザクと並べてみて。
オリジンザクは下半身のビルドアップが凄いね。
画像






以下、適当に。





画像






画像






「通常の3倍のスピード、まるで「赤い彗星」だ・・・!」
画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






「システムウェポン」からザクマシンガンを拝借。
画像

ポージングをしていて唯一不満に感じたのがアクションベース用ジョイントパーツ。
兎にも角にも直ぐ外れるので本体が脱落し易く、こういったポージング撮影には不向きでした。
腰部後ろにも穴があるので最後は別のステージを挿して飾りました(^^;





「残弾一か」
画像







ジ・オリジンのキット第一段という事で新たな試みが随所に存在する今回のキット。
煮詰めきれてない部分もありますが、
CGを前提としたモデルだからこそのスケール感ある意欲作といった印象です。

成型色はやや濃い赤色を基調とし色分けも素組みでほぼ再現。
パーツ構成的には合わせ目がそこそこ存在こそしますが、
プロポーションの良さ、シルエットや細かいディテールの再現度も高く、
様々なポージングを可能とした可動域の優秀さが顕著です。

組み立ては難易度が高いという事ではないのですが、
パーツ構成が細かくHGキットとしては意外にボリュームがあり密度が高くなります。
120mmザクマシンガンは付属しないもののプレイバリューも十分ですね。

気になったのは腰部の保持力だけは緩く安定性に欠ける部分があるのと、
アクションベース用のジョイントパーツはディスプレイ状態から外れ易いのがイマイチな点。
とはいえ、総合的には十分満足感のある力作キットだと思いました。





以上、
HG「シャア専用ザクII(機動戦士ガンダム ジ・オリジン)」素組みレビューでした。


シャア専用ザクII製作過程
→ 製作(1)








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック