機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜 感想

「いい子で待っていなさい。
仕事が終わったらすぐ帰る」

■機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜 感想
画像







OVA全4話構成となる機動戦士ガンダム THE ORIGIN-シャア・セイラ編-も今回で完結。
第4話「運命の前夜」が映像配信と2週間限定のイベント上映が開始されました。
今回は初日舞台挨拶の回で視聴させていただきました。




登壇者(敬称略)
シャア・アズナブル…池田秀一、ララァ・スン…早見沙織、ランバ・ラル…喜山茂雄、
キシリア・ザビ…渡辺明乃、主題歌…森口博子、総監督…安彦良和






時代はU.C.0077~0078
地球の南米ジャブローから月に舞台を移して物語が進行。

シャア・アズナブルを中心に今回からアムロ・レイやホワイトベースのレギュラーメンバーも出揃い始めた感じです。






物語自体は、一応原作に則したもなのでどうしても先が読めてしまう事もあり、
やや起伏に乏しい印象を受ける今回。
シャア・セイラ編完結なのに「セイラ出てこないじゃん!」
「ララァ役は潘さんじゃないんかい!?」というツッコミは入れつつ・・・


シャアとララァ出会いのエピソード、
月を舞台にした宇宙世紀史上初の人型機動兵器同士の実践は見所でした。
勿論、はやみんの演技良かったです(^^


ララァとの出会いをきっかけにシャアがニュータイプの片鱗を見せ始めたり、
いよいよ姿を見せ始めたRX-78ガンダム開発の裏側もクローズアップ。
MS戦も画面狭しと盛り込まれたディテールの細かさはCGを活かしている感じでしたね。






んで、分かり易い言葉を選んで言うなら、





「ザク強ぇーーー!!」

完全にガンキャノンが噛ませだったよ(笑)





いや、迫力があり良かったです。





舞台挨拶では人数も多くあまり時間を掛けられない為か語る事は多くなかったですが
安彦さんは本編の方もやる気満々な印象でした。

ガンダムシリーズを歌い続けてきた、生の森口博子さんは
TV画面で見るよりもお綺麗でした(^^





次回、
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN V「激突 ルウム会戦」は、2017年秋・・・
そして、THE ORIGIN VI「誕生 赤い彗星」は、2018年予定。



続きはやっぱり・・・1年後ですか~本編とか何時になるんだ?(^^;
大分先になりそうですが、まぁまったりと楽しみましょうか。

それにしても、限定版のBlu-rayの装丁は豪華ではあるんだけでもっとコンパクトにしてくれないかしら。
(つい購入してしまう己の性を呪いつつ)



ジークジオン!\(゚д゚)







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック